推薦の声:齋藤靖之氏(イベントプロデューサー)

齋藤氏ツーショット

齋藤靖之氏のご紹介(山下とは10年来の仲間)

イベントプロデューサー。のべ1万人以上を集めてきた集客ノウハウを体系的に学べる『イベント集客大百科』を提供する齋藤氏。集客を仕組み化できるので誰でも上手くいく要素がある。

齋藤氏プロフィール

推薦インタビュー

【見える化集客の推薦インタビュー】

↑中心のボタンを押すと再生(28分05秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

なぜ、推薦をしてくれたのか?

齋藤氏インタビュー 山下さんだから、、、という理由です。それ以上でも、それ以下でも無いんですが「売れる品質管理で、やっていることが間違いない」ということがあります。世の中に役に立っているし、これからも役に立っていくと思います。いろんな人に知ってもらいたいですし、間違いないと思ったからです。

 そして、なんだかんだで10年くらいの付き合いになりますし、そういった意味でも人となりも分かっていますし、今までずっとお互いやってきたことも見てきているので、そういったところも含めて間違いないと思ったからです。

山下の推薦できるポイントは?

 山下さんほど、コツコツ積み上げられる人はそういません。粘り強いです。ポイントは、たくさんあるんですが、パッと一番に思いつくのが、”粘り強い・諦めない”というのがあると思います。こういうブログ集客やコンテンツマネジメントって、やってすぐ何か結果が出るか?というと、そうじゃない世界だと思います。

 今まで10年くらい付き合ってきた中で、山下さんの性格とかを見てて、ブログ集客やコンテンツマネジメントで結果を出すまでの「計画して、実行して、検証して、改善する」というPDCAサイクルを積み重ねていくということに対して、粘り強さがすごく活きていると思います。

 あと、さりげなく熱い。普段会っているときは、いつもニコニコしていて爽やかな感じなんですが、クライアントに対して仕事を通して、人生というと大袈裟ですけど、その人の人生に関わっていくときに、1回コミットした相手に対して「結果を出すまで諦めない」ですよね。ときにはクライアントさんが弱気になったり、心が折れそうになったとき、叱ったりできる人ということも知っています。それは、継続的に人との関わり合いを結んで行けるからだと思っています。

「見える化集客」の推薦できるポイントは?

トヨタで叩き込まれた”データ分析とエンドレスな改善”は、
ちょっとやそっと学んだノウハウでは太刀打ちできない

イベント魔法陣 私は、イベントプロデュースの仕事をしています。イベントをヒットさせるためのポイントは3つ「希少性・タイムリー・突き抜けた面白さ」という企画の面白さで、ワッと人を一気に集められるんです。もちろん、準備も時間をかけるほど良いものはできるのですが、どちらかというと「タイミングや発想力」というポイントでの勝負をしていますので、短期間での勝負なんです。

 それに対して、山下さんのやっている見える化集客は、イベントのように短期間でパッと集まるものではなくて、一つのビジネスや業界に絞って、ず~っと改善しながらジワジワと長期的に育てていくものです。「よくやってるな~」という一言に尽きます。山下さんの見える化集客は、一朝一夕で教えられることでもありませんし、できることでもありません。そのブログ集客やコンテンツマネジメントを、山下さんは10年間やり続けて来ている訳ですので、ちょっとやそっとやり始めたという人が追いつけない世界だと思うんです。

 集客ノウハウやテクニックは必要だと思っていますし否定する事はありませんが、やはりブログでの集客は、時間をかけた積み重ね、一つ一つの仮説と検証の積み重ねというのがあって、初めてテクニックが活きてくると思います。当然、やってきた事を記事に書き起こすための時間とか、お客さんとのツーショット写真を撮り貯めていくとか、それを積み重ねていくというところが不可欠なので。

 そういう意味で、この見える化集客は、ブログ集客というよりは”コンテンツ集客”だと思っています。何かしら、自分のこだわりなどを発信する事で、顧客からの信用や信頼を集めていく人にとってみると、山下さんの知識や積み上げてきた蓄積されたノウハウは、とても活きると思います。

 トヨタで叩き込まれた徹底したデータ分析とエンドレスな改善は、ちょっとやそっと学んだだけのノウハウでは太刀打ちできません。集客の本質を抑えているから、製造業や整体院をメインに、講座やスクール集客でも成果が出ているのは納得です。

結果が出るまで諦めない

 見える化集客というのは、持続力が必要とされます。企画力とかアイデアを出すことが好きという人はいると思うんです。新しく何かを始めることが好きな人が起業したり、ブログを書き始めたりすると思うんです。そういう人が苦手なのが、続けることや継続させることだと思うんです。そこが、山下さん抜群に強いので、苦手な人はお尻叩いてもらいながら進めていくというのが、いいんじゃないかと思います。

 これから一緒に集客やっていこうという人にとっても、お客さん以上に山下さんが諦めないので。クライアントさんの方が先に諦めてしまうと元も子もないですよね。そういう風にまずならない売れる品質管理というのは、素晴らしいと思います。

ロジカルな集客の仕組み「これは上手く行くしかない」と思います

 あとは「見える化」という部分は、私も共感するところで、集客できない人は結局、自分のこと・お客さんのことが分かってないんですね。その状態で、なんとなく他の人が上手くいっているようなことを表面だけなぞってやってみる。それでちょっとやってみたけど、上手くいかないから、他の方法を探す。そうやって、永遠に上手くいく方法の周りを回っていって、時間とお金をムダにしてしまうということがあると思います。

 でも見える化集客は、「自分自身が何者なのか?」「お客さんが求めていることは何か?」ということを、フンワリさせないできっちり詰めていく。それは、山下さんがトヨタで鍛えられてきたことだと思うんです。エビデンスというか「その判断の根拠は何か?」「どのデータを根拠にしているのか?」ということ。山下さんは、「なんとなく・・・」ということは一切なくて、「アクセス解析をみたらこういう数字だから」というロジカルな面をしっかりと持っている。

 その一方で、山下さんと話すと”リアル”という言葉がよく出てきます。実際に面と向き合ったお客さんからも「こうい話があって・・・」と、本当のリアルはどうなのか?という、ところもきっちりとリサーチされている。インターネットとリアルをきちんとミックスさせて、それぞれを見える化させたデータに基づいて、集客という仕組みをロジカルに作っているので「これは上手くいくしかないな」と思います。

見える化集客は、どんな人にオススメできますか?

特定の分野でビジネスをやる人は「やらない意味はない」

齋藤氏インタビュー2 特定の分野でビジネスをやっていくと決めている人がいいと思います。なんとなくでもこの分野と道を決めている人は、そこに合わせたブログやコンテンツやメディアをずっと自分と一緒に育てていくことができますよね。道を定めている人であれば、「やらない意味はない」というくらいのサービスだと思います。

 ブログを書くというのではなく、コンテンツを残していくという感じですね。コンテンツというのは、ノウハウもそうですし、お客さんの声もそうです。自分のやってきたことで、上手くいったことや失敗したことなど、全部情報です。今の世の中、情報がお金に変わっていくという流れは、ますます加速していくと思います。

 その一方で情報が溢れすぎて、その情報に価値があるかどうか?というのが選ばれる時代になっている時に、山下さんのブログを見れば分かる通り、ありえないくらいの濃い情報量で、しかもリアルに裏打ちされた質の高いコンテンツ。

 私は、見える化集客というのは、そういった経験がコンテンツとして残していけることが、大きな価値だと思っています。事業ですので、上手く行くこともあれば上手く行かないこともあります。その時に、学んだことが経験やデータとして、エビデンスとして常に残っていく訳で、全てのことが無駄にならないんです。失敗談は公にしないかもしれませんが、何か改善を行った時にダメな時、上手くいった時ということが、積み上げていくことができます。上手くいったことやお客さんにとって価値があるところは、ブログで公開することで、お客さんがいいものを選べる選択肢を提供できるようになっていますよね。

見える化集客は、本格的にお金になるコンテンツマネジメント

 この見える化集客は、ブログ集客という言葉は適切ではなくて「本格的にお金になるコンテンツマネジメント」です。製造業やモノづくりのメーカーさんにとっては、大きく活用できるものだと思います。なぜなら、業界の多くの企業が、自社コンテンツを持っていることすら認識していないと思うからです。

 例えば、部品を作るまでのストーリーだったり、その部品を使ってくれたお客さんとの物語とか、その部品の使い方とか。当然、企業秘密の部分もあると思いますが、その周りで実は様々なコンテンツがあって、お客さんは以外とそういったコンテンツを求めていたりすると思います。

ほこたて 昔テレビであった『対決バラエティ ほこ×たて(フジテレビ)』などは、分かりやすい例だと思います。元々、すごい技術を持った製造業メーカーがたくさんあって、それぞれの会社でこだわって作っているけど、お客さんの立場からすると「◯◯機械をこだわって作ってます!」と言われても、あまりピンとこないんですね。価値がよく分からないんです。

 でも、『対決バラエティ ほこ×たて』みたいに、例えば「粘着力が世界最強の接着剤」×「世界最強のモーターを積んだロボット」で、接着剤を引いたマットの上を、ロボットが走れるのか?みたいな、くだらないんですけどコンテンツとして面白いじゃないですか。

 あれは、製造業のメーカーが今までやってきたことを、コンテンツにしたという分かりやすい事例だと思うんですよね。あそこまでエンターテイメントにしなくてもいいと思いますが、「こんな会社がこのようなことをやっている」などのお客さんにとって役立つ価値ある情報を分かりやすく伝えるということは、製造業やモノづくりのメーカーさんは、今までやられてなかったと思います。

「この会社は大丈夫」と信頼してもらえるコンテンツが作れる

 今の世の中は、会社の責任も大きくなってきていますし、会社として損できる余裕もない訳ですよね。昔だと若手がちょっと失敗しても許されていたと思うんですが、今は失敗が許されない息苦しい世の中になってきていると思います。特に会社を経営されている方は、そういう失敗できないみたいなプレッシャーがすごいと思うんです。

 その中で、お客さんに「この会社だったら安心して任せられる」という情報を提供するときに、コンテンツはあった方が良いというより、無いと困りますよね。信頼してもらえる材料がないですから。

 まだ、製造業やモノづくりの業界は転換期で、そういったコンテンツが重要ということに気がついている企業も出てきていますが、まだまだコンテンツの重要性に気付いてない「良い製品さえ作れば売れる」という考えの企業の方が多いですよね、業界の大きな流れとして。「良い製品さえ作れば売れる」というのは、大前提の話です。実際に、この前テレビで放送されていた『下町ロケット(TBS)』を見ても、「良い製品さえ作れば売れる」という、そのパラダイムが受けるから放送されるんだと思うんです。「良い製品を作れば、誰かが分かってくれる」みたいな。

 しかし、大企業も以前のような潤沢な予算がなくて、上場企業ほど株式会社なので投資家への説明責任や結果責任があったりすると、きちんと素性が知れたものを購入するということになりますよね。

営業マンに話を聞くより、ブログの方が知りたい情報を得られるようになる

見える化集客ブログ もう一つ思うのは、昔だったら、製品を購入する際は、まずその会社のパンフレットやサンプルを取り寄せて、営業マンを呼んでプレゼンしてもらって発注していた人が、今は来てもらうのも面倒だし、インターネットでホームページを見て、一番情報が深そうな企業を見つけて、上司にプレゼンするということが、普通に起こりうると思うんです。会社の情報は、ホームページを見て情報を取り入れて、すぐに決済するという流れですよね。今は、銀行口座作るにしても、企業のホームページを求められるというのは当たり前になっているじゃないですか。

 昔のように「細かいことは訪問してご説明します」だと、もう時代に合わないということですよね。今は、購入前に会わなくても、会う以上にホームページから情報を得ることができます。山下さんの見える化集客のブログの内容を、実際に会って聞いてたら、一週間くらい泊まり込みで聞かないと把握できないくらい、具体的で濃い内容が詰まってます。きちんと文章に書き起こされていて、見出しも整理されていて、分かりやすくなっていて、必要な情報を取り入れるといったら、会って話を聞くよりもブログを見た方が、濃厚な知りたい情報が分かります。

コンテンツ作りは、人材育成にも新規受注獲得にも繋がる

 そして、ブログやコンテンツを”作らないといけない”と、思うと大変ですよね。そうではなくて、コンテンツを残すという考え方の方がいいと思うんです。ブログは元々、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)といって、商品やサービスに関する情報をマネジメントするというのが、ブログの本来の役割です。

 会社の貴重な情報を「お金を生む形でマネジメントする」と考えたら、これに取り組まない企業って「製品を販売する気はあるんですか?」と問いたいです。まだまだ、こういった考え方は特殊な考えなのかもしれませんが、遅かれ早かれコンテンツの価値に気づき始めている企業もある訳で、その流れはすでに始まっています。

 例えば、コンテンツを作るために、若手の社員に「この商品について、使っているお客さんの取材をしてこい!」とか「工場に行って、製造現場を見てどうやって作っているか?まとめろ!」など、社員教育の一環としてコンテンツ作りをやらせてみても面白いのではないかと思います。そうすると、商品のことを理解でき、お客さんのことも理解できますので、社員教育にもなり、新規受注にも繋がります。若手社員にとっても、やりがいのある仕事になりますし、インターネットも使えますので、「人材育成」と「新規受注獲得(販路開拓)」になります。

 見える化集客は、新しいコンテンツを生み出して残していく、その過程で会社のことも好きになると思うんですよね。なぜなら、今までは「これ売ってこい!営業してこい!」とよく分かってない商品を売っていたのが、見える化集客することで「実は、こんなストーリーがあったのか・・・」「お客さんにこんな風に喜ばれていたんだ・・・」というのが分かって、仕事が面白くなると思うんです。

見える化集客は、新たな販路開拓になりますし、同時に若手の人材育成にもなると思います。

齋藤氏と一緒に

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA