金属加工の品質:樹脂成形用語と解説

Lid

▶︎【樹脂成形】24種類

「射出成形」とは、加熱溶融させた材料を金型内に射出注入し、冷却・固化させる事によって、成形品を得る方法のこと。 複雑な形状の製品を大量に生産するのに適している。

「品質」とは、工場で生産された製品や、サービス業が提供するサービスの特性をいう。

アンダーキュア

アンダーキュアとは、熱硬化性樹脂成形で、型温度が低すぎたり硬化時間が短すぎたため、必要な強度が出ていない現象で、プラスチックの成形不良の一つ。

Rダレ

Rダレとは、型寸法に対し表皮の寸法が短く、狙いのRより大きくなる一体発泡成形法における成形不良の一つ。

糸引き

糸引きとは、射出成形で成形品の取出し時、固化した部位と金型内溶融樹脂部の境界に溶融樹脂が糸のように伸びてくる不具合現象のことを糸引きという。

ウェルド

ウェルドとは、射出成形で樹脂がピンや開口部の周囲を流れて合流する部位に発生するすじ状の痕跡のこと。

オーバーキュア

オーバーキュアとは、熱硬化性樹脂の成形で、金型温度が高すぎたり、硬化時間が長すぎると材料が劣化する現象で、プラスチックの成形不良の一つ。

銀条

銀条とは、成形品の表面に材料の流れ方向に白っぽくスジ状になる状態で、射出成形の成形不良の一つ。

クラック

クラックとは、プラスチックなどの成形不良の一つで、成形品に発生する亀裂・割れなどの現象のこと。

コア段差

コア段差とは、射出成形金型で、アンダーカット処理する為の傾斜コアや、脱型押し出しコアと金型本体の段差のこと。

シボ流れ

シボ流れとは、真空成形法における不良の一つ。表面に加工されているシボ模様のパターンが、シートが伸び過ぎることで、狙いより浅く、大きくなってしまう現象。

ショートショット

ショートショットとは、射出成形部品で、製品部が末端まで充填されていない製品不良のこと。

成形変形

成形変形とは、樹脂成形の不良の一種で、成形時に発生する収縮のアンバランスにより収縮変形と荷重変形などの変形のこと。

セル荒れ

セル荒れとは、成形品の表面のセルが不均一でかつ大きなセルとなっている現象で、ウレタン発泡成形の成形不良の一つ。

耐圧強度

耐圧強度とは、製品内部への加圧に対して、製品が破壊する圧力の強度レベルのこと。

チルマーク

チルマークとは、シートを型に真空吸引する際、シートの延伸むらが原因で発生するすじ状の欠陥で、塩ビレザーなどの熱可塑性樹脂シートの真空成形における成形不良の一つ。

ナット引抜き強度

ナット引抜き強度とは、部品に勘合されたナットの勘合力のことで、圧入方法で勘合させたナットについての勘合力の事。

白化

白化とは、金型の抜き勾配の不足や押し出し機構が適当でなく、成形品の一部が白く見えるようになること。

ピンホール

ピンホールとは、材料内のエアなどが型内に閉じ込められた結果、成形不良の一つで成形品に発生する微細な孔のこと。

フィンガーマーク

フィンガーマークとは、一体発泡成形で、ウレタン樹脂がアンダーキュアのため製品脱型時に製品表面に指跡が残る不良のこと。

ブリスター

ブリスターとして、熱硬化性樹脂を成形や熱処理する時、硬化不充分な成形品の内部に含まれたガスの圧力により、表面がふくれる成形不良現象のこと。

ブリッジ

ブリッジとは、シートを型に真空吸引する際、シートが完全に型に吸着されず重なる現象で、熱可塑樹脂シートの真空成形における成形不良の一つ。

ブルーミング

ブルーミングとは、樹脂に加えられた可塑剤・滑剤・安定剤などが表面に油状又は白い粉状になってしみ出す不良現象のこと。

ブロッキング

ブロッキングとは、フィルムやシートを重ねておくと互いに密着して、簡単にはく離しにくくなる現象のこと。

ボイド

ボイドとは、成形品内部に発生する空洞・穴などの現象で、プラスチックの成形不良の一つ。

やけ

やけとは、成形時、成形材料の急速充填によりキャビティ内の空気が断熱圧縮を受け黒く焦げる現象で、射出成形の成形不良の一つ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA