ウィストン・チャーチルのように勝利を導くために生きる!

戦うことを決して止めなかった男、ウィンストン・チャーチルのように生きる!山下裕司です。

この日は、お世話になっている経営者の先輩のバースデーパーティーを東京タワーの見える素敵な会場で主催させて頂きました。

この先輩は、50歳を超えてから、会社経営をしながらパラグライダーやトライアスロンにもチャレンジしているスーパーマンです。トライアスロンも、スイム3km・バイク157km・ラン42.195kmを完走するアイアンマンです。

しかも、スポーツ系のチャレンジだけでなく、今度はトランペットにも挑戦しようとしていますし、ロールスロイス・ファントムを愛し、さらには以下のウルトラワインをも愛する何でも探究心のすごい方。そしてこれらのワインと時間を愉しめる人格者でもあります。

  • カロン・セギュール1968
  • シャトー・ペトリュス1968
  • ボランジェ1959
  • シャトー・ラフィット1958
  • シャトー・ラフィット1938
  • シャトー・ラフィット1874
  • シャトー・ディケム1918
  • ナポレオン・グランコニャック1811

そしてこの日は、ノーベル文学賞を受賞した作家であり、イギリス元首相であるウィンストン・チャーチルが愛用した葉巻「ロメオ・y・ジュリエッタ」をプレゼントさせて頂き、その葉巻を一緒に愉しませて頂きました。

ウィンストン・チャーチルといえば、「ヒトラーから世界を救った男」と映画にもなったように、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツがヨーロッパ全土で猛威を振るう中、英国を勝利に導いた男。そんな世界を動かす男になって欲しいという想いで、ロメオ・y・ジュリエッタをプレゼントさせて頂きました。

先輩経営者と共通認識なのは、僕らは仕事だけやっていてはダメだということ。遊ばなければダメなんだということ。ハッキリ言って仕事なんかできて当たり前だし、その上で、どれだけ異次元の成功者と遊べるか?ということが重要なこと。そうしないと僕らは一生成功なんてできない。

僕には、ヨットで大西洋横断という夢があり、サックスでオーケストラとして演奏でみんなと愉しみ、ワインはもっとワイナリーにも行きたいし、ウルトラワインを愉しみ尽くし、クラシックカーに乗ってヨーロッパの舞踏会で社交を愉しむ。そのためのドレスも作りたいし、自分のタキシードやスーツも作れるようになりたい。ワインとマリアージュできる料理も作りたい!やりたいことは山のようにある。時間がないという状態です。

仕事だけしてたらすぐに死んでしまう。人生でやりたいことや山のようにある。人生を愉しみ尽くすそのために、今日も限界まで頑張ります。仕事なんてできて当たり前!本当にそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA