整体院ブログの予約数UP!顧客心理を動かす3つのポイント

整体院ブログ手順3ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質技術を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

目次

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順3】

整体院コンサルティング3回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年04月29日

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール)】

第3回個別相談

第3回の個別相談の内容

大須快福堂

【第3回目の個別相談の内容】

  • 既存客の顧客データを調査して、地域・症状・年代などの各種傾向を確認
  • ブログを読んで行動してもらうために何が必要か?を自分で考える

「①:集客状況の把握」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

 『ホームページ新規集客大作戦!!』ということで、先回からの取り組みだった、”2015年1月~現在まで”のHPの新規集客の状況データを把握する。

  • 自分なりに、どういうお客さんがきているのか?
  • このデータから分かるもっと深いところは?
  • お客さんは、何を求めてきているのか?を考える。

ということが、もう一度、次回の取り組みになりました。今回のskype個別相談で、山下さんからの気づきは、全部で5つのポイントがありました。

既存客の集客状況の分析結果を確認

【ポイント①】:顧客情報を統計的な分析をしてみる

 新規集客した顧客のデータを見て、性別・年齢などの統計を取るようにする。感覚も大事だが、感覚と同時に数字で見ると分かることがたくさんある。住所や職業(例えば、うちの施術はこの職業の人に喜ばれる)症状名など共通項を見つける。
集客の切り口をつかめる場合がある。

 例えば、昭和区のお客さんが多いことが分かると『昭和区の○○さんの体験談です 』というような記事を書くといい。逆に、瑞穂区のお客さんが少ないことが分かれば、瑞穂区に力を注ぐよりも、多くきている昭和区に力を注いだ方がいい。どの地域からの来院が多いかは、その地域のライバル店の影響もある。た交通アクセスの影響もあるので、顧客に話を聞いてみることが大事。

【ポイント②】:私の分析結果では、自律神経失調症やパニック症候群の人が多かった。

 だったら、自律神経失調症やパニック症候群の人が見て『この人にお願いしたい!』と思ってもらえるような専門的なページを作るといい。

 実際に整体院に来て頂いているお客さんで、パニック障害で精神系の薬が手離せなくて、妊娠できなかったけど、ようやく妊娠できた人がいる。そういう結果が出た人で、協力して頂ける人がいれば、その人にアンケートや動画をお願いして、見てる人が納得するページをつくるといい。

 短期間で大量のページを作る必要はないので、1ページ1ページお客さま目線に立って、お客さんの知りたいことを丁寧に書いていく。雑なページを作ってしまうと、「この整体院の先生は雑な対応なのか?」と、雑なサービスだと思われることもある。

【ポイント③】:特に多くリピートしてる人は、何を求めて来てくれるのか?考える。

 例えば、『スタイル良くなりたい』と来るお客さんの場合は、何でスタイル良くなりたいか?お客さんに聞いてみる。

  • 『モテたいから痩せたいのか?』
  • 『太っているから痩せたいのか?』
  • 『ビジネスでよい印象をもたれたいから?』
  • 『面接に合格したいから?』
  • 『綺麗な洋服きて、誰とどこかに行きたいのか?』

 いつもの質問よりも、もっと深く『なんで?』と聞いていくと『お客さんが行きたいゴール』が明確になってくる。ゴールが明確になれば、ゴールに近づけるための提案が、たくさんできる。

 整体院で提供する整体は、お客さんが求めるゴールを達成するための、一つのツールでしかない。例えば、就職面接で合格したい人なら、表情よくすることも必要だし、スーツの着こなし、質問に対する答え方など、いろんな提案ができるようになる。ウエディングドレスを綺麗に着たい為に通っている人も多いので、金額上げて、『ブライダルコース』を作ってもいい。

 商品やサービスの価格金額を上げることはいい事。金額上げるとそれだけ真剣な人がくるから。一生に一度の事だから、この一瞬にかけたい人、この一瞬を最高のものにしたい人も沢山いる。

【ポイント④】:お客さんに聞かれたこと、質問されたことを記事にする

 例えば、膝が痛い人に「今までどんな治療をしてきたのか?」聞いて、『湿布』しかしてないとしたら、なぜ湿布では治らないか?などを記事にする。誰でも知っているようなこと。例えば、「お風呂とシャワーどっちが早くよくなるか?」なども記事になる。

 しかし、その時に大事なのが、その切り口。「なぜ、大切なのか?」は、誰にどんな切り口で言われるかで、大きく変わってくる。私なりの切り口をみせると面白い。福岡らくらく整体院の場合は、救急病院10年勤務やピラティスを教えているから、プロ的な目線で記事を書いている。

【ポイント⑤】:アスリートの人がお客さんに多いので、その人たちにアンケートをとる。

  • 『なぜ当院にきたのか?』
  • 『ここに来て、どうなったか?』
  • 『当院でトレーニング続けていてどうか?』など。

 アスリートや古武術の人たちの悩みや不安でいることを調べていく。そして、その結果を基にアスリート、武道家に対しても役に立つ話を記事に書いていくといい。

ホームページ集客を成功させるための3つの壁越え大作戦

 「自分のホームページを、もっと見やすくするためには?」ということで、以下の2つのページを見比べてみました。

【ページ①】:山下さんがコンサルティングされた「福岡らくらく整体院」
【ページ②】:私のHP「大須回福堂」

「購入してもらうまでに越えなければならない3つの壁」

【1:読まない】
開いた瞬間に「読みんでみたい!」と思ってもらうためキャッチコピーやストーリーを使っているんですね。

【2:信じない】
信じてもらうために、商品の実物、ビフォーアフター、顧客の体験談などの証拠を見せたり、納得できる理由を書いて信じてもらう訳です。

【3:行動しない】
購入へ背中を押してあげることで、限定して希少性を高めたり、購入までのハードルを下げたりするんですね。

自分なりに感じた、福岡らくらく整体院の良いところ

「1:読まない」をクリアするために

 キャッチ『なぜ、あなたの辛い痛みが、ここまで驚くほど変化するのか?』とお客さんの興味を引き付ける。お客さんの知りたいことは、『どういう療法か?』ではなく『治るか?治らないか?』ということ。だから、痛みが改善したという証拠を見せるために、お客さんの声を最初に沢山載せる。

 HPを開いても読まれない。最初に沢山写真が飛び込んでくると「読もうかなぁ~?」という気になる。最初から、こういう療法で~と難しいことを書いても読まれない。

「2:信じない」をクリアするために

 HPやブログを開いて内容を見はじめても「また~嘘ばっかり!」と疑われている。だから、お客さんに信じてもらう為にどうしようか?と考える。

信じてもらえるために、最低限やるべきことは、、、

  1. 丁寧に書くことで、人柄を伝える。
    丁寧に施術もしてくれそう。お客さんの頭の中で、良いイメージが作り出されている。
  2. 『私が行ったらどうなるの~?』とHPみている人は思っているので、多くのお客さんの声や動画インタビューなどを載せる。
    動画インタビューを掲載することで、『お客さんとこんなに良い信頼関係ができてますよ』という証拠にもなる。あとは、見ている人が分かりやすいように、動画の上にキャプション『全く痛くない施術に驚きました。1時間かけて通った甲斐がありました。』などを書いて、動画への誘導をスムーズにさせる。動画見る暇がない人も、動画見なくても動画の内容が分かるようになっている。
  3. しっかりと権威付けしておく
    サッカー選手がきている写真や、地元の野球チームへの講習した写真、テレビ出演の写真を載せて、信頼できる人だとアピールしておく。
  4. お客さまの痛みの変化アンケートを掲載
    当院のお客さまアンケートで、92パーセントのお客様が4回目の施術以内に状態の変化を実感できました。『じゃあ、私の痛みも変化するだろうな~』と思わす事ができて、すごくいい。
  5. どんな施術をされるのか?動画で見れるので安心
    どんな人が、どんな方法で、施術をするのかが明確に分かるので安心できる。

「3:行動しない」をクリアするために

 最後に、安心して『行動してもらう』『予約の電話』をしてもらうために、初回返金保障を付けている。院長が、笑顔で電話をとる写真を掲載することで、このマジメで、優しそうで親身になってくれそうな人なら、電話してみようという気にさせている。

次回までのトライ。月30人集客するために必要なコンセプトの作成

 まず、私の「大須回福堂」のHPを改善するために、顧客のデータをベースにしてコンセプトをしっかり作る。

  • 誰に提供しているのか?
  • 何を提供しているのか?
  • 他との違い(USP)は何なのか?

 お客さんの痛みが楽になるのはなぜか?、私がもっているものをブレインダンプで、全部書き出してくる。
・どういう風な理論で良くなるのか?
・何で骨盤立てると、痛みが楽になるのか?
など、「なぜ?なぜ?」と自分自身に質問することで、整体で痛みが良くなる理論をお客さんに分かるように明確する。

 素人の人が見ても分かるように説明する。なぜなら『人は納得すると動くから』いままで感覚ばっかりでしたが、データ収集を今回初めてしてみたら、頭の中がまとまってすごくいいし、楽しいと思いました。ビックリです。

 そして、山下さんの個別相談をうけて、今までお客さんの話を聞いていたつもりでいたけど、表面だけしか、聞いてなかったと気付けました。お客さんのことを、もっと深く知れるし、もっと知りたいと思いました。そして、もっとお客さんと距離が縮めることができるとおもいました。山下さん、とても分かりやすく教えていただきありがとうございました。とても勉強になり、楽しかったです。

▶︎第3回の個別相談を終えての解説(山下)

今やっている取り組みで得て欲しいことは、「ホームページの訴求方法の違いで、こういう風な感じのお客さんが来るんだ」ということを頭で体で理解して欲しいということです。

ブログ記事を見て、セールスページを見て、予約して、整体トレーニング受けて、リピートして、さらに来院を続けて。という一連の流れはすべて繋がっています。

すべてのメッセージを発する機会では、一貫性を持たないと顧客が混乱してしまいますからねそれを体感して、自分のモノにして欲しいですね。そのために、データを収集して、今までの感覚だけでなく、数字で客観的に現状把握をする力を付けて欲しいと思っています。

自分では「最高のホームページができた!」と思っていても、狙った顧客層が集客できなかったり、予想だにしてないアクシデントがあったり、リピートしない顧客が集まったりなど、本当によくあることです。だから、顧客に話を聞いて数字だけでは見えない部分を知る必要もあるんですね。

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】第2回目

第4回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第2回個別相談

【集客できない整体院ブログには特徴があった!月30人集客させた3つの改善ポイント】

第4回個別相談

【整体院ブログの集客力を飛躍的に高める!既存顧客の分析3つのポイント】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA