サントリーホールの舞台に立つ!テナーサックス始めて1年の勝負

夢を更新してますか?サックス始めて1年で、サントリーホール演奏会を行うことに気がついた、山下裕司です。

あと22日で、サントリーホールの舞台に立つ!

僕が2年ほど前から支援させて頂いている「一般社団法人 アミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポン」の11/18に行われるチャリティーコンサートのチケットをサントリーホールに受け取りに行きました。

サントリーホールとは、音楽家にとっては夢の舞台と言われている東京初のクラシック音楽コンサート専用設計ホール。

多くの来日オーケストラや著名なソリストの公演が行われている。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団を除くすべての在京プロ・オーケストラがここで定期演奏会を行う。

このブルーローズの舞台に立ち、セルビア共和国駐日特命全権大使 ネナド・グリシッチ閣下を前に、演奏できるチャンスなんて、人生に何度あるだろう?

大舞台でも日常でもジェントルマンは常に腕の見せ所!!

このチャンスを逃すと二度とない!この偉大なコンサートに参加できるという、その価値を感じ、武者震いでアドレナリンが出まくっております。

当日まで、ラストスパートの猛練習、頑張ります。次の夢へと続く一歩!愉しみ^_^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA