ディンギーヨットと共に人生を愉しむ人生を手に入れた

ヨットと共に人生を愉しむ人生を手に入れた、山下裕司です。

この日は、EXPLORERS CLUBのメンバーと共に、福岡市西区小戸にある福岡市ヨットハーバーで、ディンギーヨットでのセーリングを行いました。今日のヨットセーリングの目的は「ラリー北海道に出場する仲間を応援するため」です。

航路としては、能古島の港である福岡市営渡船までの往復。風も5m程度とかなりの好条件。初めてのスキッパーとしては、好条件ということで、新たなチャレンジとしてスキッパーを教えてもらいました。

僕らが乗るディンギーヨットは、YAMAHAシカーラで、基本2人乗りの艇で、スキッパー(skipper)とクルーの役割に分かれます。スキッパーは、ティラーで艇の舵取りとメインセールの操作を行う舵を握る者のこと。クルーは全身を使って艇バランスをとったり、周りの状況や進路判断、ジブセールの操作なども行う者のことです。

今回、初めてスキッパーを教えてもらった訳ですが、乗員の命を預かる、まさに船長という役割です。風の強弱・方向は、常に変動しますし、航路の近くにフェリーが通れぱ、大きな引き波が押し寄せてきます。

いかに先を読んで、的確な風や波を見て進路方向を選定し、仲間と協力して目的地まで安全に、かつ愉しく美しく行けるか?

航路も制限速度も決まってない、ほぼすべてを自分で判断して進んでいかなければならない。まさに、今の自分の思考がそのまま現れる面白すぎる乗り物です。「ヨットは人生の縮図」と言われたのは、EXPLORERS CLUBの創設者である加藤ファウンダー。まさにその通りですね。

同じことが二度と起きないから、その瞬間瞬間が面白い。その瞬間を自分がどのように対処していくのかが明確に分かる。

今の自分の思考がどんなレベルなのかを結果として明確に分かるのが、スキッパーという役割です。今を真剣に生けなければ死ぬんだということを強烈に教えてくれます。

毎回、自分の思考がどんなレベルなのか?それにチャレンジできるのがディンギーヨットの醍醐味ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA