東京:夢の島マリーナでクルーザーヨット

夢はどうせ叶ってしまう!ならば、もっと大きな夢を持とう!と感じた、山下裕司です。

この日は、EXPLORERS CLUBのメンバーと共に、東京都江東区夢の島にある夢の島マリーナで、クルーザーヨットでのセーリングやら、ラグジュアリー計画やらペタンク大会やらBBQなどを行いました。

Monte-Cario号(32フィートのクルージングヨット)のラグジュアリー計画の最後の仕上げ部分を手伝ってきました。ウッド部分にニスなどの塗料を塗ることで、ツヤ感を出す作業で、ラグジュアリー感を出すには欠かせない作業です。

その作業の際に足場に垂れたニスや塗料が塊こびり付くので、こびり付いたニスや塗料をキレイに剥ぎ取ることが役目でした。しっかりとヘラで、こびりついた塗料を剥ぎ取っていきます。

掃除後は、クルーザーヨットであるMonte-Cario号に乗船して夢の島辺りをクルージングしました。掃除したクルーザーが走っている姿を見ると、しっかりとツヤ感を出すまで手をかけラグジュアリー感満載のMonte-Cario号は、たった1日のお付き合いですが、すごく感慨深いものがあります。これから始まるMonte-Cario号との未来が愉しみです!

その後は、ミラヴァル・ロゼやローラン・ペリエ ブリュットをお供に、A4ランクの霜降り牛で、美味しくBBQを頂きながら、フランス発祥の球技である「ペタンク」勝負を行いました。鉄球を投げて的を狙うカーリングに近い競技ですね。いつもの福岡メンバーとは違うメンバーと会えて、新たな仲間ができ、最高の時間を過ごすことができました。

いつだっただろうか? 思い起こせば、「こんなことは自分には無理だ!」と自分自身で決めていた時代が僕にもあった気がします。でも、夢を大きく持てば持つほど、その途中の夢は、簡単に叶えることが出来るのだと実感しています。

※追伸・・・ハリウッドスターである‎Toshi Tonicと初めて出会ったのは、この時の夢の島マリーナでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA