小戸ヨットハーバー台風対策!マスト降ろし

小戸ヨットハーバーで、上陸してくる台風7号から守るため、ヨットのマストを外したりと対策を行って、間違えても被害が出ないようにしっかりと準備をしてきました。冒険家の山下裕司です。

【ヨットは乗ってなくても安産第一!!】

台風7号が福岡直撃のため、小戸ヨットハーバーにある僕のディンギーヨットのマストを外してきました!マストを外さないと、自分のディンギーヨットが風の強さで倒れてしまう可能性があります。倒れるだけでなく、飛んでいく可能性もあるのです。そして、倒れることで、他のヨットに傷付けてしまう可能性も高まります。もし、その傷付けたのが外国製のスーパーヨットだったら補修費にいくらかかるのか?かなりの金額になります。

そもそも台風とは、どうやって発生するのか?知っていました?僕は、台風のたびにヨットのマスト降ろしをするまで、正直知りませんでした。台風のことを知ることで、それによって、台風の時は、毎回マストを降ろしに、小戸ヨットハーバーまで行くので、イヤでも台風とは向き合う関係なのです。

【そもそも台風って、どうやってできるの?】  

そもそも台風の発生は、熱帯地方のような、地球上で緯度が低く年中温暖で、かなり暑い地方の海上でです。日本でいえば南方、赤道に近い南の海上付近です。沖縄県あたりですね。熱帯地方の海では、強い太陽が照りつけて、海水の温度も高いために、しめった熱い空気がたちのぼり、上昇気流が生まれます。すると、まわりからその海面に向かって、うずをまきながら風が集まってくるのです。これが台風の始まりなのです。

このようにしてできた台風は、こまと同じように回転をしながら移動していくわけですが、台風が普通の低気圧と違うのは、低気圧は周囲にくらべて相対的に気圧の低い所なだけですが、台風の場合は熱い海水の熱によって、どんどん大きな台風に育っていくという点です。

【相手の”表も裏も愛するコトができれば、売上大幅アップ】

とはいってもこの台風、強い風で被害をもたらすだけでなくいのです。実は、その強い風により、川底を綺麗にしたり、水温を整えたり、生態系の要とも言われております。台風がくると悪いことのようにしか言われませんが、実は台風がこないとよくないことも起きてしますのです。

この台風のことからも分かるように、物事には表面と裏面のがあります。例えば、表面のメリットが大きいから付き合うという考えはおかしくて、自分にとってのメリットが無くなったら友達じゃない!なんておかしくないですか?表も裏もあるからその人な訳です。

台風も同じで、その全てを受け入れてあげればいいだけなんです。そう考えるようになってからは、人生が加速度的に早く進むようになってきました。今、何か伸び悩んでいたり、うまくいかないことがあるとすれば、まずはあなたの周りの人やモノやコトを愛してみるというところから始めてみてはいかがでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA