ディンギーヨットでカタリーナ海峡横断に向けロサンゼルスへ出発

「背負うものの大きさに比例して、男はカッコ良くなる。」だったら、俺はいろんなものを背負って生きていこうじゃないか!

今回、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスとサンタカタリナ島の間にあるカタリーナ海峡を、エンジンの付いてない3人乗りの小型ディンギーヨットで、横断チャレンジに行ってきました、冒険家の山下裕司です。

僕の人生で、カタリーナ海峡をヨットで横断するなんて全く必要ない。

渡らなかったからといって、自分が明日死ぬ訳でもない。

だったら、なぜ、お金や時間、そして命をかけてまで、わざわざ渡る必要があのか?

自分を変革させ、どんなときでも世界基準で人生を美しく愉しみ尽くす!そして、その姿を魅せることをもって「誰かの生きる活力」となるためです。チーム結成から二ヶ月経ち、当初は6人だったメンバーも最終的には3人まで先行で絞られました。しかも、この三人はヨットに乗り始めて、まだ数ヶ月のメンバー。

ヨット業界の関係者でなくても無謀とも思える、この海峡横断を、冒険に変えるためには、思考も人生も、一気に丸っと変えなければなりません。僕は、今回サポートとして、カタリーナ海峡雨弾チームに携わっていますので、チーム結成時からその全ての準備や段取りを今日まで一緒に進めてきました。彼ら三人のメンバーは、もはや無謀でエイや!的な無鉄砲な人間ではない。間違いなく人生を、自分の為以外の、仲間のために渡る冒険者として、今チャレンジしようとしています!

カタリーナ海峡とは何!!

カタリナ海峡とは、サンタカタリナ島とカリフォルニア州ロサンゼルスの間にまたがる海峡です。まずサンタカタリナ島は、アメリカ合衆国カリフォルニア州南部の島であり、1547年ポルトガルの航海士フアン・ロドリゲス・カブリロが発見した島である。また、往年の銀幕スターが集ったかつての隠れた「地上の楽園」と避暑地としても知られる島です。

ロサンゼルスは、アメリカ合衆国カリフォルニア州、南カリフォルニアにある世界的な大都市で、アメリカの映画産業やテレビ産業の中心地です。映画の都ハリウッドや、高級ブランドショップストリートのロデオドライブやハリウッドセレブなど多くの邸宅が立ち並ぶ全米有数の高級住宅地のビバリーヒルズ、サンタモニカのビーチなどが有名です。

カタリーナ海峡横断の航路について!

今回のカタリーナ海峡横断の日程は、5/10〜5/13の三日間がアタック予定日。出発するスタート地点は、カタリーナ島の最西端のウエストサイドで、ゴール地点は、大陸側のランチョ・パロス・ペルデス湾を目指します!

航行距離は、最短で約33km。ヨットは、風向きや潮の流れによって、真っ直ぐに進むことはできないので、航行距離はそれより伸びます。40kmは超えてくるはずです。7時間〜8時間を想定しています。

現地での日の出はAM5:56。日の入はPM19:44。サポートチームのスティーブンからは、18:00にはセーリングを中止する、と言われています。何ごともなければ、18:00には十分間に合うと考えていますが、トラブルなどが起こった場合、すみやかに対処できなければ日没タイムアウトもありえます。もちろんそうはしませんが。

また、当日の朝、風が強すぎたり、逆に弱すぎたりしたときは出航を停止する可能性があります。その判断は、現地時間の11:00amをデッドラインとします。

ロサンゼルス国際空港到着後、すぐにゴール地点の視察!!

5/10(木)は、成田空港(NRT)から約12時間かけて、ロサンゼルス国際空港(LAX)へ到着し、そのままゴール地点が一望できるポイント・ファーミン・パークへ移動。そして確認し、最終決定することにしました。ビーチに着岸するとか、マリーナ・デル・レイやロングビーチにするとか、様々なアイデアが出ましたが、安全と時間的なことを考慮して、やはりゴール地点は、ランチョ・パロス・ペルデス湾にすることに決定しました。

下記の写真は、ポイント・ファーミン・パークから見た、サンタカタリーナ島です。この日は、島が見えませんでしたが、この海峡を渡ると思うと、期待と恐怖と胸の高まりが止まりません。さあ、いざ勝負!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA