コンセプト変更で10倍の値段でも爆発的に売れるようになった事例

ロサンゼルスのカタリーナ島。翌朝からヨットでの海峡横断という冒険が始まる前の静寂さを感じています。冒険前夜の、ほどよい緊張を味わうのが大好きな、冒険家の山下裕司です。

もし、あなたが、毎日集客で頭がいっぱいになって、何も手につかなくなるようなことがあるなら、これを読んでください。

【コンセプト変更で、10倍の値段でも爆発的に売れるようになった事例】

「雹(ひょう)に打たれたリンゴ」の話を知っていますか?この話は、「コンセプトを変えただけで10倍の値段でも爆発的に売れるようになった」というすごく良い事例なので、ぜひ紹介させてください。

アメリカ合衆国ミネソタ州であった話。ある年、リンゴ畑に数十年ぶりで、大粒の氷の塊の雹(ひょう)が降った。かなり大粒の雹(ひょう)で、収穫を目前に控えたリンゴは、次々と地面に叩き落とされてしまいました。

『地面に落ちたリンゴ』

その表面には、雹(ひょう)の痕が、クッキリつき真っ黒に変色してしまった。リンゴ農家は大損害。農家の人は「傷んだリンゴは商品じゃない」と、売り物にならない大量の在庫を抱え、途方に暮れていました。9割が出荷できない状況を見て、農家を廃業する選択をした人もいたそうです。

そんなとき、リンゴ農家で働く20代の青年ジョージは違いました。彼は「傷んで甘みが増した」「こんな雹(ひょう)はしばらく降らない」それをチャンスだと考え、起死回生のアイデアを出します。落ちたリンゴを積み、その隣に自作の看板を立てたのです。

「このリンゴは、自然の恵みを受けた貴重なリンゴです!数十年ぶりの雹(ひょう)に打たれた珍しいものです!おかげで甘みが増しました。雹(ひょう)に打たれた証拠は表面の黒い斑点です。」

いざ売り出してみると、爆発的に売れました。それも、9割の出荷できないリンゴをカバーするだけの高価格で販売したにもかかわらず、です。これは「おいしいリンゴ」を「自然の恵みを受けたリンゴ」というコンセプトに変更したことで生まれた成果です。商品は、まったく変わっていない。でも、コンセプトによって、これだけ売れ行きに差がつく。

【コンセプトの凄さ!!】

私たちはこの事例から多くを学べるはずです。私も、これまでたくさんの経営者の相談に乗ってきました。

  • 「うちは商品が平凡だから、、、」
  • 「業界内の競争が激しいから、、、」

という理由で売れない、と語ってくれるのを耳にしてきました。そんなときに私は、よくコンセプトの変更を提案します。商品は変えずに、コンセプトだけをまったく違ったものにします。たったコンセプトを変えるだけで、売れるビジネスに変化してしまうということが、多々あるのです。それだけ、コンセプトというのは、ビジネスの売上を大きく左右します。

売れるコンセプトを作ることは、ビジネスにおいて、かなり優先順位が高いです。あなたは、自信を持って売れるコンセプトをつくれていると言えるでしょうか?

【売れるコンセプトができると、売込みしなくても売れる!!】

そもそも儲かるビジネスネタなんて来ない訳です。ビジネスは、創って作るもの。儲かる商品を持って人には、いいマーケッターが近づいてきます。だから、コンセプトが重要なんです。

コンセプトをきちんと創り込むと、激しいセールス・売り込みしなくていいんです。集客を死ぬほど頑張らなくても、煽らなくてもお客さんは商品を買ってくれます。コンセプトが明確で、丁寧にきちんとしてた方が安心感があるのです。

購入されないからといって、欲望をかき立てるために激しいセールスになったりしますが、激しいセールスであればあるほど、相手にとって不信感が起るのです。さらに、信じないという気持ちが強くなってきます。煽れば煽るほど、お客さんも「欲しい!」という欲望も燃えないし、不信感も強くなるので売れなくなるのです。

大切なのは「信頼」です。信頼を強くするためには、セールスを弱くする必要があります。コンセプトを創り込むことによって、セールスの部分を補ってくれ、煽らなくても売れるようになります。コンセプトの出来がいいほど、静かにセールスができてしまうのです。信頼があるのでセールス力が小さくても大丈夫なのです。

【売れるコンセプトができると、集客がとても楽になる!!】

そして、売れるコンセプトができると売れるページができるので、集客もしやすくなります。
広告出しても投資した金額より多く返って来ることになります。「コンセプトができてまえばセールスは楽になる」「セールスがきちんとできていると集客は楽になる」といった具合ですね。

成約率(命中率)の低いホームページだと集客するのが大変です。例えば、、、

  • 100人に一人成約するホームページ
  • 200人に一人成約するホームページ

コンセプトが弱いと、労力が2倍になります。活動量が2倍になるのです。

だから集客で努力するよりも、売れるコンセプト創りで努力したいのです。売れるコンセプトができなかったら、売るためのセールスに無理がかかる訳です。セールスに無理がかかると、欲望を駆り立てるために無茶なことを言って、信頼感をなくし、それで集客もより厳しくなるのです。

このコンセプトは、いろんな状況で使えます。

  • 自社商品開発
  • コピーライティング
  • 他人のコンサルティング
  • 名刺の肩書
  • SNSやブログのプロフィール

などなど。どんな場面にも、コンセプトが関わってきます。だからコンセプトは、ビジネスをやる人なら練っておくことが必須です。ところが、いろんな人の相談に乗っていて「コンセプトの作り方がわからない」という人が、多くいることがわかりました。

そこで、【売れるコンセプト作り!コンサルティングサービス】を発売します。脳科学と冒険を通して、培ってきた売れるコンセプトづくりの秘密を明かします。次回のブログでお伝えしますね!楽しみにしていてください。

【今日の一言!!】

【ヨットとは、人生の縮図である】


これは、僕が福岡代表を務める『EXPLORERS CLUB』加藤学ファウンダーの言葉。

ヨットは、刻々と変化する風と波をどう受けて進むかがポイント。まさに人生と同じ。毎日頑張っていても、自分がどれくらい進んでいるのか?どこに流されているのか?なんて分からない。でも、目的地さえ決めておけば、そこに向かって走っていける。

しかし、目的地に辿り着いたからといって別に愉しいことが待っている訳ではないかもしれない。でも、だからといって進むことをやめてしまうならば、人生はそこまで。それを理解していれば、人生どんな状況も、愉しむしかない訳で。結果を得ることだけが愉しい人生と、結果を得るまでのプロセス全てを愉しめる人生って、全く違う人生。

結果なんて、出た直後だけ。しかも、人生80年と考えれば、今の結果なんてただのプロセスにすぎない。だから、人生を愉しむ覚悟を持って、人生のすべてを愉しみに変えないといけない。そして、、、愉しみ尽くす人生には、強い風が必須だ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA