テレビや雑誌など、メディア取材されやすい

タキシードのweb集客コンサルタントご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する”タキシードのweb集客コンサルタント”山下です。

「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までのプロセスの”こだわり”を見えるようにし、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

「見える化集客」は、テレビや雑誌などのメディアに取材されやすくなります。見える化することにより、他にない強みが明確になり差別化されるからです。それをきっかけに、講演会の依頼が入ったり、有名人がプライベートでお店に来られたりします。

【事例】一つのテレビ掲載をきっかけに広がった取材

一つの事例ですが、地方の個人整体院でもテレビや雑誌の取材を受けて、

  • 地元の小学校の講演会に講師として呼ばれたり
  • Jリーグのプロサッカー選手がお忍びで来院したり
  • 県外から2時間以上の時間をかけて来る方も多くいたり
  • 地域のスポーツクラブの監督が紹介してくれていたり
  • 施術を受けた親が子どもを紹介してくれたり

メディアの影響は大きく、様々な輪が広がっています。

tv

▲テレビや雑誌・講演会などの依頼が入ってきます

見える化集客が、メディアに取材されやすい3つの理由

  1. 顧客リサーチで”世の中の流行と顧客の悩み”を把握できマッチングできるから
  2. 売れる商品コンセプト作成ができる
  3. 取材側が、取材対象として安心できるブログを作れる

これは私個人の主観ではなく、テレビや雑誌のプロデューサーとの会話や質問のやり取りの中で分かってきた事です。メディアも”視聴率が取れる・販売部数が伸びる”ネタをいつも探しています。ネタがあっても安心できる取材対象でないと取材に繋がりません。上記の3つを強化していく事で、メディア取材されやすくなる事でしょう。

見える化を、どう活用すれば取材されるのか?

実際に取材を受けた際のクライアントさまの事例を基に解説します。

・なぜ取材依頼が来たのか?
・見える化をどう活用するべきか?

▼【事例を基に解説】

クライアントの整体院に、地方テレビ局の人気情報番組プロデューサーから、「○○症状に有効な対策を教えて欲しい」と取材依頼の電話あり。
※これ以下は、実際に番組プロデューサーから頂いた質問や回答です。

●【質問1:今、テレビ番組は、どのような情報を求めているのか?】

ある症状が流行っている時期で、病院で治療すること以外の方法はないか?
(情報番組なので視聴率が取れる時流ネタ)

⇒「あなたは、今後どうすればいいか?」

・顧客一人一人を「見える化」しているので、個別の深い悩みも明確に把握。
・同時に症状別の施術人数で時流も把握できる。

●【質問2:どの媒体を見てきたのか?】

色々な鍼灸院や整体院のホームページを見て○○症状の施術をみて検討

⇒「あなたは、今後どうすればいいか?」

・具体的な悩み・問題点・改善内容・変化も「見える化」
・独自コンテンツをHPにアップすることで上位表示対策も同時に行う。

●【質問3:どこを見て評価するのか?】

・施術に関する考え方
・院長の人柄が感じられた

⇒「あなたは、今後どうすればいいか?」

・安心できる取材対象であることの証明
・売れる商品コンセプトの作成

●【質問4:取材を決める最も重要な事は?】

『自分が通ってみたいか?』という顧客視点での評価

⇒「あなたは、今後どうすればいいか?」

・顧客に親切で分かりやすい媒体作り

メディアに掲載されると、どうなるの?

自分の写真111テレビや雑誌から取材されると、お客さまからは「ここは信頼できるお店だろう」と思ってもらえますので商品・サービス購入に繋がります。つまり、「成約率の向上」に直結するので、販売数が増加します。

社会的な信用を得れますので、お金を払って広告出稿するよりも、どこの会社も取材を受けてメディアで紹介されたいものです。しかし、プレスリリースな
どでコチラからアプローチしたり、目立った特徴がない限り、取材依頼されるのは難しいと考えている人が多いです。

ですが、プレスリリースしなくとも、「見える化集客」を活用すればテレビや雑誌から取材されることは十分可能です。”突拍子もないネタ・笑いネタ”で目立つとかではなく、お店のコンセプトにきちんとあった方法で。

実際、クライアントの個人整体院で10件近くテレビ・雑誌からの取材を受けました。全国的に有名な朝番組・地方番組・地方ニュース・専門雑誌、他にも講演会の依頼など。※整体院のコンセプトと違うために取材をお断りしたものもあります。

初めての方へメッセージ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA