まさにヨットは人生の縮図!クック海峡横断のためのヨット練習

ヨットは、スキッパーの人生をまさに正直に表すものだと思う、山下裕司です。

今日は、福岡市西区にある小戸ヨットハーバーで、ディンギーヨット乗ってきました。

今日のヨット乗船の目的は、僕の仲間がニュージーランドのクック海峡、23~45kmをディンギーヨットで渡る冒険をするということで、僕はサポート役として今回はクルーとして練習に付き合ってきました。

今日は風速8〜10m/s。風強し!

アビームでどんどん突き進んでいきましたが、風と潮流でグイグイ西へ西へ流される。タックを試みると、沈しかけるほどのコンデション。仲間の技術や人間力ディンギーヨットでの能古島一周は回らずに、1時間ほど乗船練習して戻りました。

今日は風速8〜10m/sと結構強めの風だったのですが、そもそも風がないとヨットなんて進まないし、ヨットを愉しめることなんてできません。無風だと進まないし、3m/sくらいの中を走ってもスピードが出ません。こんな風や潮流が強い時ほど、ヨットや海を愉しみ尽くせる。もちろん安全第一で。

まさにヨットは人生の縮図。

風がないと、進まない。毎日同じことを淡々とこなしていても、人生に追い風も向かい風も来ることなんてないんです。冒険しないと、日々を真面目に頑張って生きないと、人生に風が吹くことありません。

そして、やっぱりヨットや海を愉しみ尽くすには、仲間が必要なんです!一人で見る景色なんて一人でしか味わえないんです。一人では見れない景色を仲間と見に行くんです。仲間と頑張るかから大きなものが見れるんです。

ホントに人生と一緒!ヨットは人生の縮図だ!さあ、今日も行くぜ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA