生まれて初めての集客が、準備わずか10日で200人講演会

タキシードのコンサルタントご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する”タキシードのweb集客コンサルタント”山下裕司です。

「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までのプロセスの”こだわり”を見えるようにし、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 

 

 

準備わずか10日:福島正伸氏200人講演会を主催した物語

【このページの目次】

▼【福島先生と高城先生のジョイント講演会を決めた理由】
・福島先生の起業家としての「あり方」が胸に刺さった
・高城さんのスモールビジネス起業の「やり方」

▼【福島先生サイドとの交渉】
・3/11(木)初交渉 ~ 最終決定!3/14(月)

▼【企画決定前~講演会までの8日間の流れ】
・3/20(土)開催が正式に決定!
・でも、顧客リストゼロどうやってお客さまを呼ぶ?全く当てがない…。

▼【講演会当日の状況】
・福島先生の「夢しか実現しない!~夢を叶える実行力を手に入れる方法とは~」
・高城さんの「小資本低リスクで年商1億円ビジネスを作り出す10のステップ」

福島先生の講演会の開催を決めた理由

▼福島先生の起業家としての「あり方」が胸に刺さった

 福島先生に出会ったのが2009年後半。起業してなかなか結果が出ずに楽しんでいる時でした。「なんで結果が付いてこないんだろう?」といつも考えていました。

 その時出会ったのが、福岡市にあるJR博多駅近くの書店。『リーダーになる人のたった1つの習慣』を読んで、部下や協力者に対して大きな勘違いをしていたことに始めて気が付きました。「チームとして結果を出すにはどうすればいいのか?」今まで解決できなくてずっと悩んでいたことが、あまりに明確で分かりやすく答えが書いていたため、人生で初めて、書店の立ち読みで感動して鼻水を流しながら号泣してしまいました。

 この時、「福島先生の話を聞きたい!いや、いつか自分で福岡に呼んで起業仲間に話しを聞かせたい」と誓ったのです。

▼高城さんの起業塾でビジネスの基礎「やり方」を学んだ

 それまで2年ほど、私は高城さんの起業塾でビジネスを実践しながら「やり方」を学び、福島先生の「起業家としてのあり方」をその本で学んでからはビジネスも順調にまわりだし始めました。

高城さんの起業塾はインターネットを活用したゼロからの起業サポートという形式でしたので、脱サラして起業したてのビジネス素人だった私にもビジネスを作ることが出来たのです。

その中で起業家に一番大切なのは「情熱」なんだと教えて頂きました。

そこで私は、福岡で起業仲間やこれから起業したいという私の仲間に向けて、起業家としての「やり方」と「情熱」を教えていただける講演会をお願いしました。

すると高城さんから衝撃の事実が!

なんと、3月いっぱいで起業塾を終了するとの事なんです。
4月からは次のステージに行くとのことでスケジュール的に話しが出来るのは3月までということでした。

高城さんに、自分と同じ悩みを持っている起業仲間が福岡にはたくさんいる。
「起業家としての(やり方)と(情熱)を教えてほしい」と、お願いすると高城さんは快く了解してくれました。

福島先生サイドとの交渉

▼3/11(木)福島先生サイドと初交渉

私にはどうしても叶えたいことがありました。

ビジネスの基本がない私に、その「やり方」の基本を教えてくれた高城さん。
そして、起業家としての「あり方」を学ばせてくれた、福島正伸先生・・・。

福島先生と高城さんが一緒に講演してもらえたら「あり方」と「やり方」両方学べる。
起業家にとって実践的な講演会が出来るのではないか?と考えたのです。

しかし、超有名コンサルタントで年内の講演スケジュールいっぱい。そんな福島先生が引き受けてくれるのか?

「自分では役不足ではないか・・・?」
「福島先生が相手もしてくれないのではないか・・・?」
「しかもジョイント講演会だし・・・」なんて自問自答しながら、迷ってしまいました。

しかし、ここで自分が弱気になっては福岡の起業家仲間に申し訳ない。
絶対に楽しみにしてくれる人がいる!と、思い勇気を出して高城さんに相談してみました。
高城さんは鶴岡秀子さんと友達。
そこから何とか繋がることが出来ないか?を考えました。

高城さんから福島先生事務所を紹介して頂いたのが3/9(火)。

そこから講演会の交渉が始まりました。
いろいろと交渉ごとはあります。

  • 講演会の目的
  • 講演内容
  • 講演料
  • 日程(3月中)
  • 準備物
  • ジョイント講演
  • 著作権に関する事・・・などなど

TELで担当者の方にご挨拶をして、講演目的や講演内容など、とりあえずダメ元でこちらの要望を伝えます。

もちろん、年内スケジュールいっぱいの福島先生ですから、最初は事務所の担当者もいい返事はしてくれません。
当たり前ですけど・・・。

でも、私は「福岡を元気にするんだ!」と起業家仲間のために必死です。
「これは自分へのチャレンジでもあるんです!」と担当者の方へ熱い思いをぶつけていました。

断られても、全くへこみません。
その時の私は講演会が実現することしか頭にないですから。

その間ずっと、交渉が続きました。が、すでに頭には講演会が成功する!と完全に勘違いしている私と交渉している担当者の方は大変だったと思います。

その上、こんな短期間で講演会を依頼してくる方は、今までの経験からトラブルになる可能性があるとのこともあり、かなり警戒されていたと思います。

▼福島先生講演会 最終決定!3/14(月)

3/14(月)の夕方です。
ついに福島先生の担当者から講演会OKの返事をいただきました。

しかし、ひとつ予定外の事が。
3月末に予定していた私は、「2週間死ぬ気でやれば、なんとか200名は集められる!」と計画していました。
が、担当者から「福島は3/20(土)しか空いてません・・・。」との返事。

時間にして、数秒だったと思いますが、完全に頭の中が真っ白になってしまいました。
「あと6日後には講演会・・・。200名集まるの?」

しかし、ここで断ったらもう2度と福島先生の講演会は開催できない!!と思い、「それでもいいです!よろしくお願いします<m(__)m>」とお願いしたのでした。

本当に受けてくれたことに対して涙が出るほど嬉しくて、電話で担当者の方に何度も何度も頭を下げていました。
「これからのチャレンジ頑張ってくださいね。応援していますと福島が言っていました。」と、担当者の方から福島先生の言葉をいただき、ますますやる気が燃え上がってくるのでした。

企画決定~講演会までの8日間の流れ

▼顧客リストゼロ。どうやってお客様を呼ぶ?全く当てがない・・・。

さて、福島先生・高城さんは講演会を受けてくれたものの、どうやってお客さまをお呼びするのか。
急遽決まったために、講演会の計画も立ててないほどの準備不足でした。

●【3/12(金)】講演会まで、あと8日、、、

始めは、福島先生が来ていただけるかも分からない3/12(金)。
起業準備中の仲良くさせていただいてる方に相談しました。

「やりましょう!やれますよ!僕も協力しますから!」とのお返事。
こういう友は持つものですね。
ここで、この講演会は絶対成功すると確信しました。

この友は、福岡で1000人単位の講演会を主催されている方にお願いし、約2500名の方に案内のメールをして頂けました。
そして会場も、当てもなく今から探そうとしていたときに、仕事で使っているからと200名収容の会場リストを全部出して提供してくれたのです。

ホントに「ありがとうございます」以外の言葉が見つかりません。
そのリストを片手に片っぱしから電話を掛けました。

やはり3月の3連休の初っ端の3/20(土)です。そう簡単に会場は見つかりません。
しかし、会場となるアクロス福岡の国際会議場、この一部屋だけ空いていたのです。

会場費は予想以上に高額でしたが、そうも言ってられません。
すぐに予約を入れました。
ここの段階ではまだ、福島先生は来てくれるのか分からない状態でしたが・・・。

そして前回、鶴岡秀子さん講演会でお友達になったある方も私を心配してくれて、あるメールをくれました。
そのメールには、私が「講演会を通して伝えたい想い」・「自分のあり方」など、そこまでして本当にやらなければならない講演会なのか?という自分を見つめ直すありがたい機会をいただけました。
ここまで心配して頂ける友がいるでしょうか。

本当にありがとうございました。

●【3/13(土)】講演会まで、あと7日、、、

この日、ある来年行うイベントの準備を勉強仲間と5人で進めていました。

ここでも奇跡が起きます。
正確にいうとここでは相談しなかったのですが、夜帰って一人の女性経営者に相談しました。
するとその女性経営者の仕事でお付き合いある人が、去年福島先生を北九州に呼んで講演会を開催したというのです。

私は耳を疑いました!?

そして紹介して頂けるということになり、正直にその方に今困っている事を打ち明けました。
その中で、すぐに自分のブログでアップしていただいたり、友達に紹介していただいたりと、感謝するしかない日々です。

みなさまありがとうございます。

●【3/14(日)】講演会まで、あと6日、、、
★福島先生の講演会出席が決定(夕方4時)

この日は、以前コミュニケーションを教えてもらった人の紹介で、福岡でNLPなどを教えている人を紹介して頂きました。

私は初めて会う方なので、どういう風にお願いすればいいのかな?
この方も喜ぶような事が出来ないかな?と、考えていた矢先、一緒にやっていただいている女性がその方と知り合いだったとこが発覚!

この女性からお願いするということになりましたが、後で話しを聞くと「喜んで協力する」と言っていただいたそうです。
しかも、その方とご一緒にビジネスをやられている方までも巻き込んでいただいていました。
本当にありがとうございます。

●【3/15(月)】講演会まで、あと5日、、、

この日は一般社団法人で起業家支援をしている方とお会いし、私の想いをお伝えすると、すぐに去年の福島先生の講演会参加者やその知り合いの方に連絡して頂いたのです。

そして講演会の、当日オペレーションまで一緒に考えてくれたのです。
何から何まで、本当にありがとうございます。

そして、その方からもご紹介して頂き、また70名くらいの方にご案内をすることができました。
人のご縁に感謝でいっぱいです。

●【3/16(火)】講演会まで、あと4日、、、

この日は、以前貴重なメールをいただいたある女性経営者の方が、福島先生・高城さんの講演会の告知も出来るようにと、主催のコミュニティに呼んでいただき、30名くらいの方とご一緒に会議と食事をする機会を頂きました。

本当にありがたいです。
この出会いの中から、当日のボランティアスタッフと司会をお願いできる方がいるなんて夢にも思いませんでした。

●【3/17(水)】講演会まで、あと3日、、、

勉強会で知り合った全国の仲間に、呼び掛けていただきました。
福島先生の夢実践会に参加された方や、別の方の自己啓発で勉強されている方など。

突然の呼び掛けにも、まったくイヤな顔ひとつせず協力頂いた方々。
本当にありがとうございます。

そして、講演二日前にも関わらず、神戸・東京から来ていただいた勉強会が同期だった友。
本当にありがとうございます。

こんな状況で、講演会の集客をやっていたのでした。もう必死でした。

簡単な申し込みフォームとホントに簡単なチラシを作って。
これを作っていただいたのも女性経営者の友達です。本当にありがとうございます。

講演会当日の状況

▼福島先生、13時入り!!

さて、当日の朝はやはりバタバタで準備に会場作りに取りかかります。

会場準備のために会場には12時45分から入れるとのこと。
13時30分に開場してお客さまに入って頂くために、合計15名のボランティアスタッフは大急ぎで、準備に取り掛かります。

高城さんが12時30分会場入り。
福島先生が13時会場入り。

当日しかやれない作業で時間がどんどん取られていきます。
ボランティアの方々が、自ら進んでセッティングを進めてくれます。
本当にありがとうございました。

そして、ついに12時30分。
福岡空港にお迎えに行って高城さんが会場入りします。

「高城さん、会場入りします~」

みなさんに声をかけると、みなさん表情に緊張が走ります。
高城さんも「みなさんよろしくお願いします」と、スタッフに優しい声をかけて頂けました。
みんなの緊張も少しほぐれ、準備に大忙しです。

私は、高城さんと一緒に会場のセッティングと、会場案内・タイムスケジュールの確認をします。

そうこうしているうちに、福島先生が会場入りです。
初めてお会いする福島先生は、身体の線は細いですが、存在感が抜群にあります。
圧倒的な存在感でありながら、優しい雰囲気のオーラが出ていて、凄みを感じさせる方でした。

福島先生もスタッフみんなに「よろしくお願いします」と、優しい心使い。
スタッフのみなさんもお二人の優しさに感動して、「絶対に素晴らしい講演会にしよう!」と、誓うのでした。

そして、私は主催者として福島先生の控室へご挨拶に。
「コンコン。失礼します」と、控室に入ると、お願いしていた本へのサイン中でした。
達筆な方なので、筆ペンを準備した方がいいとアドバイスを頂いていたので、本当に良かったです。

【福島さんに頂いた直筆のサイン】

yume

(私):「初めまして。今回無理なお願いをしました、山下です。」
(私):「本当に来ていただいてありがとうございます」

とお礼を伝えると、福島先生は、

(福島さん):「今回は本当に楽しみで来ました。山下君だね。こんな人がいるんだったら福岡は大丈夫だね」

と優しいお言葉を頂き感動しました。
本当に心が広い、器の大きな方だと感動しました。

この後、高城さんにも福島先生会場入りをお伝えし、一緒に挨拶へ行きました。高城さんは昔、福島先生の講演会などに参加された事があるらしく、福島先生と昔話で盛り上がっていました。

「講演会の集客結果」

当初、目標としていた200名は集客できませんでしたが、

  • 講演会への申し込み:127名
  • 講演会への参加:116名 という結果になりました。

ご参加して頂いたみなさまありがとうございました。
協力して頂いた、関係者の皆様ありがとうございました。

講演内容(ポイントのみ紹介)

【 第1部 福島正伸 先生 】

◆タイトル
「夢しか実現しない!~夢を叶える実行力を手に入れる方法とは~」

◆内容
【1枚の写真に人生をかけよう、あなたの未来がすべて変わるから】
・その1枚でどういう仕事をするかが分かってしまう。
・プレゼンとは、自分の将来の仕事のレベルを全部見せている。
・人間は説得、説明では動かない。感動と共感でしか動かない。
・一番大切なのはその人の生き様である。
・プレゼンとは周りの力を集めること。
・自分で価値は作らなければならない。

【あきらめない理由を先に作っておく】
・自分があきらめる以外に失敗はない。
・失敗する理由⇒始めから決めてある。3~4回説明して理解されないと相手のせいにする。
・あきらめない限り成長しかない。
・不満と愚痴はあきらめた証拠。
・1000回提案すると決めていると、相手に何を言われてもアドバイスにしか聞こえない。
・人から何か言われたときに【喜ぶ・感動する】と仲間が作れる

【福島先生の最高の武器「未熟」という武器】
・こいつはダメだ!と思わせる。⇒ 一番の信用は成長と努力。
・他の人があきらめているところであきらめない姿を見せてあげる
・問題や欠点を言われてもそれを乗り越えていく姿をみせればいい
・いつも人に感謝をするその行き方をみせればいい

【自分で限界を作るな。限界とは勝手な思い込み】
・人脈は無限
・努力は無限
・感謝は無限(使えば使うほど増えて行く)
・アイデアは無限
・考え方は無限

【成功するような考え方を作った】
・一生辞めない
・どんな失敗も糧にする
・まずは僕がやる。先頭に立つ
・前向きな言葉しか使わない
・感謝しかしない
・すべてを楽しむ

仕事というのは自分の生き様!
大変なのは助け合うしかない!人の夢を応援するほど自分の夢を実現できる。
仕事を楽しみ人生を楽しみ地域を元気にする。

【 第2部 高城永地さん 】

◆タイトル
「小資本低リスクで年商1億円ビジネスを作り出す10のステップ」

◆内容
高城さんは新規事業を立ち上げて1億円までもっていくのが得意。
自身の作業の進め方を説明

【1】得たい結果を明確にする
・このビジネスにおいてなにが欲しいのか?

【2】仲間を集める
・この人たちと一緒にやりたいと思うと事業内容は関係ない
・一番本気で事業に取り組んでいる人がリーダーになる(覚悟している人)
・ビジネスは命がけ。時間を使っているから。

【3】ビジネスのテーマを決める
・このステップで成功か失敗かが80%決まる
・テーマ決めの段階ではお金がかからないので、本気でしっかり決める
・コアコンセプトを決める

【4】キャッシュポイントの設計
・できるだけ多くのキャッシュポイントを知ることが大切
・キャッシュポイントを同時に多く作ることはできないか?
・「着眼点」誰からお金が出るのか?誰が困っているのか?

【5】セールスフローの設計
・新規顧客を捕まえる時のフローの設計
・無料サンプル⇒購入 これは2ステップで購入
・どういう風に感情が動いて成約にいたるのか

【6】テストマーケティング
・商品を売る前に必ずテストする
・これ以上に信頼できるテスト結果はない。
・最初は小さくテストしていく(根拠と自信を付ける)

【7】集客
・テストの結果が及第点だったら行う。数値から淡々と行う。
・無料でもブログなどがある。
・直接反応が取れるもの(いきなりTVはやらない)

【8】商品作成
・最初は予約販売から始める
・テストを先に始めるので、顧客の気持ちがよく分かっているので顧客満足が高いものが出来る
・商品そのものの実質価値、感情価値があるので、感情価値を高めるのかに知恵をたくさん使う。

【9】顧客フォロー
・顧客をファン化していく
・顧客の行きたい方向に連れて行ってあげること(その人の問題を解決してあげる)

【10】4~9の繰り返し

一番大切なのは、「情熱」です。
事業は始めたら上手くいかないことの方が多い。
情熱がないと、すぐにあきらめてしまう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA