簡単!整体院ブログの予約率を高める4つのポイント

整体院ブログ手順7ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質技術を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順7】

整体院コンサルティング7回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年05月15日

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール】

第5回目個別相談

第7回目の個別相談の内容

大須快福堂

【第7回目の個別相談の内容】

  • 「他では改善しない痛みが、大須快福堂だと改善するのは、なぜか?」をまとめる
  • お客さんの信頼を獲得する整体院ブログの記事の書き方4つのポイント

「③:商品コンセプト作成」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

・『今までどの治療院に行っても、痛みが改善しないのは、なぜ?』
・『なぜ当院「大須快福堂」だと、痛みが改善できるのか?』

 この理由を、お客さん目線で書いて、お客さんが納得できるレベルまで作り込んでくる。というトライを行い見てもらいました。「納得できる内容になってきた」と誉めてもらい嬉しかったです。

整体トレーニングの要点:レポートの確認

レポート「なぜ、当院では痛みが改善できるのか?」

※下記は、渡辺さんがWord12ページ分にまとめたもの。

なぜ、当院では痛みが改善できるのか?

実際に渡辺さんが作成した「どこの治療院に行っても治らないのは、なぜ?」
※上図のテキストのみ(読みやすいよう加筆しました)

▶︎【今まで、どこに行っても痛みが治らない原因】

 当院では、生活習慣・カラダの使い方・姿勢・特に座り方が良くないからだと考えています。なぜなら、当院では、9年間で、2500人以上の方がいらしています。ほとんどの方は、当院に来られる前に、整形外科、接骨院、整体、マッサージ、カイロプラクティック、ハリなどさまざまな所に通われていました。そして皆さん、たとえその場でその痛みはよくなっても、すぐ後で痛くなったり、痛みが再発して、何度も同じような痛みで困っておられました。そして、当院に来られます。私は、皆様の生活習慣・特に座り方を調査してきました。

 そうすると、治療をうけていても、姿勢が変わっていなくて、特に痛みを作ってしまう座り方をしている方ばかりでした。その為、痛みが再発していたのです。当院では、あなたの痛みが根本的にとれて、もう再発しない体になってほしいので、徹底的に姿勢・座り方にこだわって、意識しなくても、自然に良い姿勢・座り方になれる体になるように皆さんの体をかえていきました。

 その結果、整体だけをしていた時と比べると、驚くほど早く皆様の痛みが取れるようになり、再発しない元気なカラダになりました。その為、痛みの原因は、生活習慣・良くない姿勢・特に座り方だと考えています。

▶︎【えっ!!私の痛みの原因は、椎間板ヘルニア、歪み、筋肉疲労、血流障害といわれたんですけど】

 腰痛、肩こり、首コリ、足のシビレなどの不調の原因は、病院に行ってMRIを取ると、椎間板ヘルニアなどの背骨の異常といわれたり、整体・カイロ・接骨院では、骨格歪み、筋肉の疲労、血流が悪いなどと言われますが、ではなぜ、椎間板ヘルニアになったり、骨格が歪んだり、筋肉が疲労したりしてしまったのでしょうか?

 もしあなたが、重い荷物を運ぶ仕事をしてたら、その仕事が原因だといわれるかもしれません。しかし、重い荷物を運ぶ仕事の人全員が、坐骨神経痛などの痛みがでるのでしょうか?痛みが出る人もいれば、でない人もいるのではないのでしょうか?その為、原因は仕事ではありません。骨格の歪みによる痛みというのも、確かにあります。しかし、骨格が歪んでしまった原因はなんでしょうか?整体に行かなくて、骨格を整えてもらわなかったから痛みが出たわけではないのです。痛みがある方は、骨格が歪んでしまうような姿勢を知らず知らずにしているはずです。

 筋肉が疲労して、固くなっているから痛みがでると思っている方も多いですが、なぜ、その一部の筋肉のみ疲労してしまうのでしょうか?きっと、その一部の筋肉を過剰に使ってしまっている姿勢があるはずです。とくに、カラダに負担がかかるのが、よくない座り方です。

▶︎【いろいろなところで治療して、すぐ痛くなるのは、なぜ?】

 『整体、マッサージなど、どこに行っても、その場で痛みが軽くなった気はする時があるけど、すぐあとでまた痛くなる』という声をよく聞きます。その原因はなんでしょうか?痛みの原因は、よくない姿勢(とくに座り方)ですので、家に帰ってからまた、痛めたときと同じ姿勢をしていたら、原因が根本的に変わっていないので、また自分自身で知らず知らずのうちに、痛めてしまいます。それで、また良くなったとおもっても、痛みがでるのです。

▶︎【良くない座り方とは?】

 良くない座り方は、下の図のように、猫背で、腰がまるまって、首が前に出て、骨盤が後傾している姿勢です。

▶︎【根本的によくなるには?】

 私は、9年以上の3万4000回以上の整体経験から、こちらが長時間施術するよりも、各人が自ら治す方法を実践した方が、圧倒的に治るスピードも早いし、根本からよくなる事がわかっています。当院では、根本的に痛みがなくなって、『根本回復・根本復活』するように、生活習慣、特に良くない姿勢を意識しなくても、楽に座れるような良い姿勢にかえていきます。

▶︎【良い姿勢とは?】

 皆さん、良い姿勢をしようとすると、背中をピッとまっすぐにするとおもいますが、実はそれは良い姿勢ではありません。この姿勢はしんどいので10秒ももちません。背中をピッとすると背中の筋肉でカラダを支えていて、そこが疲労して、首・肩・腰・背中などの痛みが出やすいです。

 正しい楽な姿勢というのは、立腰(たてごし)といって、骨盤を立てることです。下の図をみてください。左の人と右の人、どちらの人の姿勢がいいと思いますか?もちろん、右の人ですよね?左の人は、骨盤が後傾していて、背骨がまがって、10キロ程ある頭の重みが、首の骨や、背骨にかかっているので、首、肩、腰の骨や筋肉に異常に負担がかかり、痛みが出やすいです。

 右の人は、立腰(たてごし)といって、骨盤が立っていて、背骨がその上にのっていて、その上に頭がストンっとのっています。なので、10キロ程ある頭の重みが一部の背骨にかからず、骨盤で支えられるようになります。これを『骨で座る』といいます。その結果、肩、首、腰の骨や筋肉に負担がかからないので、痛みがでない体になります。

 この、立腰(たてごし)を身につけることが、痛みをとる為の最短の道です。当院では、私があなたの状態に応じて、整体をして、また、立腰(たてごし)に自然に意識せずになってしまう体操をお教えしています。

▶︎【よい姿勢をしようと、頑張ってはいけません】

 姿勢をいつも意識している事はできません。意識しようとしていると、それがストレスになってしまいます。そして結果的に、よい姿勢を維持するのがいやになってしまいます。また、よい姿勢を維持しようとすると、ほとんどの方は、背中をピッと伸ばします。その結果、背中の骨・筋肉でカラダを支えますので、そこが疲労して、首・肩・腰・背中などの痛みが出やすいです。その為、『姿勢をよくするぞ!!』とがんばってはいけません。姿勢を意識してはいけません。

 ただ、正しく立腰体操をやっていれば、自然に背骨を使わず、骨盤で立てるようになります。骨盤で立てると、背中の骨・筋肉で体を支える必要がなくなり、体が根本的に、脱力します。根本的に脱力するには、筋肉を緩めるだけでは不十分です。根本的に脱力するには、骨盤を立てて、筋肉で体を支えるのでなく、骨で体重を支える姿勢を身につけることです。そして、正しく立腰体操をすると、意識しなくても自然に良い姿勢になり、いつのまにか、楽に良い姿勢が維持できるようになり、痛みがとれます。

▶︎【いつでもどこでもできる自己整体法】

 その体操は、いつでもどこでもできるような簡単な体操なので、家や職場で実践していくうちに、家でも体をよくすることができる、『自己整体法』です。それをやっているうちに意識しなくても、姿勢がよくなり、痛みが楽になっていきます。

▶︎【立腰体操は正しいフォームでやると効果がある】

 ただし、この立腰体操は、正しいフォームでやらないと、よけい痛みがでます。今までと同じように腰を使うのではなく、骨盤を上手に使わないと効果がでないばかりではなく、よけい腰を痛めてしまうことがありますので、自己流にならないように、専門家について正しく指導してもらう必要があります。

▶︎【整体して、固まっている筋肉を緩めて、骨格の可動域がますから、無理なく姿勢がよくなり、痛みが取れます】

 また、カラダが固まっていると、正しい動きで体操ができません。その場合は、あなたの状態に応じて、姿勢を悪くしてしまっている筋肉を緩めて脱力させ、固まってしまっている骨格が動き、可動範囲が増えるように優しく整体をするので、正しい動きができるようになります。その為、姿勢が良くなり、早く痛みが楽になります。ボキボキしない、全く痛くない整体なので安心してください。

▶︎【整体して、その場で痛みを軽くします】

 また、痛みがある場合は、整体してその場で痛みをとるから、早く良くなります。しかし、立腰姿勢を身につけずに痛みをとっても、また再発してしまいます。痛みを取りつつ、その上で立腰を身につけることが根本回復になります。

▶︎【あなたの痛みや体の動きの段階に応じた体操をオーダーメイドします】

 痛みや体の動きにも段階があります。あなたのその段階に応じて、今のあなたに一番効果がある段階の体操をお教えしていくので、無理なく回復の階段を上り、早く良くなります。あなたの痛みや体の動きの段階に応じて体操をやっていくので、老若男女誰でもできます。当院では、小学生~80代の方まで来られています。

▶︎【再発しない体、スポーツ・旅行など好きな事をいつまでも楽しめる体を作ろう】

 ずっと同じ段階の体操ばかりだと、ある程度までは痛みがなくなっても、その先さらに、もう再発しない体、沢山動いても痛みのでない体をつくるまではできません。ですので、あなたの今の体の動く段階よりも、少し先のものをお教えして、体をトレーニングしていくので、カラダが早くよくなり、再発しない、そして、沢山動いて好きなスポーツ・旅行・お仕事などができる元気溢れる体になっていきます。

▶︎【当院でやる整体とは?】

 良い姿勢にならなくしている、筋肉を緩めて痛みをとります。たとえば、下の図のように、猫背で座ってしまう原因のひとつは、お尻の筋肉がカチカチに固まっていて、お尻に引っ張られて、骨盤が後傾してしまうことです。その結果、猫背になり、痛みがでています。

 その場合、まずお尻の筋肉を緩めます。そうすると、楽に、下の図のように、骨盤で体を支える、立腰で座れるようになり、痛みがとれます。体操は、正しいフォームでやらないと効果がでないので、正しい体操の動きができるように、動きを阻害している筋肉をゆるめます。例えば肩甲骨を動かす体操の場合、肩甲骨が固まりすぎて、動きが悪い場合があります。その時は、肩甲骨を固めてしまている筋肉を緩める整体をします。

 その結果、肩甲骨が良く動くようになり、正しいフォームで体操ができるようになり、肩こり、首コリなどの痛みがとれます。

お客さんの信頼を獲得する記事の書き方4つのポイント

その上で、より良くなる点は、、、

【改善点①】:実績に国家資格があれば掲載する

 お客さんの体を触るから、国家資格(理学療法士など)があると信頼してもらえやすくなる。私は残念ながら、国家資格ないけど、整体学校で整体を教えていたので、素人に毛がはえた程度の人(笑) ではないと分かるから、何人ぐらいの人を教えてきたと、さらっと、くどくならないように書くといい。お客さんの信頼を高める為のものになる。

【改善点②】:実績は具体的にイメージできるくらいに

 9年間で2500人を診てきたというのを、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、頭痛、重度の肩・首こり・側湾症など、これから集めたい人の症状名を入れるといい。

【改善点③】:一貫性を持った想いや理念を出す

 当院では再発させない整体を行うために、こういうことをやっています。なぜなら、こういう想い・理念があるからです。想いや理念だけを書くと嘘っぽくなる。

 例えば「私は世界平和を願っています!」と言いながら、何も行動してないとなると、その想いや理念も嘘っぽく感じる。理念や想いを実現するために、こういう手段で、こういうことをやってます。と想いと行動が結びついてないといけない。一貫性が重要。一貫性があれば、信じてもらえやすい。逆に一貫性を感じられないと、全てが嘘っぽく見えてしまう。

【改善点④】:信じてもらえる表現にする

 「座り方を調査してきました。」という表現は、調査会社でないので『ほんとかな~?』と思われる。『去年1年間、当院に来られた325人のお客さんをカウンセリングや施術を通して調べた結果、良くない座り方が共通していました。』にすると真実味がある。写真や動画などの証拠を見せると信じてもらえやすい。

大事なことは、相手の気持ちに寄り添って書く。

 「椎間板ヘルニアになって、病院では手術といわれたし、整体いっても治んないし、痛み止めの薬にずっと頼っていかないといけないのかなぁ~。」「薬ばっかり飲んでても、体にわるいし、飲み続けたくないな~。いったいこれからどうすればいいのか。」と悩んでいる人に、

  • 「なんか、この整体院は、他のところと違う。」
  • 「この先生なら、希望の光になるかもしれない。」
  • 「安心させてくれるかもしれない。安心させてほしい。」
  • 「手術せずに、この痛みがとれるなら、いくらでも払う。」と思ってもらえるように。

 『ここは、そのあなたの想い・状況を受け止めてあげれるところですよ。安心して任せていいですよ。本当に困っている人を何とか助けてあげたい。』と、いうメッセージが文章からにじみ出てくる事が大事。

私は、アンテナ・感受性が高いから、普通の対面コミュニケーションでそれができている。
整体院では、五感(表情、言葉、声、触れて)すべて使って、文章や、ビデオなどを使って、インターネット上に発信すればいいだけ。その為に、「相手がどう思っているかな~?」という意識で書く。困っている○○さんが目の前にいる。

 「どういう風に書けば、分かるかな~?くどくないかな~?」と考えながら書く。ターゲットの人の写真をみながら、この人はこういう状況で、こういう感情になっている。と本当に困っている○○さんをイメージして書く。

 そこまで、できているライバルは少ない。だから、ブログは、お客さんの気持ちに寄り添えると、最高のコミニュニケーションのツールになる。自分の主張だけをした100ページの記事を書くより、10ページでもお客さんの気持ちに寄り添っている記事を書く方がいい。

なぜ大須快福堂は痛みを改善できるのか?

選ばれる理由(USP)を作る時の注意点

 「USPを説明する文章が長くなりそうだけど、どうしたらいいでしょうか?」の質問について。USPは、短くて理解されるのであれば、短くていい。短くて、いいUSPだと、伝えやすいからお客さんが口コミを起こしてくれる。

 渡辺先生のところっていいよ。『○○○(USP)』ですごいのよ。って伝えてくれるから。そうすると、ブログ集客30人で、ブログから来てくれた人が、口コミ紹介で10人、20人紹介してくれる。(これは最高です。)

口コミ紹介を生み出す、見える化の活用法(第三者への伝え方)について

 口コミ紹介を生み出すためには、商品サービスの価値を知っていただく必要がある。その上で、伝えてもらうことが必要。

「口コミ紹介を生み出す流れ:基本ベース」

  1. 初回の施術前後の写真を撮影し、比較する。
  2. すぐその場で、劇的に姿勢が変わった様子を確認してもらう。
  3. 比較写真にコメントして、透明のクリアーファイルにいれて、家に持ってかえってもらう。
  4. お客さんが家に帰って、リビングの机などに置いておくので、家族がみる。施術した人の変化が大きければ、「私も行ってみようかな~?」ということになる。

 その場でクリアーファイルで持ち帰ってもらうのがポイント!郵送だと見られない可能性あり。クリアーファイルだと、外から見えるので、絶対みてもらえる。

 「すっごい痛みが取れた!」素晴らしい施術で口コミになることってあまりない。口頭だけだと、価値が伝わりにくいから、ハードルがすごく高い。でも写真なら、ひと手間で、変化が明確だから価値が伝わりやすく口コミ発生しやすい。

 一回目、2回目の写真を問診表と一緒にとっておく。そうすると、最初に来られたときと比べて、こんなに姿勢きれいになりましたよ。とすぐ見せてあげられる。

注意すべき写真の撮り方

 撮る方も撮られる側もどちらも、いつも同じ場所、同じ角度、同じ大きさで撮るといい。「誰が見ても信じてもらえるように。」「誰が見ても同じ評価をしてもらえるように。」これが信頼に繋がる。

 山下さんは、トヨタ自動車で品質の分析をしていたから、その経験からこれは超重要だそうです。

 今回は、相手に寄り添うというのが、どういうことか分かりました。寄り添って、もう一度、文章を書き直します。すごいのが、できそうです。楽しみにしててください。山下さん、すばらしい個別相談ありがとうございました。

▶︎第7回目の個別相談を終えての解説(山下)

商品コンセプトや選ばれる理由(USP)は、短ければ短くてもいいけど、それが顧客に伝わらないなら伝わる長さで説明しましょう。お客さんに伝わらないと買ってくれませんので。

全てのことに言えることですが、最初のステップとして、お客さんに伝わることが重要です。伝わるためには、見えやすくないとダメですし、お客さんが分かる言葉で伝えなくてはいけない。

常に、お客さん目線というのを意識して作っていきましょう。お客さま立場に立って物事を考え、記事を書いていくようにしましょう。

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】第6回目

第8回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第6回個別相談

【「分かりやすい!」と顧客に価値が伝わる整体院ブログを作る5つの改善ポイント】

第8回個別相談

【他の整体院との差別化でブログ集客力UP!顧客に選ばれるUSPを作る3つの視点】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA