顧客に選ばれる整体院のUSPを作る3つの視点

整体院ブログ手順8ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質技術を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順8】

整体院コンサルティング8回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年05月19日

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール】

第5回目個別相談

第8回の個別相談の内容

大須快福堂

【第8回目の個別相談の内容】

  • 選ばれる理由(USP)を作るためのライバル整体院ブログのリサーチ
  • ライバル整体院の調査で分かるUSP作成で注意すべき2つのこと

「③:商品コンセプト作成」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

 課題のライバルの治療院(整体院・鍼灸整骨院・カイロプラクティック・マッサージ)を研究をしていて、気がついたこと。最初は、「他のお店の人達、すごいなぁ~。」と思ってみていたけど、何時間もみていると、だんだんみんな同じことばっかり言ってるな。

どの先生もすごい先生だということは分かったけど、、、。

  • うそっぽいな~とか。
  • で、何がいいたいの?
  • どの療法も同じ感じだな~。
  • それで何回行ったら、楽になるんだろう?
  • いくらかかるんだろう?
  • どれぐらいの時間よくなるまでに、かかるのか?

とか、今までと違う視点で見えるようになりました。

「名古屋市 整体」キーワードでライバル調査

名古屋市整体ライバル調査

ライバル調査で分かったUSP作成で注意すべき2つのこと

 そういう私が感じたお客さんも感じているような思いや不満に答えられるような、サービスをHPを作っていきたいと思いました。ライバル研究してよかったなと思いました。

 もう、絶対お客さん目線のいいサービス作ろうと思ったし、私の方が根本治療、みんなのカラダが良くなることについて考えてるから、それをもっと発信していきたいって思いまいた。

ライバルの整体院を研究して分かった2つのこと

●「分かったこと①:ライバルは同じようなことを言っている」
他のライバルほとんど同じことを言っているから、私が分かりやすく、お客さんに喜ばれるように発信していったら、差別化になることが分かった。

●「分かったこと②:業界のトレンドは変わっていく」
10年前、整体学校を選ぶ時に整体業界を調査した時は「痛くない施術」というのは、あまりなくて目立っていたけど、今は「痛くない優しい施術」は当たり前。だから、業界のトレンドは変わっていくのがわかった。

山下さんからは、10年前に「優しい施術」と言えば、それが選ばれる理由になったかもしれない。時代が流れて、トレンドが変わっていくというよりも「痛いのがイヤ」と、お客さんはみんな言っていたから「優しい施術」が選ばれる理由になった。そうやって、お客様の声を聞いていけば、結果どんどんいい商品サービスに変わることができる。

例えば、iPhoneも時期によって違う。最初は、みんな持ってなかったから、iPhoneというだけで欲しがっていたけど、今はカリスマのジョブスが亡くなり、韓国メーカーなどが真似している状況で、iPhoneというだけでは売れない。

 それに、スマホ病とか、10年前になかった新しいニーズが出てきた。時代にあったニーズ、コンセプト・訴求ポイントがある。だから、私が良いHP作ったら、真似されるけど、それは売れる人の宿命。(かっこいい!)私は、業界のリーダー。愛知県名古屋市のこの業界のリーダーという意識でやるといい。そうすると目立つから取材なども来る可能性がある。

 整体院のライバルは、お客さんにこういうサービスをしているよね。じゃあ、「大須快福堂」は、どういうサービスにしようか?というのを決める。これが差別化。

選ばれる理由(USP)を見つける、3つの視点

  • 視点①:自分の『何を提供するのか?』が明確になっている。
  • 視点②:お客さんの求めている事がわかる。
  • 視点③:ライバルの選ばれる理由がわかる。

 この3つが分かれば、どんな商売をやっても『選ばれる理由(USP)』を見つけることができる。これが、『選ばれる理由(USP)』を見つける技術。私の整体院の場合は、『他のところと、何が違うのですか?』これが、私の『何を提供しているのか?』の答えになり、『選ばれる理由(USP)』の答えになる。

「結局、他との違いは何なの?」を分かりやすく伝える

お客さんが知りたいのは「他とどう違うの?」

 これが『何を提供しているのか?』『選ばれる理由(USP)』の答えになる。ライバルは、こういう目的で、こういうサービスを提供している。「大須快福堂」は、サービスにこういう特徴がありますよ。と分かりやすく伝える。

 『再発しない根本的に良くする整体』って何?もっと明確にお客さんに分かるように書くと、それが『何を提供しているのか?』の答えになる。坐骨神経痛で悩んでいるの○○さんが、ホームページを見て、『あなたにお願いしたい!』と言ってくれるものを作る。

事例:福岡らくらく整体院

 山下さんのクライアントである、福岡らくらく整体院は『福岡市で一番信頼できる整体院』という想いで作っている。そして、他との違いを明確にし、『私(施術者)の想い』を分かりやすく掲載している。その想いがあると、人間味がでて、人間くさい。当時、ここまで自分の想いを出している整体院のホームページはなかった。『情熱を持ってやっている。』『ここまでやっている人なら、すごいんだろうな。』と、ここにお願いしたいとお客さんは思う。

「私の想い」は必要なのか?

 『私(施術者)の想い』を載せるか?載せないか?は、顧客の立場になった時に、あった方がいいと分かる。もちろん全員が見る訳ではないが、見る人がいる。自分の立場だと、作るのは面倒くさいけど「お客さんの立場だと、必要か?」を常に考える。

 その結果、この福岡らくらく整体院は、Jリーグのサッカー選手が来てくれるようになったり、テレビ取材や地元の講演会を依頼されたり。有名人や、タレントさんも、内緒で来られるようになった。

ブログ集客を伸ばしていくための今後のステップ

 ブログには何を書けばいいの?ブログ記事は、お客さんの求めていること、知りたいこと、悩んでいる事を書くといい。
坐骨神経痛で、階段を登れなかったことが記事になる。

 例えば、、、「坐骨神経痛の○○さんは、5分も歩けなかった。」という事実を元に。それを記事にして、「その坐骨神経痛の痛みを和らげるべき、5つの体操」「お風呂あがったときにやるべき、坐骨神経痛ストレッチとか」とか生活の知恵などが記事になる。だから、ネタがつきることはない。

今、来ているお客さんに質問したり、質問されたことを書き留めておく

 お客さんの質問は、宝物。それに対して、自分がどんな解答をして、そのお客さんの反応はどうだったかも書いておくいい。

これからの流れは、
①:売れる商品コンセプトを完成させて、ホームページを改良していく。
②:トップページを変えて、テストする。(グーグルアナリティクスで計測して反応をみる。)

 予約率の反応を見て、ブログやホームページの改善していく。計測して効果を測り、改善する。この繰り返しで予約率を上げていく。山下さん、とっても分かりやすく、面白い個別相談をありがとうございました。

▶︎第8回目の個別相談を終えての解説(山下)

今回は「ライバル整体院の調査で分かったUSP作成で注意すべき2つのこと」をお伝えしました。

  • 『何を提供するのか?』が明確になっている。(提供するもの価値)
  • お客さんの求めている事がわかる。(顧客ニーズ求めていること)
  • ライバルの選ばれる理由がわかる。(ライバルが主張していること)

この3つが分かることで、どんなネタになっても『選ばれる理由』を見つけることができます。『何を提供するのか?』で、ライバルが同じ主張してたら『選ばれる理由(USP)』にはならないですよね?渡辺さんの場合は、ライバルが同じ主張してないから、選ばれる理由になる可能性がありますよね?ということでしたね。

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】第7回目

第9回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第7回個別相談

【覚えておきたい!整体院ブログで顧客から信頼を得るための4つのポイント】

第9回個別相談

【整体院の新規集客力を圧倒的に伸ばす!コンセプト作りの3ステップ】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA