新患集客するための自分の整体院の価値を知る方法

整体院ブログ手順5ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質技術を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順5】

整体院コンサルティング5回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年05月08日

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール】

第5回目個別相談

第5回の個別相談の内容

大須快福堂

【第5回目の個別相談の内容】

  • 「大須快福堂で提供する価値は何か?」を素人でも分かるようにまとめる
  • なぜ、大須快福堂の施術で痛みが改善するのか?まとめる

「③:商品コンセプト作成」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

 今回のトライだった、素人でも分かるように整体トレーニングの要点をまとめた理論を山下さんに見てもらいました。

 山下さんにお客さん目線になってもらって、『なぜ、筋肉疲労が取れると痛みがとれるか?』『インナーマッスルは大きくて強いから、使っても疲れないのはなぜか?』など、いろいろ質問してもらい、私の痛みの原因の説明は、繋がらないところや説明が足りなくて飛躍しすぎているところがあることに気がつきました。

なぜ、大須快福堂の施術で痛みが改善するのか?

 この理論説明は、『坐骨神経痛で、どこにいっても治らない。ここしか希望はないかもしれない。ひょっとしたら、騙されるのかもしれないけど、ここにかけてみようかな?』と思っている人に『ここを最後の砦にしたい』と思ってもらえるようにする。

 ここは、他の治療院と違って「何かが違う」と思ってもらえて、ここを最後の砦にしようと納得してもらえる。文章にして明文化したいので、

  • 『読んだ人がイメージできるような言葉使い、階段を一歩一歩登って行くようなものにする。』
  • 『なぜならば・・・と もう一歩踏み込んだ、説明をして、お客さんに伝わる深い話とする。』
  • 『寝腰という言葉は分かりにくいので、お客さんにイメージしてもらいやすい言葉にする。』
  • 『何で筋肉が緊張すると、固くなるのか?』

 複雑な専門用語を使っても、お客さんは分からない。理解できない。だから、血流が悪くなり、筋肉に酸素がいかなくなるなど、お客さんが納得できるイメージできる簡単な説明をするようにする。

 なので、次回までのトライは、『今までどこ行っても、痛みが治らないのは、なぜか?』『じゃあ、なぜ当院だと痛みがとれるのか? 』というお客さんの視点で、もう一度、整体トレーニングの要点をまとめることです。

「なぜ、大須快福堂の施術で痛みがとれるのか?」まとめ

※渡辺さんがWord9ページ分の「なぜ、大須快福堂の施術で痛みがとれるのか?」をまとめたもの。

なぜ痛みがとれるのか。理論説明

実際に渡辺さんが作成した「なぜ痛みがとれるのか?」
※上図のテキストのみ(読みやすいよう加筆しました)

▶︎「大須快福堂の取り組み」

 痛みの原因は、骨格の歪みや疲労で筋肉が正常に伸び、縮みしていないこと。骨は単独では存在せず、主に筋肉に支えられているので、筋肉が固く動かなくなると、その筋肉に引っ張られて、骨格が歪みます。

 当院では、その骨格周辺についている筋肉=インナーマッスルを緩めていきます。そうすると、自然に骨格が整い、歪みがなくなり、痛みがとれます。筋肉は、強い力で伸ばされると、後で縮むという法則があります。せっかくマッサージやストレッチなどで、固まっている筋肉を伸ばして、動きがよくなったような気がしても、実際は、その後、伸ばされた反動で、筋肉は縮んでいて、マッサージやストレッチする前より筋肉が固くなってしまいます。

 ですから、当院では、押したり、もんだり、たたいたり、強い力で刺激は与えません。筋肉は、だらぁ~と脱力して、動かすと緩んできます。とくに骨周辺のインナーマッスルを緩んで動かすと痛みがとれます。押したり、もんだり、たたいたりされると体は、攻撃されたと思って、びっくりして力みます。

▶︎「人間の筋肉の仕組み」

 実は、人間の表面の筋肉は(表層筋)は、固くできています。では、どうして、筋肉は(表層筋)は固くて、どうやったら、その固い表層筋はやわらかくなるのか説明します。例えば、特に固いのが肩こりになる代表の筋肉の僧帽筋です。なぜ、僧帽筋がそんなに固いかというと、人間は進化の過程で4つ足動物だったとき、この肩周辺の僧帽筋が一番襲われやすかったので、この筋肉を固くして、外敵から身を守っていました。僧帽筋だけでなく、このため、表面の筋肉は固くなりやすいのです。そして、外敵がいなくなった今でも、この僧帽筋が固くなりやすいので、肩こりに沢山の人が悩んでいるのです。そして、僧帽筋は押したり、もんだり、たたいたりされると、外敵からの攻撃だと思い込んで、固くなってしまいます。

 なので、マッサージやボキボキする整体にいって、押したり、もんだり、たたいたりして、その場で気持ちよくて、楽になったような気がしてもその後、すぐに僧帽筋は今まで以上に固くなります。そして、マッサージに永年通われている方の背中は鉄板のように固くなってしまい、よけい肩こりになってしまいます。

▶︎「インナーマッサージ効果」

 では、どうしたら、僧帽筋はゆるむのでしょうか?実は、僧帽筋の下のインナーマッスルを動かされると、土台が動くので、僧帽筋は内側から緩まされて、ふにゃふにゃに柔らかくなります。これをインナーマッサージ効果といいます。インナーマッスルとは、骨周辺についている筋肉の事をいいます。僧帽筋の下のインナーマッスルとは、肩甲骨についている筋肉の事です。なので、固まっている肩甲骨を脱力して動かす事ができれば、僧帽筋は内側から動かされて、とってもゆるんでやわらかくなります。

▶︎「肩甲骨の仕組み」

 そして、肩甲骨は面白い骨で、肋骨の上に乗っているだけです。乗っているだけで、胸鎖関節で肋骨と繋がっているだけで、肋骨の上に乗っかっていて、浮いている構造になっています。肩甲骨は肋骨の上を本来は、自由自在に動くことができるのですが、ほとんどの現代人は、肩甲骨と肋骨の間にある筋肉、肩甲骨を腕の間にあるインナーマッスルが固まっていて、肩甲骨が自由に動いていません。当院では、そのインナーマッスルを楽に脱力しながら動かす体操をお教えして、そのインナーマッスルが動くように、私が触って、より動かせるようにしていきます。そうすると肩こりが楽になります。

 そして、簡単にたった1分もあれば出来る簡単な体操なので、職場や家で実践することでどんどん肩こりが良くなっていきます。しかも、疲れないので、老若男女だれでもできます。当院には、小学3年生~80代の方まで通われています。

▶︎「インナーマッサージ効果」

 また、肩甲骨が動くだけで、肩こりが軽くなりますが、根こそぎ肩こりがなくなるには、不十分で、肩甲骨の下の土台の肋骨や背骨を動かせると肩甲骨がさらに自由自在に動かせるようになります。例えば、上の方の肋骨を動かしてくださいといわれたら、動かせますか?背骨を一個一個動かせますか?当院では、肩甲骨を動かすと同時に、肋骨、背骨周辺の筋肉まで動かせれるようになる方法を教えています。

▶︎「筋肉が緊張する原因」

 そして、すべての痛みの原因は、筋肉の緊張なのですが「なぜ、そんなに筋肉は緊張してしまうのでしょうか?」今よりも、もっと、生活するだけでも大変で、井戸をくんだり、洗濯したり、一日中体を動かしていた、江戸時代の人には、腰痛・肩こりで悩んでいる人は、ほとんどいませんでした。今の方が圧倒的に生活するのが楽になったのですが、腰痛、肩こり、頭痛、しびれなど、体の痛みでお悩みの方は増える一方です。保険料が日本の財政を圧迫しています。なぜでしょうか?

 実は、その答えが骨盤にありました。左の図の人が、骨盤が寝ています。右の図の人は、骨盤が立っています。骨盤が立つと、背骨がその上にきて、頭が背骨の上にのります。頭は10キロ程あり、とても重いです。その頭を骨盤が立つ事で、骨盤で支える事ができるので、全く背骨の下のほうの筋肉や、肩の筋肉、首の筋肉で支える必要がなくなります。その結果、無駄な筋肉の緊張がとれて、筋肉がつかれにくくなります。ですので、腰痛、肩こり、首痛、股関節痛、足の痛み、痺れなど、すべての痛みが早く良くなります。

▶︎「痛みが再発しない体:骨盤を立てる」

 そして、骨盤が意識せず、自然に立つようになって、はじめて、今後痛みが再発しない体を作ることができます。骨盤が立つことを、立腰(たてごし)といいます。また、左の図の人は、骨盤が寝ています。骨盤が寝ていると。背骨が丸くなり、頭の10キロ程の重みは、肩や、首、背中にかかります。骨盤で支えることができません。そして、肩や、首、背中の筋肉を使って、いつもがんばって、力を入れて、座っていたり、たっていたりしています。ですので、その筋肉が疲れやすくなり、固くなり、腰痛、肩こり、首痛、股関節痛、足の痛み、痺れなど、すべての痛みの原因になります。

 痛みがよくなる一番の近道は、筋肉を緩まして、脱力すること。それと筋肉が固まらせている根本原因の骨盤を立てる=立腰すること。その上で、痛みのある場所、例えば、肩こりなら肩甲骨や肋骨周辺の筋肉を、股関節や膝なら股関節や膝周辺の筋肉をゆるんで動かせるようにして、インナーマッスルの緊張をとることです。

▶︎「骨盤を立てるメリット」

 また、立腰だと、骨盤が立つので、いつも骨盤周辺のインナーマッスルを使って座っていますので、ウエストがしまります。そして、ヒップアップします。実はお尻の筋肉をつけるとよけい、ヒップがさがります。骨盤が立つことで、勝手にヒップアップします。そして、背中の表面の筋肉をつかわなくなりますので、背中の筋肉がやわらかくなり、背中がやせてきます。(固まった筋肉は、血液やリンパの循環などがわるくなり、脂肪がつきます。)そして、胸がひらいて、女性はバストアップ、男性は胸板が厚くなります。立腰だと、歪みにくい体になり、筋肉が柔らかくなりますので、血液の循環がよくなります。

▶︎「現代人の問題」

 そして現代人は、特に体幹部=骨盤、肩甲骨、肋骨、背骨が動いていません。そこが緩んで自由に動かせるようになると痛みが軽くなり、しなやかな軽い体になります。赤ちゃんは、体幹部が動いています。体幹部=骨盤、肩甲骨、肋骨、背骨が動かなくなると、どうなるでしょうか?例えば、すべて腕の力(上腕二頭筋)で物を取ることになります。その時、もし肩甲骨が動くと、肩甲骨から物が取れるようになります。上腕二頭筋と肩甲骨周辺の筋肉、どちらを使った方がいいと思いますか?上腕二頭筋は、インナーマッスルではなく、小さな筋肉です。だからそこばっかり使って物をとっているととても疲れます。そして、上腕二頭筋に引っ張られて、猫背になります。肩甲骨から動くと、内部のインナーマッスルを使って物を取ることができます。

▶︎「インナーマッスルとは?」

 インナーマッスルは、とっても大きくて強い筋肉です。インナーマッスルは、じつはトレーニングができません。立ったり、座ったりのような、筋肉使っている感覚がない動きの時にインナーマッスルは使われています。筋肉を使ってがんばっている感覚ないけど、立ち座りできているということは、どこかの筋肉を使っているということです。そのどこかの筋肉が私達が意識せずに使っているインナーマッスルです。ですから、インナーマッスルを鍛えようと意識した瞬間、インナーマッスルではないより表面の筋肉をつかっています。インナーマッスルの発達している方は、イチロー選手です。見た目は、ムキムキでないけど、インナーマッスルはムキムキです。なので、40代でも活躍しているのです。

 肩甲骨から動くと、内部のインナーマッスルを使って物を取ることができますので、全く疲れません。なぜなら、インナーマッスルは、とっても大きくて強い筋肉だからです。そういうからだの使い方が出来ている方は、体幹部を使うことが出来る方です。体幹部を使えなくなると、筋肉が固くなり、体が重くなり、痛みや不調がでやすくなり、固たまった筋肉の上に脂肪がつきますので、背中やお腹に脂肪がつきやすくなります。

▶︎「インナーマッスルから動くことができると?」

 体幹部を使って体を動かす事ができるようになると、筋肉が柔らかくなり、体がかるくなり、痛みや不調を感じない体になり、背中やお腹に贅肉がつきにくい、スタイルがよい体になります。そして、特に大事な骨が骨盤です。腰痛はもちろんの事、首、肩などの上半身の痛みにも骨盤は大事です。

私が提供する全てものに、
目的・特徴・ベネフィット(得られること)がある。

 一つ一つのことに意味付けすると価値を感じてもらえる。そして、お客さんの方から、やりたいと思ってもらえるようになる。しかもそれは、お客さんにとって『分かりやすい』ものでないといけない。分かりやすくしないと、お客さんは理解できないから伝わらないので、興味も沸かない。

 例えば、、、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は、ドラッガーという難しそうで、読む気が起きないものを、すごく分かりやすく、翻訳してあげてる。だから、本来の価値が伝わって、理解してもらえるから、興味を持ってもらえる。

 「大須回福堂」の整体トレーニングは、30パターン以上ある体操の一つ一つにベネフィットがある。それをお店で体操を教えるときに、意識して、目的・特徴・ベネフィットを伝えることを今日から実践していくと良い。そうすると、そのトレーニングの価値がより伝わり、実践してもらえて、そのお客さんの望む効果が得られるようになる。結果的に、リピートアップにも繋がっていく。

 例えば、「次回は、○○のトレーニングをやりますよ。目的は、○○で、ベネフィットは、○○です」と話すと、何も説明がない時に比べると、お客さんは来たくなる。

整体院の選ばれる理由(USP)について

 何を提供しているのか?:トレーニングの説明以外に、お店では何をやっているのか?トレーニングだけではなく、治療もしているので『具体的に何をしているのか?』『治療の目的』を次回までにまとめてくる。(これが次回までのトライ)

 また、お客さんが『お店にくる目的』は二つある。
理由①:私が施術したり、体操を教えたりして、その場で痛みをとる事。
理由②:家でさらに良くする為にする体操が自己流になったり、やり方が間違っていると効果が半減するので、正しいフォームを覚えてもらう事。それをやると『自分自身で治す力が高まる。』

 これができたら、それが、他のライバルに勝つ選ばれる理由(USP)になる。USPはライバルとの差別化で選ばれる理由ですね。ライバルに勝つ!という意味ではない。ライバルと喧嘩しなくていいようにUSPを作るということ。

お客さんは『あと何回来れば痛みがなくなるのか?』
不安だから、治療計画書を作って提示する。

 痛みをとる為に、10回かかります。姿勢正す為に 10回かかります。『とりあえず10回の施術、5万円あれば、だいたい痛みが楽になるんだな?』と思ってもらえる。とりあえず、『10回がんばってみるか』となる。お客さんは、整体師は「治る、治るというけど、いつ治るのか?」と思っているから。

 そして、改善したお客さんの声や変化の写真、理論説明などと資料として差し上げたり、お店に貼るといい。これは、お客さんとのコミュニケーションツールの一つ。お客さんと私とのコミュニケーションエラーがあると、お客さんと共感できない。

 だから、毎回整体の前後の痛みを数字で表して、それをグラフ化していく。それをお客さんと毎回共有する。グラフ化すると、反応がよくないお客さんも、実は良くなっていたとか、分かっていい。『あ~軽くなった』という体感しか話からなかったのが、目に見えるようになると納得度があがる。

次回までのトライ

 今回は、お客さんの目線になるのが、まだまだ甘かったと感じました。なっているつもりが全然まだまだなっていなかったを納得しました。

 そして、今日から、お客さんのやる気・ワクワク感を引き出すために、早速、ベネフィットと目的を、わかりやすく、お店で説明しながら、体操指導したり、施術したりしていこうと思いました。山下さん分かりやすい説明をありがとうございました。次回のトライも楽しんで実践してきます。

▶︎第5回の個別相談を終えての解説(山下)

「どういうお客さんを集客したいのか?」これを忘れちゃいけませんよね?そのために、一番初めに顧客データを集計して、メインで集客する顧客「誰に」を決めたのですから

このお客さんが「この整体院に行きたい!」って思ってもらうために、集客してるんですから。このお客さんの立場になって、物事を考えましょう。そう考えると、今回作った整体理論は、難しい言葉や今まで聞いてきた事ばかりの話になってましたよね?実際に、ゆうこさんの整体院にきている、坐骨神経痛の◯◯さんを思い浮かべて、「◯◯さんだったらどう思うだろう?」と考えてみましょう。

整体トレーニングで痛みを解決する理論はまとまってきたので、今度は整体院で何を提供するのか?を明確にしましょう。コンセプトの「何を提供するのか?」を明確にするために。痛みが解決する理屈は分かりました。では、整体院で行う整体の「目的・それぞれの内容、詳細・それぞれに何が得られるのか?」を明確にしていきましょう。

ゆうこさん自身も、ごちゃごちゃしてうまく説明できなかった内容が、だんだんと明確になってきましたね!とても素晴らしいと思います。理論も19ページ作ってきましたからね。ホントすごいです!

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】第4回目

第6回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第4回個別相談

【整体院ブログの集客力を飛躍的に高める!既存顧客の分析3つのポイント】

第6回個別相談

【「分かりやすい!」と顧客に価値が伝わる整体院ブログを作る5つの改善ポイント】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA