今日のブランド作戦会議の相棒はチェ・ゲバラ!

福岡は、台風7号真っ只中!こんな日は、行きつけのシガーBARで、時代を超えてチェ・ゲバラと対峙して、クライアントさまのブランディング作戦会議を行う、冒険家の山下裕司です。

【会議室で、頭をうんうん唸らせても、いいアイデアは出てきません!】

高級シガーの香り漂う、上質な空間の中で、しっかりと作戦を練ります。なぜなら、今回のクライアント案件は、なかなか競合が強い!こんな時は、キューバの革命家 チェ・ゲバラが愛した葉巻「モンテクリスト(Montecristo)」とともに作戦を練ろう!ということで、今回の相棒は、モンテクリスト西ました。

このモンテクリスト、キューバ共和国で生産されている葉巻の銘柄の1つ。モンテクリストは1935年、キューバでアロンソ・メネンデス氏によって始まったブランドです。シガーボックスのラベルには「三銃士」をイメージする、剣が三角に交差したロゴがあしらわれています。
 
このモンテクリストの味わいは、やや濃厚でスパイシーなミディアムローストのナッツのような深みがあるアロマが特徴です。灰が溜まってその灰を通して吸うと、マイルドで柔らかい樹木の香りが愉しめます。ちなみに今日の葉巻はモンテクリストNO.5!

【志なきところに熱き想いは生まれない!!】

僕も今まで200件以上のブランディング・コンサルティングをやってきました。多くの人は、素晴らしいことを考える素晴らしい人がいろいろなものを手に入れていくのだと思っていますが、実際には、情熱のある人だけが考える力を最大限に使い、それを日々増やして行って活用していくことができます。なので、すべては「熱く熱く発信」であることを忘れないでください。

そして、改めて思うのが、多くの人がやるのがボトルネック改善方式。しかも淡々とやるのです。そのに命が宿っているとはとても思えないのです!僕がやるのは、決してボトルネック改善方式じゃなくて「魅力的でたまらないビジネスを突き抜けてやっていく」方です!魅力の一点突破で突き抜けていけないビジネスなんて上手くいくはずがありません。

【中小企業の経営者は、魅力の一点突破で突き抜けていく!!】

中小企業の経営者がやることは、どう考えても、ボトルが詰まっている悪い仕組みを改善するよりも、魅力的で目立って突き抜け方が大切ですよ。そうじゃないと意味ないですよ!!

大きな違いがない商品やサービスを販売していて、マーケティングのやり方を真似て、何が他と違うのか?何にも違いを見つけられないです。トコトン魅力を見つけ、魅力でたまらないビジネスで突き抜けていきましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA