整体院ブログのプロフィール作成で注意すべき3つのこと

整体院ブログ手順23ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質技術を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順23】

整体院コンサルティング23回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年07月22日

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール】

第23回個別相談

第23回目の個別相談の内容

大須快福堂

【第23回目の個別相談の内容】

  • プロフィールページで想いを伝えるためのフィードバック
  • ブログ記事の記事内容の改善ポイント

「⑤:信頼構築記事の作成」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

 今回は、「プロフィールページで想いを伝える」ため、プロフィールページのフィードバックを山下さんに頂きました。想いだけが突っ走って、見ている人にはとても伝わりづらかったようでした。

プロフィールを通して想いを伝える時に注意する3つのこと

 「想いが大事か?論理が大事か?」これは、想いも大事で、論理も大事。想いと論理の両輪のバランスが大事。その両方がないと、お客さんには伝わらない。人に伝えるのは、難しい。

 私は、伝えたい事が100%あっても、私の伝える技術では50%しか伝わらない。しかも、 お客さんの受け取る能力が20%だとしたら、20%しか伝わらない。100%の伝えたいことが、どれだけ一生懸命に話しても、20%しか伝わらない。今は、そんな状況なんだと分かりました。

①:想いを分かりやすく伝えることが大切

 想いがあるから、お客さんの心に響く。論理があるから、お客さんに伝えられる。
だから、両輪が大切。それがお客さんに伝えるということ。

 私は、どちらかというと、情熱だけで突き進むタイプです。山下さんは、お客さんに伝わるように、お客さん目線での伝え方を教えてくれている。爆発的なモンスターエンジン(想い)だけでは、車は動かないので、動力を伝える部品が必要になる。その動力を伝える部品が、論理になり、正しく伝わる。情熱や想いは孫悟空の元気玉くらい(笑)あるから、その想いは、もっと燃やしていい。

 でもそれと同じぐらい、分かりやすく伝えことが大事。分かりやすく伝えようとすると、私の理解がもっと深くなるので、お客さんにももっと伝わる。

②:どんな狙いでプロフィールページを作るか?が重要

 私が作ったプロフィールは、文章ばっかりで読もうと思わない。山下さんがコンサルティングしている「福岡らくらく整体院」のプロフィールは、小さい頃から話を物語風に写真をのせている。ほとんど文はない。趣味の、野球の話、自転車での沖縄サバイバル旅行の話などを出していて、いろんな情報話すことで、「僕もやっていました~」という共感を増やしている。

 福岡らくらく整体院は、「福岡市で一番、安心、安全できる、最後の砦と思ってもらいたい」という想いでやっている。なぜなら、整体院は、体を預けなくちゃいけないから、お客さんとしては怖い。だから、何回もいろんな治療院に行っても改善しないという人から、信じてもらえる整体院を作っていった。

 お客さんに心を開いてほしい。だったら、先にこっちがお客さんに心を開かないといけない。小さい頃からの話を書く事で、お客さんにこっちは、全ておおっぴろげでやっているのが伝わる。そうすると、お客さんが心を開きやすくなって、よいお客さんが来てくれる。プロフィールは、うまく書いたからといって、すぐ来院数が増える訳ではないけど、整体院を選ぶ時の総合判断の中の1項目になる。

③:お客さんが何を欲しがっているか?知ることが重要

 腰痛・肩こりがあるモデル志望の足細くしたい女性が、「大須快福堂」に来ていて、半年ぐらい。スタイルが大きく変わってきました。近くのトレーニングジムにある、SCAN BODYで体脂肪、筋肉量、左右の筋肉バランスをはかったら、体重は減ってないけど、体脂肪が減っていて、筋肉量が増えていて喜んでいた。

 私は、そんなに喜ばれるのだったら、「大須快福堂」にもSCAN BODYを導入するのもいいかなっと思いました。結構な値段するのですが。山下さんに相談してみると、意外な答えが。「そんなもの導入しなくても、同じようなこと十分できる。」山下さんはトヨタ時代に、何でもやろうと思えば、金かけずにできることが分かったそうです。

 私は整体師であり、ヨガ20年やっていて、ボディーメイクもできるので、そういうプロがいっているんだったら、お客さんに信用されやすい。SCAN BODYでやっていることは、今まで見えなかったものを見えるようにしただけ。※もちろん、それ以外に良いところもある。

 このSCAN BODYと全く同じことをやる必要はなくて、ちょっと違う角度で同じようなサービスは提供できる。この商品が「何の価値を提供しているのか?」を見抜けば、いいだけ。この商品を購入する必要はない。ビジネスモデルができて、テストをやってみて、利益が出ると確信できたら購入すればいい。

 私は整体師であり、ヨガ20年やっていて、ボディーメイクもできるので、私がいう事に説得力をお客さんは感じていると思う。さらに、説得力を高める努力は必要だけど。例えば、体操して、私のスタイルがよくなったBefore Afterの写真を見せるとか。でも、お客さんは、SCAN BODYでいい数値がほしい訳ではなくてモデルのような体型がほしい。本当にお客さんがほしいものは、何かを考える。

 想いと論理の両輪で、温かみのある「この人にお願いしたい!」とお客さんにとって最後の砦になるようなHPを作っていきます。山下さん、すごい個別相談をありがとうございました。

▶︎第23回目の個別相談を終えての解説(山下)

人に伝わるまで伝えるっていうのは、本当に難しい。自分の理解力、それを伝える能力、相手の受け取る能力が関わってくるからです。想いと論理の両輪のバランスをとって、価値を伝えていきましょう。

お客さんの立場で、その目線になって物事をみる努力が必要ですよね。自分がお客さまの立場だったらという意識を持つようにしてみましょう。「お客さんだったら、どう感じるんだろうか?」「お客さんだったら、何が知りたいのだろうか?」

常に意識して、ホームページ作り、サービス作りに活かしていきましょう。

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】第22回目

第24回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第22回個別相談

【個人整体院必見!顧客目線で業績を伸ばす整体院のプロフィールの作り方】

第24回個別相談

【顧客とすぐに信頼関係を築く!整体院ブログのプロフィール書き方テクニック】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA