ニューロマーケティングとは?

ヨットで海峡渡る冒険家の山下裕司です。

●【ニューロマーケティングとは?】

結論から先に書きますが、「ニューロ:神経細胞」「マーケティング:市場販売戦略」ということで、つまり脳の働きを理解し、その知識を活用してマーケティングと製品の改善を行うことです。

広告を出しても儲からない、、、

現在のビジネスでは、より多くの予算と人材のリソースをかけた方が、マーケティングが成功する確率が高まるが、それには多くのお金がかかることになります。様々な広告を出して運用に時間と労力をかけても、コストに見合った利益が得られないことが大問題です。

そこで考えるのが、顧客の脳を理解するということです。ただ今までも広告心理学や販売心理学という手法がありました。現代の脳波計の発達により、販売の効率性を高めるために用いられているのが、ニューロ マーケティングです。

ニューロ マーケティングとは?

ニューロ マーケティングとは、脳科学の知識をマーケティングに応用し、表層的な意識だけでなく、顧客の無意識下で行われている心の動き(不確定要素)を定量化して捉える手法で、商品開発や販売促進に結びつけることができます。つまり、商品や広告が引き起こす脳の反応を分析し、無意識に買いたくなるように仕向ける戦略で商品を売ることができます。

購買行動の心理など、消費者の意識調査は、今までもマーケティングリサーチとして存在しています。現在のマーケティング界の常識は、消費者行動は無意識的が常識と考えられています。つまり、人々は理屈では説明できない理由でモノを買うというものです。だからこそ、ブランドという実態のないものが成立するのです。

どうすれば、お客は買いたくなる?

そして「お客がどうすれば買いたくなるか?」という、現在行われているマーケティング調査のほとんどは、アンケートやグループミーティングなど、顧客の言葉を収集して分析しています。しかし「なぜそれを買ったのか?」という購買理由、「品質が良い、安い」という答えは、はあてにならないことが分かってきています。たとえば「美しい」という言葉の定義も人それぞれです。そのため、インタビューやアンケートの調査結果と市場での動きにズレが生じることは、よくある話です。

では、今までのマーケティングとニューロマーケティングは、基本的にどのように違うのでしょうか?これは、脳波などの生体反応をリアルタイムに計測する神経科学を用いるという点です。消費者自身が気づいていなかった、無意識下の反応を理解するために消費者の脳に直接問う調査、より本音の回答を得る、それがニューロマーケティングなのです。

【メリット】

  • 言語化される前の感情や体の反応を可視化出来ること
  • 感情の変化が定量データとして客観的に評価できる
  • より精度の高いデータを収集することができ、マーケティング精度が高まる

世界のラグジュアリーブランドロゴマークを調べている弊社では、ブランドロゴやWEBサイトの製作にも脳波計も活用しています。デザイン自体を調べている訳ではなく、ロゴマークを見た時の人の脳波を調べることで、マーケティング効果を最大化させ、売上アップさせるためです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA