ただの汚れたドブ川が、街おこしで5万人訪れる観光名所へ!

日本美化委員であり冒険家の山下裕司です。今日のテーマは、フォーカスする視点の変更で結果を出す!です。美しさは人を動かします。人生をも変えるほど影響を与えるのです。

もし、あなたが、毎日集客で頭がいっぱいになって、何も手につかなくなるようなことがあるなら、これを読んでください。

汚れたドブ川が、、、3日で5万人訪れる観光名所へ!街おこし大成功!!

四国のある街おこしの話です。工場排水や家庭排水で汚れが進み、魚もいなくなった川を蘇らせるために、清掃活動をしよう!という活動はよく聞いた事あると思います。ところが
この町は「川をきれいにしよう!」という清掃活動を切り口ではなく「楽しい街にしよう!」という切り口で地元の仲間にボランティア活動を呼びかけました。何を始めたかというと、「川から見るこの街は、こんなに楽しいんだ!」と、ドブ川にヨットを浮かべてレースを始めたんです。

「川は、人に見られるほど美しくなる」

汚いドブ川のヨットレースで川に落ちる人がいます。泥だけになるその姿に観客から笑いが出ます。その笑が人を呼び、マスコミの取材が集まりだし、商店街から協賛が集まるようになりました。すると、ドブ川に落ちた人も観客も真剣にきれいな川にしようと考え始めたんです。その結果、イベントを開催するとわずか3日間で5万人訪れる観光名所に大変身したのです。

「汚れた川をキレイにする」という視点を変えた!!

「汚れた川をキレイにする」というやらねばならない苦行の視点を「もっと楽しい場にしたい!」という視点に切り替えるだけで、地元の仲間が清掃もやりたい!という気持ちに変わったんです。「どうしたら川がキレイな街になるか?」にフォーカスすると、多くの地域でやられている清掃活動だけで終わってしまいますが、「どうしたら楽しい街になるか?」という川がキレイになった先の未来にフォーカスする事で、他の川と圧倒的な差別化を図れた事例です。それは、戦わずに勝てるところ、他とは違うところで戦うということです。それはつまり、差別化することだということです。

ピーター・ドラッカーは「成果をあげるための秘訣は集中である」と言っています。

  • 【自らの強みに集中せよ】:不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。自らの強みに集中すべきである。無能を並の水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。(ピーター・ドラッカー『明日を支配するもの』)
  • 【何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである】:何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない。(ピーター・ドラッカー『明日を支配するもの』)
  • 【知的な傲慢を改めよ】:知的な傲慢を改めよ知的な傲慢を改め、自らの強みを十分に発揮する上で必要な技能と知識を身につけなけ ればならない。(ピーター・ドラッカー『明日を支配するもの』)

強みに集中せよ!を実践したら、結果・・・こうなった!!

2014年1月にH社のあるサービスの会員数が約350件でした。これは、2011年〜2013年の3年間での結果です。2014年1月この数字をテコ入れしようと決めました。結果、2014年は11月の時点で1000件を超え、12月末までに1200件を超えることができました。(ちなみにさらに2ヶ月後の2015年2月末日時点では1536件。+336件なので、12ヶ月換算で+2016件という前年を上回るペースです。成果が「当たり前化」しています。)

なぜ、3年かけて350件だった会員数が、たった1年で1200件、10.4倍もの成果を達成することができたのか?

何をやったのか?死にもの狂いの努力をしたのか?いいえ違います。正直、努力なんてしていません。「気付いたら達成してた」というのが本音です。では、何をしたのか?それは、素直にドラッカーの教え「自らの強みに集中せよ」を実践したに過ぎません。成果を出すためには「素直さが大切だ」と言いますが「本当かな?」「そんなわけないだろ」と疑うのではなく「そうなんだ!すぐやろう!」と、本当に「素直に実践すること」ってものすごく重要だと痛感します。「自らの強みに集中せよ」と言われても、実践の方法がわからない?という人もいると思うけど、ここでは方法論は与えられていないので、ただ単に、「あなたが考えた方法で」実践すればよいです。人によって、「強み」を発揮できる方法なんて違いますからね。

自分なり考えた方法で「自らの強みに集中」を実践すればいいんです。

参考までに僕がやったのは、過去の成果が出たことの振り返りです。自分の過去の中から、上手くいったパターンを見つけて、そのパターンに集中しました。具体的にやったことは2つです。

  1. 目標数字を決めること
  2. 上手くいったパターンを見つけて、フォーカスすること

2014年1月、350件だった数字を「1000件にする」と決めました。正直、決めた時は「500件に行けばよいな」程度に思っていました。しかし、なんとなく「1000件にしたい」と思ったので、1000件に決めました(笑)

次は「上手くいったパターンを見つけて、フォーカスする」です。これはどういうことかというと、過去の数字(本当は粗利がベスト)を調べて、過去の施策の中で、一番うまく行ったことに集中しました。過去の施策とは、ここでは、たとえば、Facebook、SEO、PPC広告、口コミ、紹介、ジョイントベンチャーなどのことです。過去、うまく行っていたパターンを洗い出すと、僕の場合は、明らかに「ブログSEO」でした。

感覚でやってもよいですが、理想的には決算書などを取り出して、粗利ベースで数字を確認して、さらにマーケティングデータを取り出して、分析できるとベストです。直感は正しいことも多いですが、売上ならともかく粗利までになると、当てずっぽうが間違っていることも多いですからね。僕の場合は、粗利は面倒だったので、とりあえず、売上で調べました。

たとえば、去年の売上が2000万円だとして、800万円がネット経由、400万円がリピート、などといった具合に分析しました。さらにその中から800万円の内訳は、、、という具合に、最もうまくいったものを見つけ出すわけです。しっかりデータをとっていないとわかりませんので、データがない人は「できる範囲で」やります。さらに、まったくデータがなかったら、「感覚で」ということになります。仕方ありません。今後、データを取っていきましょう。

僕の会社の場合は、ジョイントベンチャーやPPC広告の戦術も候補に上がっていましたが、ブログSEO戦術を優先度1にして、ブログSEOのみにフォーカスしました。結果、2014年1月に350件だった会員数が2014年末には1200件を超えました。本音では「500件いけばいいよね」と思っていた数字がです。

  • 【自らの強みに集中せよ】:不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。自らの強みに集中すべきである。無能を並の水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。(ピーター・ドラッカー『明日を支配するもの』)
  • 【何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである】:何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない。(ピーター・ドラッカー『明日を支配するもの』)

「顧客への貢献」を前提にすると、、、
●「強み」に集中することで、世の中への貢献を最大化できる
●「弱み」の克服では、世の中への貢献が少ない。ということです。

1年で10.4倍の成果を達成することができました。(ちなみにさらに2ヶ月後の2015年2月末日時点では1536件。+336件なので、12ヶ月換算で+2016件という前年を上回るペースです。成果が「当たり前化」しています。)頑張らなくても達成できることを頑張ると、さらに爆発的な数字にすることができます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA