大好きを仕事にする方法

この写真は、ニュージーランドのクック海峡を目の前に、サンセットの夕日を浴びながらヨットでの海峡横断を振り返っている、世界を冒険するマーケター山下裕司です。僕にとってヨットは大好き。ヨットは仕事ではありません。趣味でもありません。ライフワーク(人が生涯の仕事として人生を捧げたテーマ)かな?とにかくヨットは好きなんです。

大好きを仕事にする方法、、、

使い古された感じのするこの言葉

使い古された感じのするこの言葉。 でも、どうにも心惹かれてしまうこの言葉。 私は、どんな人にもキラリと光る才能があると思っています。 誰にでも生まれ持ったダイヤの原石みたいな天賦の才能、 すなわち天才があると思っています。 本来、みんな天才なんですよね。そもそも天才とは、天性の才能、生まれつき備わった優れた才能のことである。

天才は、人の努力では至らないレベルの才能を秘めた人物を指します。優れた人が圧倒的な努力を重ねて何かを達成して、初めて天才になる。天才というのは、何かを大きく進化させる人間なのだから。そして天才とは、創造性豊かなことであると考える。

才能は生まれつきのものではない。誰しもが努力によって身につけられるものが「能力」であり、それを磨き上げて卓越させたものが「才能」である。

じゃ、才能って何でしょう?

これについても、いろんな意見があるでしょうけど、 私は「才能=好きであること」だと思ってます。好き=物事をうまくなしとげるすぐれた能力です。たとえば、マーケティングの天才は、 マーケティングが大好きだから 常にマーケティングのアイデアにアンテナを張り、勉強をし、努力をする。だから当然いい仕事をするわけです。

ビジネスに関して言うならば、好きなことだけをやって生きていきたいって言っても、本当にいま現在好きで、やりたいことだけをやって 生きていくなんてことは、まあかなり難しいわけです。大好きなことをやるためには、その大好きなことに付属する本来やりたくないことも一緒に引き受ける必要があるケースがほとんどです。特に最初のうちは。

結果出してある領域で尖って目立ってくると、自分が得意なところだけにフォーカスしても、カバーしてくれる人を雇うことができたり、尖った企業同士でより大きなシナジーを発揮したりできるんです。 だから、最初のうちは好きなことだけやって生きていくのは 難しいわけです。

じゃあ、どうすればいいのか?

答えは簡単! 好きなことに付属する好きでないことも含めて好きになればいいんです。で、そのためには「今やりたいと思っていることがどれくらい好きなのか」が、重要なんです。 娯楽とか趣味程度に好きなことを仕事にするのは結構難しい。

たとえば、プロ野球選手はかなり苦労していると思うけど、やっぱ野球が好きだからプロ野球選手としてやっていると思います。 野球が嫌いなプロ野球選手ってあんまりいないと思す。 この「野球が好き!」というレベルが 草野球愛好会の人とは桁違いなわけです。

ハンマー投げでオリンピックで金メダルをとった室伏広治選手は、一日8時間以上の筋トレを行っていたのです。普通の人の常識を超えた練習内容です。しかし、これは室伏選手にとって普通のこと。他の人と比べると「好き!」というレベルが桁違いな訳なのです。

娯楽レベルではなく、趣味レベルではなく、 誰よりも上手くなりたいと思ってるわけです。やりたくないことだってたくさんあったはずです。 真夏に何十キロも走りたい人なんてそうそういないはずだから。 でも、より上手くなるために一生懸命練習するわけです。一軍で活躍するために苦労をいとわないわけです。むしろより野球が上手くなるトレーニングや練習が好きなわけです。そう結果だけを求めるのではなく、むしろプロセスを愉しむ。結果は後からついてくる感じでしょうか。

それには、明確な意志の力が必要なんです。

じゃあ、あなたが好きなことが娯楽や趣味レベルなのか それとも本気レベルなのかをどう判断すればいいの? というと、結局“やってみないとわからない”わけなんです(笑) まあ、覚悟を決めればいいだけです。

好きなことが見つからない、やりたことが見つからないなんていう人がたくさんいますよね。好きなことをまず見つけてからそれをやろうとするのは、泳げるようになりたいからと、床の上で必死でバタ足を繰り返してるみたいなもんです。「まず水に入れよ!どうしないと、一生泳げねーぞ!」みたいな(笑)

これ多いですよね。泳ぎをマスターするのに、本を読み漁って、まずは体系的に知識を叩きこんで、それから水に入っていく人。とにかく水の中に入れば、早く泳げるのに。なかなか水の中に入らない。早く入るといいのに!と思いますよね。

とりあえずやってみるしかないんですよ。

残念ながら。魔法はないんです。だから、特に若いうちはいろんなことをやったらいいと思うんです。 しかし、特に若い人の間で「何をしたらいいか分からない」「やりたいことが見つからない」なんて声が多いです。本当にこの声は、非常に多い声なんです。

そうなんです。「何をしたらいいか分からない」「やりたいことが見つからない」という声、多いんです。面白そうなことをやればいいのに、やらない。くっそマジメで、子供のようにとにかくやってみればいいのに、やらない。そりゃ、「何をしたらいいか分からない」「やりたいことが見つからない」という風になりますよね。

やってダメなら、変えればいいじゃないですか。アプローチを変えるでもいいし、やり方を変えていけば。そもそも、やって上手く行ったら儲けもんです。そのまま継続してやっていきましょう。それでいいじゃないですか?

あなたもひょっとしてそうですか?

実はいままで偉そうにお話してきましたが、私も今自分がやっていることが 本当にやりたいことなのかと聞かれると100%の確信をもってYesとは言えません。 でも今現在は楽しいし、やりたいことをやらせてもらっているけれど、3年後、5年後、今の仕事をしているかどうかはまったくわからないからです。

だからね、私は最近こう思ったりもします。『やりたいことなんて実は見つからない方がいいんじゃないか?』と、いやはや、やはり私はひねくれもんです(笑) やりたいことが見つからないもどかしさが、 明日への活力をくれるんじゃないかと。やりたいことが見つからないから、何かに固執することなく、まったく新しいアイデアを見つけることができるんじゃないかと 。

それか、やりたいことはあらゆる事、全部やってしまおうか!とも考えています。やりたいことが見つからないと考えるより、やりたいこと全部やってしまった方が人生面白いな〜と思って。どっちが愉しい人生になるのか!私は、あらゆることに挑戦したい!それが私の人生は貴殿の人生です。

そういった時は「どんな自分になりたいか?」を焦点にするといいんです。

でもこういうと「はあ?どんな自分になりたいかってどういうこと?」と疑問に思う人もいると思います。 そういう人は、そもそも人間はどうして仕事をするのか? これについてまず考えてみましょう。僕らがなぜ働くのか?その理由は、生活の糧を得るため、もちろんこれもあるでしょう。売上が上がると面白いから、こんなゲーム感覚も大いにあるでしょう。

でも、それ以上に重要なポイントがあります。何が重要なポイントかというと『人間が仕事で得たい感情』です。人間には仕事を通して常に感じていたい感情があるのです。それは、誰かの役に立っているという実感です。 この「誰かの役に立っているという実感」が、充実感になり、感動になり、エネルギーになると私は思います。この「誰かの役に立っているという実感」がほしくて、熱く熱く、毎日夢中になりたくて みんなもがいているんじゃないかと思います。

誰かのためにというエネルギーはものすごく力を生み出します。自分のためには力発揮できないけど、誰かのためなら大きな力を発揮します。恐ろしいほどに。恋の力なんて、まさにそうです。彼や彼女のためなら、何でもできるんじゃないかってくらいの力を生み出します。

人のために何かをする、、、!

では、私達は何のために献身的に人と接しようとするのか?それは『自分がやりたいから。』でいいんだと思います。ていうか、それしかないと思います。だってそれが愉しいんだから。だから、大好きなことを仕事にしたいのなら、まず、ピンときた仕事に就いて、あなたが貢献すべき相手(社内、社外問わず)のために、思いきり尽してみればいいんです。 そしたら、きっと相手に「ありがとう」って言ってもらえるから。

とはいっても、そうやって、この人のために、この会社のために、と思って誠心誠意尽くしていても、相手は何も感じていなかったり、逆に、「あれ、そんなに一生懸命やってたかな~。」という会社さまから、必要以上に感謝されたりもすることがあるんですよね。

そんなことを味わいながらも、この「ありがとう」を一つずつ積み重ねるんです。これが充実感につながり、信頼につながり、自信につながる。「ありがとう」の積み重ねが仕事の充実感になるんです。そして、あなたはきっとその仕事を好きになるでしょう。

好きなこと、得意なことを磨き込んでいけば、それが自分にしかできない仕事になる。日々を全力で取り組むから、見えてきます。世界で一番すごいやつに。100人いれば100通りの大好きがある。 100人いれば100通りの才能がある。 そして、大好きを手にしたオンリーワンなあなたと いつか何か一緒にできたら最高に素敵だと思います。だからこそ、愉しみが来るのを待つのではなく、自分から愉しみかかっていきましょう。それが人生を愉しむコツではないでしょうか?

大好きを仕事にする方法とは

私は、ヨットマンである。世界の海峡を渡る男なのである。好きなことを仕事にすることはできないのか?これは多くの人が考えることである。究極の話をすると、大好きなことを仕事をすることは十分に可能である。

では、どうすれば可能になるのか?

簡単な話である。今、業界でプロと呼ばれる人以上に、時間と情熱を注ぐのである。プロ野球選手になりたければ、プロ野球選手以上に時間と情熱を注がなければならない。もちろんの感に鮮度というものがあるので、プロ野球選手になりたければ、若いうちに勝負をかけなければならないのである。鮮度が重要である。

一万時間をかければ、一人前になれるという話があるが、一万時間をかけて一人前である。プロと呼ばれるレベルではない。その業界でプロと呼ばれるためには、その自分の時間の全てを注ぐ必要があるのだ。それがプロの世界で勝負している人たちなのである。業界によっては、競合が強くて、太刀打ちできない業界もあるのは間違いない。競争がゆるい業界があるのも確かである。そこは見極めなければならないが、大好きなを仕事にするということは、そういうことなのである。

そこまで覚悟を決めて、大好きを仕事にするということに取り組めるか?そこが重要なのだ。例えば、私がヨットを職業にするのであれば、今ヨット業界でのプロよりも、もっと突き詰めて時間をかけて練習しないと、ヨットで仕事にすることはできないのである。大好きを仕事をするということはそういうことなのである。

ただ、野球やヨットのプロとなると、非常にハードルは高いのだが、ビジネスとなるとちょっと話は変わってくるのである。例えば、「野球+ヨット」という組み合わせのプロであればどうであろうか?その組み合わせでプロの人は極端に少ないかもしれない。大好きを仕事にする方法は、組み合わせをすることで新たな市場を見つけることができることがあるのだ。

私であれば、ブログ集客というのは多くの人がすでにやっていることである。だからブログ集客に、ヨットやハイソサエティな社交を冒険する冒険家、そして元品質管理エンジニアなので、「ブログ集客 + 冒険家 + 品質管理エンジニア」という組み合わせを作ったのである。するとどうだろう。今までそんな組み合わせ見たこと無いから、興味をそそり、面白くて受注が来るのである。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください