専門家のためのブログ集客:山下裕司プロフィール

山下裕司のプロフィール

冒険家/ストーリーマーケティング専門家/品質管理専門家/ヨットマン/サクソフォーン奏者/ボルドーワイン専門ライター:山下裕司(やました ひろし)

1976年生まれ。福岡県出身。13年間(株)トヨタ自動車九州で品質管理エンジニアとして勤務。その後独立し、webマーケティングのコンサルティング会社「株式会社Happy Make Project」を設立。世界中の超一流たちと対等な立場で接するための共通言語でもある「プロトコール(国際教養)」を学び、“愉しむ”思考を手に入れた。

またディンギーヨットで、世界で最も危険な7つの海峡(オーシャンズセブン)を仲間とアメリカ・ニュージーランド・沖縄の海峡横断を達成する。オーケストラでも、tenor saxophone奏者としてモナコ公国「Hôtel Hermitage Monte-Carlo公演」日本では「サントリーホール公演」「グランドハイアット東京公演」を行う。→『過去の冒険実績はこちら』をご覧ください。

山下裕司は、どんな人?

山下裕司の経歴

私は、福岡県北九州市で生まれ育ちました。北九州市といえば、政令指定都市であり、人口規模は日本の市で13位、九州地方では福岡市に次ぐ2位である。

今では自動車産業やエコ活動が盛んですが、昔から八幡製鉄などを代表とする”工業が盛んな都市”でもあります。そんな活気ある街で、両親と弟の4人家族の中で私は育ちました。続きはこちら→『山下裕司のこれまで』を参照ください。

・品質管理エンジニア:山下裕司

私は、トヨタ自動車九州(株)の製造工場で13年間、品質管理エンジニアとして業務を行ってきました。企業の中からあらゆる種類の”ムダを徹底的に排除する”ことによって生産効率を上げる。つまり「最も短い時間で効率的に造る」ことを品質管理という業務を通して、問題の見える化を行い生産性向上を行ってきました。在庫ゼロへの挑戦です。

また、品質不具合の「発生源+流出源」対策など、品質を工程で造り込む品質向上活動を通して、生産性向上とコスト削減による競争力強化(品質・コスト・納期)を高める業務を行ってきました。

・webマーケター:山下裕司

2008年に、子供の頃の夢だった起業を決意し、品質管理エンジニアから一念発起し独立起業。「これからの時代はマーケティングのスキルが必要」と考え、全くの異業種であるインターネットを活用したマーケティングのスキルを磨き「集客代行・集客コンサルティング」の事業を立ち上げました。株式会社HappyMakeProject 代表取締役に就任。90業種200社以上の会社の集客代行や集客コンサルティングなど、webマーケティングの支援をしてきました。

・ストーリーテラー:山下裕司

あなたもモノを売る時、USP(選ばれる理由)が大切だと言うことは、何度も聞いたことがあるでしょう。

でも、このモノが溢れかえっている日本で、あなただけの”選ばれる理由”を見つけ出すことは、とても難しくなってきています。そこで大きな力を発揮するのが『ストーリー』です。

人は生まれながらにして、ストーリーを求める生き物です。小さい頃に絵本を読んだ経験から始まり、今では、小説やドラマ、映画など、様々なストーリーと触れ合い、それを求めています。あなたも、ついついドラマを何時間も夢中で見てしまった経験はないですか?

実は、我が家には『絵本が500冊』以上あります。3人の子ども(10歳・6歳・2歳)が見るからです。元保育士だった妻との育児方針もあり、寝る前に3〜5冊の絵本の読み聞かせを、毎晩行ってきました。一番上の子どもが生まれてから早や10年。気が付けば『読み聞かせを10,000冊以上』行っていました。ストーリーで集客をするのは、間違いなくこの読み聞かせで力を付けたものだといえます。

メディア掲載実績

<健康ジャーナルに掲載> 健康、美容業界のトレンドを横断的に網羅した新聞「健康ジャーナル(2015.12.15発行)」にインタビュー記事が掲載されました。(発行部数:30,000部)

詳細は『メディア掲載:健康ジャーナルにインタビュー掲載』をご覧ください。テキストで書き起こし記事がご覧頂けます。

過去のコンサルティング実績

これまで世界を冒険しながらwebマーケターとして、BtoB、BtoC、両方で約90業種200社以上のコンサルティングを行ってきました。以下、ご紹介します。

●【資本金10億円以上の企業さま】
  • 機械加工製品の販売会社(資本金68億円:従業員1,200名)
  • ナノテクに強い化学メーカー(資本金74億円:従業員数350名)
  • 電気機械や半導体の技術商社(資本金59億円:従業員数1,200名)
  • 自動車の駆動系部品製造会社(資本金54億円:従業員数2,700名)
  • 電子デバイスの開発、製造、販売(資本金55億円:従業員3,000名)
  • 時計・精密機器製造・販売メーカー(資本金32億円:従業員2,100名)
  • 自動車の電装品や発電機の開発・製造(資本金51億円:従業員数5,800名)
  • 医療機器の開発・製造・販売メーカー(資本金46億円:従業員3,400名)
  • 燃料系システム開発・設計・製造(資本金30億円:従業員数1,500名)
  • 医薬品開発メーカー(資本金51億円:従業員220名)
  • ファインセラミックの製造・販売(資本金26億円:従業員370名)
  • 水産物の卸売企業(資本金23億円:従業員430名)
  • 自動車部品・産業部品を取り扱う商社(資本金20億円:従業員数520名)
  • スプリング・ばねメーカー製造・販売(資本金20億円:従業員350名)
  • 特殊金属の精製加工(資本金16億円:従業員120名)
  • 産業用機械装置・機械部品の設計・製作・販売(資本金24億円:従業員180名)
  • 自動車部品の鋳造・機械加工などの製造・販売(資本金35億円:従業員340名)
  • 自動車部品・金属プレスおよび溶接加工(資本金43億円:従業員数1,300名)
  • 戸建分譲住宅の販売(資本金14億円:従業員数620名)
  • 衣料品の企画・製造・販売(資本金26億円:従業員数4,900名)
  • 総合光学メーカー(資本金62億円:従業員数35,000名)
  • 技術系人材派遣事業(資本金57,7億円:従業員54,000名)
●【資本金1億円以上の企業さま】
  • 官公庁向け環境機械製作(資本金1億円:従業員35名)
  • 歯科用医療機器製造(資本金7億円:従業員600名)
  • SIer情報システム開発(資本金5億円:従業員80名)
  • 超硬合金工具の設計・開発・製造・販売(資本金7億円:従業員60名)
  • 自動車用電装部品の製造・販売(資本金5億円:従業員数750名)
  • 製造業の技術系人材派遣業(資本金4.9億円:従業員数11,400名)
  • 上下水道施設設備の設計・製造・施工管理(資本金4.5億円・従業員数190名)
  • 光学モジュールの製造(資本金3.5億円:従業員数1,400名)
  • 無機エレクトロルミネッセンス製造メーカー(資本金1億円:従業員50名)
  • 半導体製品の受託製造工場(資本金1.3億円:従業員140名)
  • 半導体サプライヤーメーカー(資本金1億円:従業員数19,000名)
  • ごみ処理・水処理施設の維持管理・改造メーカー(資本金2億円:従業員700名)
  • 廃棄物処理施設・水処理施設管理メーカー(資本金2億円:従業員数3,800名)
  • 工作機械用の電子・通信機器の製造メーカー(資本金1億円:従業員数230名)
  • 百貨店(資本金2億円:従業員数3,200名)
  • 工務店・住宅建設業者(資本金1億円:従業員数11名)
  • 食料品の卸売事業(資本金5億円:従業員700名)
●【その他の企業さま】
  • 機械加工を特長とするエンジニアリング商社(資本金6,000万円:従業員数30名)
  • 産業車両用タイヤの製造・販売メーカー(資本金9,800万円:従業員数130名)
  • 工業製品の試作製作メーカー(資本金9,000万円:従業員200名)
  • ハンディターミナル製造・販売メーカー(資本金9,000万円:従業員数90名)
  • 高低圧ホースや付属金具製造メーカー(資本金8,500万円:従業員数140名)
  • 家庭用紙の製造・加工・販売(資本金8,000万円:従業員数60名)
  • 圧延用ロール製造メーカー(資本金6,500万円:従業員数500名)
  • 静電植毛加工の製造・販売メーカー(資本金6,000万円:従業員数30名)
  • 農業機械やトラクター製造・販売(資本金5,000万円:従業員30名)
  • ダイヤモンド工具の設計・開発・製造、販売(資本金1,000万円:従業員数50名)
  • ロボット介護機器開発・製造(資本金9,000万円:従業員数200名)
  • 湿式粉砕処理の産業機械メーカー(資本金4,500万円:従業員数40名)
  • OAラベル、タックラベル製造・販売(資本金3,500万円・従業員数-名)
  • 鋼製の梱包容器の設計・製造(資本金2,500万円・従業員数35名)
  • 美容商品・化粧品の企画・製造・卸・販売(資本金2,000万円・従業員50名)
  • 産業用自動機や検査装置の設計・製作(資本金1,000万円・従業員数40名)
  • プリント配線基板の設計・製造(資本金1,000万円:従業員数50名)
  • オーダーメイドの特殊車両メーカー(資本金3,000万円:従業員数250名)
  • 医療用部品の旋盤・切削加工メーカー(資本金1,000万円:従業員数10名)
  • サーバーラックの製造・販売(資本金3,000万円:従業員数30名)
  • 小型産業用ロボットの開発・設計・製造・販売(資本金3,000万円:従業員数830名)
  • 検査装置の製造メーカー(資本金2,000万円:従業員数45名)
  • ワイヤーハーネス加工メーカー(資本金1,500万円:従業員数50名)
  • 住宅施工会社、リフォーム施工、クロス張替え工務店
  • 不動産賃貸・売買の仲介・不動産コンサルティング
  • 都内大学病院・デンタルクリニック(歯科医)
  • 整体院・カイロプラクティック・鍼灸整骨院
  • ジェルネイル教室・ヘアメイク教室・ジュエリー制作・ヘアサロン・エステ
  • 学習塾・マクロビオティック教室・ローフード教室・カウンセラー
  • パソコン修理販売・自動車板金塗装工場・耐震工事・エクステリア施工

その他の活動(SAX・ヨットなど)

ガラパーティーをはじめハイソサエティな社交を通じ、世界の経営者たちと出会う中で、ジェントルマンとしてのエレガンスを学ぶ。この経験を活かし90業種200件以上のwebマーケティングのコンサルタントとしてクライアントの悩みに答えてきた実績。

EXPCビッグバンドオーケストラ:テナーサックス

  • 2017年2月:グランドハイアット東京公演(240名)
  • 2017年11月:赤坂サントリーホール公演(400名)
  • 2017年12月:ロックハート城公演(200名)
  • 2017年12月:バル・ルージュ東京公演(100名)
  • 2018年1月:Hôtel Hermitage Monte-Carloモナコ公演(240名)
  • 2018年2月:グランドハイアット東京公演(450名)

世界の七大海峡をディンギーヨットで横断

2018年は、世界で最も危険な7つの海峡(オーシャンズセブン)である、ニュージーランドのクック海峡(5時間58分・距離51.5km)、アメリカ合衆国ロサンゼルスのカタリーナ海峡(8時間02分・距離34.78km)、そして沖縄県の神ノ島(8時間53分・距離72.59km)、3つの海峡横断を達成しました。

  • 2018年4月:沖縄県の神ノ島縦断(8時間53分・距離72.59km)
  • 2018年5月:クック海峡横断(5時間58分・距離51.5km)
  • 2018年5月:カタリーナ海峡横断(8時間02分・距離34.78km)

その時の様子は、こちらの動画を御覧ください。沖縄の時の様子です。

また、福岡小戸マリーナ、兵庫芦屋マリーナ、東京夢の島マリーナ、沖縄宜野湾マリーナなど全国のヨットハーバーで、年間20回以上は、仲間とディンギーヨットやクルーザーヨットでセーリングを愉しんでいます。

Bal Rouge

エコール ド プロトコール モナコ が、年に1度、東京で開催する日本最高峰の舞踏会。それが「BalRouge」です。これは2016年に参加した時の様子です。

デビュタント

「日本人が世界基準の紳士淑女( Ladies & Gentlemen )として人生を過ごす」デビュタント、「BAL de JAPON」が、EXPLORERS CLUB200人の仲間と共に東京都内にて開催しました。その時の様子は、こちらの動画を御覧ください。

チャリティーガラパーティー

モナコ公国に本部を置く人道支援組織「Amitie Sans Frontieres Internationale」(ASFI)の日本支部である一般社団法人アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポン「Amitie Charity Gala Party 2019」グランドプリンスホテル新高輪 「飛天の間」に参加。

山下裕司のこれまで

「ああ、、もう人生終わりだ、、、」

あまりにも、不甲斐ない自分が悔しくて、涙をこらえられない。「グッ、、グッ、、」肩を震わせ、暗い部屋の中で一人むせび泣く。これは、起業して3年半の後の、私の話だ。

私は、特別な才能がある訳でもなく、得意分野があるわけでもなく、ビジネスのネタすらなかった。ビジネスは、安易な発想で、当時勉強していたNLPなどのコミュニケーション技術を使って「今、自分ができるネタ」を選んだ。お客さんの悩みを解決する商品ではなく、自分がやれるであろう商品を選定していた。

しかも、お客さんに話を聞くわけでもなく、webサイトの「教えてgoo」や「yahoo知恵袋」を使って、リサーチをしたつもりになっていた。悩みを眺めているだけで、その悩みの本質を理解していなかった。考えているのではなく頭に思い浮かべているだけの時間が長いだけで、ビジネス自体は何にも進んでいなかった。

お客さんの本当に悩んでいることが分かってない

お客さんの本当に悩んでいることが分かってない状態で、セールスレターを書いて販売していたので、売れるはずもない。ブログを書いてもお客さんの悩みが分からないから、ブログは日常の日記を書いているような状態。そんなブログ誰も見ない。リスティング広告も、メインキーワードを何個か登録しただけ・・・。絶対に売れるはずがない。でも、すべて“やったつもり”になっていたので、「俺はビジネスに向いてない・・・」と、何度も投げ出しそうにもなった。

今まで、いろいろなビジネスに手を出して、大きく回り道をした。13年間勤めたトヨタ自動車を退職し、その後、独立しインターネットビジネスを学び、いろいろな商品を販売してきた。だが売れなかった。その間、妻と2歳の子どもを食べさせるために、少しでも時給のいいアルバイトを探してやってきた。

ほんとに貧乏だった。

ほんとに貧乏だった。 毎日2〜3時間の睡眠。土日もほとんど休みなし。 そんな感じで働いているのに全然お金は手に入らない。 むしろ日々活動費でどんどん貧しくなっていく。 打ち合わせでコーヒーを飲むお金さえもギリギリの状態だった。

毎日毎日、ボロボロになるまで働き、妻と子どもが寝静まっているボロアパートに帰る。狭い部屋にむりやり布団を敷きつめて親子3人川の字で寝た。毎日毎日、一生懸命働くけど我が暮らし楽にならず。そんな毎日だった。本当にたまの休みになると、私たちは息子を連れて出かけた。 連れていくのは、アパートから徒歩20分ほどの所にある動物園「到津の森公園」。

明日のお米を買う金にも事欠く身

でも、明日のお米を買う金にも事欠く身であり、到津の森公園の入場料を支払うお金なんてあるわけがない。だから当然、到津の森公園には入れない。 仕方ないので到津の森公園に幸せそうに入っていく家族を横目に、目の前にあるサンリブのおもちゃ屋に連れて行った。もちろんおもちゃだって買ってやれない。だから展示品のおもちゃで遊ばせた。

そこで、ひとしきり遊んだ後に、ダイソーに連れて行って100円のおもちゃを1個だけ買ってあげた。100円のおもちゃでも、とても喜んでくれた息子に何度救われただろう。そして、100円のおもちゃを持って、しゃぶしゃぶダイニングMKにいくのが私たちのコースだった。 しゃぶしゃぶダイニングMKに行って、一番安い鶏しゃぶしゃぶランチのご飯大盛りを頼んでみんなで食べる。 そんなのが精一杯の贅沢だった。

あれから4年がたった。

あれから4年がたった。 私は自分で言うのも何だがほんとに頑張った。 愛する家族の笑顔を見るために頑張った。 そして、いま4年前とは明らかに暮らしが違う。 まだまだ成功ではないが、少なくとも4年前とは暮らしが違うのは事実だ。

いまでも定期的に私たち家族は、到津の森公園を訪れる。もちろん今は、ちゃんと到津の森公園に入って遊ぶ。そしてその後、しゃぶしゃぶダイニングMKに行く。到津の森公園に行くと、いつも初心を思い出す。しゃぶしゃぶダイニングMKに行くと、今自分がとても恵まれていることに自動的に感謝の念が湧いてくる。

4年前、正直とても苦しかった。

4年前、正直とても苦しかった。だって、一生懸命勉強して、一生懸命働いても、全然暮らしがよくならなかったから。でも、そんな苦しい中でもずっと心から消えないある確信があった。それは「これだけ必死で頑張っている自分が成功しないわけがない!」という確信だ。

だからもし、あなたがいま必死で努力をしているのなら、必ずその想いは遂げられる。努力はあなたを裏切らない。日本女子陸上界初のオリンピック金メダルリスト。そんな高橋選手の原動力になったのが、高校時代の陸上部監督、中澤正仁氏から送られた言葉だった。「何も咲かない寒い日は下へ下への根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」

「これだけ頑張っている自分が成功しないわけがない!!」

必死でやってもがんばっていても一向に結果が出ない。 もう投げ出してしまいたい。 そんな時に思い出して自分自身に対して優しくこう言ってあげてほしい。「これだけ頑張っている自分が成功しないわけがない!!」と。共に頑張りましょう!!

昨日また到津の森公園やしゃぶしゃぶダイニングMKに行って、初心を思い出したのでした。今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

『専門家のためのブログ集客:山下裕司プロフィール』へのコメント

  1. 名前:原田 投稿日:2018/12/14(金) 05:56:56 ID:52f3791c2 返信

    山下さんの経歴もすごいですが、ブログの
    コンテンツが100 もある、!というところに非常に興味があります❗️

    小さな整体院してますが、ホームページ、
    リス広告だけでは弱い❗️やはりブログかな
    それも、だれが読んでも役立つもの、、。

    • 名前:hmp.inc 投稿日:2019/01/02(水) 08:02:24 ID:94c2106a4 返信

      原田さま、コメントありがとうございます。
      整体院をされていらっしゃるのですね。リスティング広告も有効ではありますが、ブログも必要だと考えます。というのも、ブログを活用することで、相手の土俵で戦わず、自分の土俵で戦うことができるからです。
      整体院もご近所に数多くあると思います。突き抜けるために考えるべきことは「どう差別化するか?」ですよね。
      となると、ブログで自分の世界観をしっかりと出していくことは、とても有効だと考えます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください