短期間で予約率UPさせる整体院ブログ5つの改善ポイント

整体院ブログ手順6ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質技術を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順6】

整体院コンサルティング6回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年05月13日

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール】

第5回目個別相談

第6回目の個別相談の内容

大須快福堂

【第6回目の個別相談の内容】

  • 前回に引き続き「大須快福堂で提供する価値は何か?」を素人でも分かるようにまとめる
  • 整体トレーニングの要点(価値)レポート5つの改善点をアドバイス

「③:商品コンセプト作成」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

 お客さま視点に立ち、もう一度、整体トレーニングの要点をまとめることが今回のトライでした。私がターゲットにするお客さんが持つ、以下の質問に納得できる答えを返すというものです。『今までどこの治療院に行っても、痛みが治らなかったのは、なぜか?』『じゃあ、なぜ当院「大須回福堂」だと、痛みが改善できるのか?』

 その今回のトライを山下さんが『こんなにすごいとは思っていませんでした。』と誉めてくれて、山下さんの期待を超えれて嬉しかったです。

 最近来られた坐骨神経痛の○○さんの事を思い浮かべて書いたのが、良かったです。これが『顧客目線』というものなんですね。ターゲットとする坐骨神経痛の○○さんの事を思い浮かべてかけば、失敗はない。今までの、私はすべてを感覚で仕事していました。お客さんに対してのサービス評価も自分の感覚のみで「よかった~」などと感じていました。

 その自分の持っている感覚に、見える化を活用した言葉による『論理』をプラスして、五感に訴えられるようにすると完璧だと感じました。治療家の多く人は、感覚的な方が多いので、視覚的にも見えるように、そしてプラス論理的に分かりやすいと、それだけで納得してくれて、差別化になる。

整体トレーニングの要点:レポートの確認

レポート①「どこの治療院に行っても治らないのは、なぜ?」

※下記は、渡辺さんがWord2ページ分にまとめたもの。

今までどこの治療院に行っても、痛みが治らなかったのは、なぜか?

実際に渡辺さんが作成した「どこの治療院に行っても治らないのは、なぜ?」
※上図のテキストのみ(読みやすいよう加筆しました)

▶︎【どこに行っても治らないのは、なぜ?】

 今までどこに行っても痛みが治らない原因は、当院では、生活習慣・カラダの使い方・姿勢・特に座り方が良くないからだと考えています。腰痛、肩こり、首コリ、足のシビレなどの痛みの原因は、病院に行ってMRIを取ると、椎間板ヘルニアなどの背骨の異常といわれたり、整体・カイロ・接骨院では、骨格歪み、筋肉の疲労、血流が悪いなどと言われますが、ではなぜ、椎間板ヘルニアになったり、骨格が歪んだり、筋肉が疲労したりしてしまったのでしょうか?

▶︎【痛みの原因は、何?】

 もしあなたが、重い荷物を運ぶ仕事をしてたら、その仕事が原因だといわれるかもしれません。しかし、重い荷物を運ぶ仕事の人全員が、坐骨神経痛などの痛みがでるのでしょうか?痛みが出る人もいれば、でない人もいるのではないのでしょうか?その為、原因は仕事ではありません。

 骨格の歪みによる痛みというのも、確かにあります。しかし、骨格が歪んでしまった原因はなんでしょうか?整体に行かなくて、骨格を整えてもらわなかったから痛みが出たわけではないのです。痛みがある方は、骨格が歪んでしまうような、知らず知らずにやっている姿勢があるはずです。

 筋肉が疲労して、固くなっているから痛みがでると思っている方も多いですが、なぜ、その一部の筋肉のみ疲労してしまうのでしょうか?きっと、その一部の筋肉を過剰に使ってしまっている姿勢があるはずです。とくに、カラダに負担がかかるのが、よくない座り方です。

▶︎【問題は良くない姿勢(座り方など)】

 『整体、マッサージなど、どこに行っても、その場で痛みが軽くなった気はする時があるけど、すぐあとでまた痛くなる』という声をよく聞きます。その原因はなんでしょうか?痛みの原因は、今まで知らず知らずにやってきた、よくない姿勢(とくに座り方)ですので、家に帰ってからまた、痛めたときと同じ姿勢をしていたら、原因が根本的に変わっていないので、また痛めてしまいます。

▶︎【当院が他院と違うこと。姿勢を変えていく

 私は、7年以上の長年の整体経験から、こちらが長時間施術するよりも、各人がカラダのレベルをあげて、治す方法を実践した方が、圧倒的に治るスピードも早いし、根本からよくなる事がわかっています。当院では、根本的に痛みがなくなって、『根本回復・根本復活』するように、生活習慣、特に良くない姿勢を楽に座れる良い姿勢にかえていきます。

▶︎【良い姿勢とは、何か?】

 皆さん、良い姿勢をしようとすると、背中をピッとまっすぐにするとおもいますが、実はそれは良い姿勢ではありません。この姿勢はしんどいので10秒ももちません。背中をピッとすると背中の筋肉でカラダを支えていて、そこが疲労して、痛みが出やすいです。

 正しい楽な姿勢というのは、立腰(たてごし)といって、骨盤を立てることです。下の図をみてください。左の人と右の人、どちらの人の姿勢がいいと思いますか?もちろん、右の人ですよね?左の人は、骨盤が後傾していて、背骨がまがって、10キロ程ある頭の重みが、首の骨や、背骨にかかっているので、首、肩、腰の骨や筋肉に異常に負担がかかり、痛みが出やすいです。右の人は、立腰(たてごし)といって、骨盤が立っていて、背骨がその上にのっていて、その上に頭がストンっとのっています。なので、10キロ程ある頭の重みが一部の背骨にかからず、骨盤で支えられるようになります。これを骨で座るといいます。その結果、痛みがでない体になります。

▶︎【立腰が改善への最短の道

 この立腰を身につけることが、痛みをとる為の最短の道です。当院では、私がその人の状態に応じて、施術をして、また、立腰に自然に勝ってになってしまう体操をお教えしています。その体操は、いつでもどこでもできるような簡単な体操なので、家や職場で実践していくうちに、家でも体をよくすることができる、『自己整体法』です。それをやっているうちに意識しなくても、姿勢がよくなり、痛みが楽になっていきます。

レポート②:整体院で行う整体の目的

※下記は、渡辺さんがWord1ページ分にまとめたもの。

整体院で行う整体の目的

実際に渡辺さんが作成した「整体院で行う整体の目的とは?」
※上図のテキストのみ(読みやすいよう加筆しました)

 整体院で行う整体の「目的・それぞれの内容、詳細・それぞれに何が得られるのか?」

▶︎【整体院では、痛みが取れる体操を指導】

  痛みを取る為には、正しい姿勢にがんばってなるのではなく、意識せずになることが重要です。正しい姿勢とは、まずは、立腰(たてごし)・次に猫背をなくし、肩甲骨が良く動くようになることです。当院では主にその状態に自然になってしまう体操、体操をやっていれば、自然に姿勢がよくなり、痛みが取れる体操を指導しています。

▶︎【体操と同時に筋肉を緩める】

 そして、整体院では、体操を指導すると同時に、その方に応じて、その方の姿勢を悪くしてしまっている筋肉をゆるめて脱力させ、固まってしまっている骨格が動くように、優しく整体をしています。ボキボキしたりせず、全く痛くないので安心してください。その整体をすることにより、家や職場で体操しているだけだと、筋肉がゆるまない、脱力できないところの力が抜けるようになり、また、骨格をご自身が思っている以上のところまで動かす事ができるようになり、より早く、痛みがとれます。

▶︎【正しいカラダの動かし方を覚える

 また、体操が自己流になって、間違って覚えていると、効果が半減します。整体にくる事により、正しいカラダの動かし方を覚える事ができるので、自分自身で治す力が高まります。整体に来る事により、今のあなたの体の状態をみる事ができるので、痛みがでている原因の座り方以外にも、知らず知らずにやっているよくないカラダの動かし方をかえることができるので、早く痛みがとれます。また、その方の今の状態をみて、どこの筋肉や骨格が変わったら、よい状態になるのかわかりますので、今あなたに一番必要な体の動かし方を指導することができるので、早く痛みがとれます。 

整体トレーニングの要点(価値)レポート5つの改善点

私が行う改善点は、、、

【改善点①】:自分の主張の後に、「説明」や「理由」を書く

 仕事ができる人や話が納得できる人の話し方と一緒。「こういう改革をします。なぜならばこういう問題があるからです。こういう計画で半年後までに完成予定で、誰が責任者となって進めます。」という話だと説得力がある。

 しかし、主張だけだと、何にも響かない。「こういう改革をします!私を信じてください!」と言われても、説得力がない。

【改善点②】:お客さんから見て、分かりやすいを考える

 整体トレーニングの要点をまとめたレポートで、何度も痛みの原因は『座り方』と出てきたので、途中で「これが良くない座り方なんですよ。」と絵や説明をいれると『あっ、俺と同じだ。これ俺のことかな?』と興味が出てくるから可能性があるから、そういう文をいれるといい。

 整体トレーニングの要点をまとめたレポートを読んでいると、何度も悪い座り方というのが出てきたので、いい加減に教えてほしいとと思うだろうと思った。

【改善点③】:みなさんではなく、一人に送るメッセージにする

 「その人」にあった方法で・・・という文中の「その人」を「あなた」に変える。「私のこと?」と思ってもらえないと、読んでもらえないし、行動してもらえない。

【改善点④】:お客さんが分かる言葉で表現をする

 「からだのレベルがあがる」という表現は、意味が分からない。「スーパーサイヤ人になるんですか~?」(笑)といわれ、面白かったです。自分が、かっこいいなという表現ではなく、お客さんに伝わる言葉を使う。

【改善点⑤】:商品サービスの価値を伝えるために、分かりやすさが重要!

本だけみてもできるんじゃないか?という感じがあるから。

「自己整体法の5つのメリット」

  1. 正しいフォームでやらないと、よけい痛みがでる。効果が出ない。
  2. 正しい動きができない場合があるから、その場合は、私がその固くなっている筋肉を緩めて、骨格を整えて、私が正しい動きができるように整体をするから早く良くなる。
  3. その場で痛みをとるから、早く良くなる。
  4. 痛みや体の動きにも段階があるので、それに応じて今のあなたに一番効果があるものを教えるので早く改善する。
  5. あなたの体の動きの段階よりも、少し先のものをお教えしてので、カラダが早くよくなる。

 ずっと同じ段階の体操ばかりだと、ある程度までは良くなっても、その先にさらに良くすることができない。これに関しては、次回までのトライ。整体トレーニングの要点を改良して、お客さんに、見せれるように、小見出しや絵を入れて、完成バージョンをつくること。分かりにくい・見えにくいと読んでもらえない。

なぜ痛みがとれるのか。理論説明

整体とトレーニングが一緒になったサービスで、お客さんは何が嬉しいのか?

 「大須回福堂」では、トレーニングだけではなく、整体施術もしているので、『具体的に何をしているのか?』『整体の目的は何か?』をまとめてくるのが、今回のもうひとつのトライでした。

 これは、『それで結局、何がいいたいの?』というお客さんに伝わらない文章になっていたので、その目的、手段を山下さんにまとめてもらったら、すごく分かりやすくなりました。目的、手段の文章を書いているうちに、だんだんとブレいたので、次回から、その軸を最初に考えて文章を書こうと思いました。ようやく、自分がやってサービスやその価値は、文章でアウトプットできるようになったので、次のステップで『分かりやすく伝える』という段階を意識します。

お客さんが整体院にくる「目的」

「早く痛みを取ること」

目的を達成させるための「手段」

 その目的を達成するために「大須回福堂」では具体的に何をしているのか?

  • 手段①:体操・・・自然に姿勢がよくなり、痛みが取れる体操を指導。
  • 手段②:整体・・・姿勢を悪くしてしまっている筋肉をゆるめて脱力させ、固まってしまっている骨格が動くように、優しく整体

 目的を明確するから、伝えたいこと根っこが伝わる。最初は、枝葉の部分は、まだ伝わらなくてもいいので、「何が伝えたいのか?」根っこをしっかりさせて、根っこの『立て腰』が伝わればいい。

  • 「体操が自己流になってしまうと、なぜダメなのか?」もっと、伝わるように書く。そこが、整体院にくる理由だから。
  • 体操していれば自然に姿勢がよくなることは、すごい事なので、そのお客さんが得られるベネフィットを、もっと伝える。

「手段」の具体的な内容

 「整体院にくる目的」「その目的を達成させるための手段」が明確になったので、「手段である体操・整体が、具体的に何をしているのか?」をまとめる。

●「手段①:体操」・・・30種類の体操一つ一つの効果やお客さんが得る利益をまとめる。
 これが並んでいると、真剣に悩んでいる人は見るし、並んでいるだけで、信頼感、安心感、やってみたいな~とお客さんは思う。また、体操が自己流にならないように注意点も書くといい。

●「手段②:整体」・・・整体は、その場で痛みを取る事と、正しい体操ができるように、整体で、筋肉、骨格を動かし、可動域を広げる事。

その具体例も書くといい。(例えば、開脚の体操できない人には、その原因となる大腰筋を整体でゆるめて、開脚してから、体操するとすごい効果がでるなど)100個のことを教えても伝わらない、1つのことを教えてあげるといい。「まあ、いい話を聞いた」という100個を伝えるより、ハートにズキュンとくる『あっ!!これ 刺さるわぁ~』という1つを書く。

次回までのトライ

売れる商品コンセプトの

  • 誰に提供するか?
  • 何を提供するか?
  • 選ばれる理由(USP)のうち、「誰に提供するか?」「何を提供するか?」が決まった。

 次は、選ばれる理由(USP)をつくるため、準備としてライバルの研究する。自分が集客で狙っている検索キーワード『整体 名古屋・坐骨神経痛・ヘルニア・頭痛・側湾症・首痛』などで、検索の1ページ目の商品がどんな商品か、研究する。それに差別化できる、選ばれる理由をつくること。

 山下さん、分かりやすい個別相談ありがとうございました。手段、目的をまとめてもらったら、すごくわかりやすくて、ビックリしました。

▶︎第6回目の個別相談を終えて解説(山下)

今回は「顧客に価値が伝わる整体院ブログを作る5つの改善ポイント」をお伝えしました。

サービスの価値や内容は明確になっても、お客さんに分かりやすく伝えたいことを伝わらないと集客はできません。集客するためには「何を・どう伝えれば、お客さんには伝わるのか?」という意識を持ってまとめてみましょう。

お客さんに分かりやすく伝えたいことを伝える練習ですね。ゆうこさんのサービスは明確になってきた。今度は、「何を・どう伝えれば、お客さんには伝わるのか?」という意識を持ってまとめてみてください。

そして、お客さんの五感全てを刺激してあげるサービスを考えましょうね。

  1. 触覚・・・施術
  2. 聴覚・・・納得できる説明・傾聴など
  3. 視覚・・・目で見える資料・点数化など
  4. 味覚・・・?
  5. 嗅覚・・・?

いろんな感覚を刺激してあげると満足度が上がります。

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】第5回目

第7回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第5回個別相談

【知っておくとブログ集客力UP「なぜ痛みが改善するのか?」整体の価値を知る方法】

第7回個別相談

【覚えておきたい!整体院ブログで顧客から信頼を得るための4つのポイント】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA