個人整体院が行うブログの症状別ページの作り方【基礎】

整体院ブログ手順27ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質技術を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順27】

整体院コンサルティング27回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年08月04日

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール】

第26回個別相談

第27回目の個別相談の内容

大須快福堂

【第27回目の個別相談の内容】

  • 症状別ページを作成し、各症状で悩む人を集客するアドバイス
  • 整体院の症状ページの作り方の基礎をアドバイス

「⑤:信頼構築記事の作成」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

 信頼構築のためのページができてきたので、アクセスを集めれば、予約が増えていく体制が整ってきたので、今後はアクセスを獲得することに専念していく。そのためにトップページだけからのアクセスでは集客人数はあまり増えない。そこで、症状別のページを作成し、各症状で悩んでいる人を直接集客できるようにする。

症状別ページを作成し、各症状で悩む人を集客する

の方法はいろいろあるが、、、

  1. トップページを「名古屋 整体」のキーワードでSEO一位にする。
  2. トップページを強くするためには、サイト全体を強くする。

 googleアナリティクスで分析すると、トップページの次に見られているのが、側湾症・首痛・ギックリ腰・坐骨神経痛の症状別ページ。これらの症例ページを強くすると、トップページも必然的に強くなる。

症例ページは「ここなら治る!」とイメージができるページ作りをする

それには、、、
【まとめる技術と伝え方が必要】

  • なぜ、この脱力整体、ヨガ体操が、その症状にいいのか?
  • 何がいいのか?
  • 具体的に何をどのようにするのか?
  • 実際のお客さんの声

何を(WHAT)なぜ(WHY)どのように(HOW)を使って、論理的に話をする。

どの症例ページから作っていくか?

 「側湾症・首痛・ギックリ腰・坐骨神経痛」をgoogleアナリティクスで分析すると、側湾症のページは、滞在時間が圧倒的に長いから、悩みが深いと仮説が立てられる。また、この中では閲覧開始数も多い。これは、この側湾症のページが検索でひっかかって、最初に見られているということ。

側湾症のページ検索のキーワードの調べ方

 googleアナリティクス(行動→サイトコンテンツ→すべてのページ→側湾症ページ→セカンダリーディメンション→広告→キーワード)で調べられる。

●参考:『質の高いアクセスを集める記事作成までの6つの準備』

 滞在時間が長いキーワードが、悩みが深いと仮説を立てる。そのキーワードに合わせた記事を書くといい。例えば、今回見つけたのが「14歳 背骨 側湾症」「側湾がひどくならない体操」というキーワード。このニーズを満たした記事を書くといい。こんな風に、アナリティクスみながら、仮説立てたり、実際来院されたお客さんに聞いたりしながら、側湾症のページを作っていくと、確率が高い集客ページが作れる。

 ただ、googleアナリティクスで調べた、キーワードで検索している人は、あくまでも見込み客であって、購入費している既存客ではない。ニーズがあることは明確になる。

一番確実なのは、「実際来院されたお客さんの声」

  • なぜ来院されたのか?
  • どんな悩みがあるのか?
  • どうしたいのか?

を聞いていくと、googleアナリティクスで分析して立てた仮説を実際のお客さんと検証することができる。より集客できるページ作りの情報収集ができる。

アクセスにもいろんな種類がある。

 「今すぐ治してほしい」など、人によって、関心度の(高・中・下)がある。今から取り組んでいくのは、地域+症状別のキーワードだから、基本的には今すぐ治してほしい人。だから、その人に響くページを作る。

トップページのアンケートの改善点

患者さんの良くなった状態しか書いていないから、もったいない。

「来る前はこうでした、来たらこうなりました。」と表現すると分かりやすい。

①:元々どんな症状だったのかを詳しく書く。
(例えば、普段8時間事務作業してるから、手首、腕に痛み走る症状で困っていた。)

②:そして、来院されて施術をしました。
アンケート頂き、そのアンケートにこんな風に良くなったと書いてありました。

 他人の治ったストーリーがあると、お客さんが共感すれば、私も治るかも?と思ってもらいやすい。「なんでこういう痛みが発生したのか?」「その痛みがどうなったのか?」もプラスするといい。

 この症状、私と一緒じゃない?とHPをみてくれている人が、共感するポイントが沢山あるといいので、なるべく細かく背景情報を書くといい。分かりやすいのでお伝えすると、「名古屋市在住」より「名古屋市中区在住」というように、もっと詳しい地名をいれるといい。これは、SEO対策の為でもあり、親しみが湧いてくるためのもの。

どのページも、必ずゴール(予約)に繋げる作りにする

 どのページの最後に必ず、ゴールの予約の電話番号を記載する。整体院の場合は、ブログの目的(ゴール)は予約電話。ブログで販売する場合は、申し込みボタン。

 パソコンは、次のページに行くときに、クリッックしてページが開くのが遅かったらすぐ閉じられる。予約電話をわざわざ探してくれるような人はいない。だから、お客さんにストレスのないようなページにしないといけない。

 ゴールの電話番号は、なるべくどこを見てても必ず電話番号が見れる場所、ページのヘッダー、横、一番下、フッターにものせるといい。

お客さんが知りたい情報以外は、ページに掲載しない

 エキテンサイトのロゴなどが、今トップページの一番最後にある。これが、予約の際、必要あればのせるが、必要なければ掲載しない。エキテンサイトが、必要だったら、一番下じゃなくて、横に置いた方がいい。エキテンで初見料OFFのクーポンを配っているけど、エキテンを一度外してみるというテストをしてみるといい。

 また、新規でエキテン見てこられた人に、最初にエキテンサイトか、うちのHPか、どちらを発見したのか聞いてみるといい。うちのHPを先に発見して、エキテン見てきた人が多い場合は、エキテン外してもいい。エキテンで、口コミ評価が「3.66」なので、ホント微妙。近郊で、もっといい口コミ評価のところあるから、そこよりもサービスの質が落ちると思われてします。

 さらに、この点数評価も何を基準としている点数なのか分からない。ほんとに微妙な点数。もし、エキテンを継続するなら、商品コンセプトを組み込んだ、今のHPと一貫性のあるものにしてテストしてみる。

料金を値上げすると、予約ペースが鈍った

 初回は、初見料1000円だったのを、初見料2000円に10日前に変えてから、新規の電話が減った。最近HP変更しだしてから、2日に1人ぐらいの割合で、電話がかかってきていたのが1週間で2人ぐらいになった。なので、また1000円に一度戻して、月30人、40人新規がくるようになって安定させてから、初見料を2000円にしようと思います。

 でも、初見料を2000円に一度したことで、初見料2000円や、もっと施術料があがっても新規が来るHPを作りたいと思ったし、私の合格ラインの基準が上がったので、とても良い経験をしました。

次回までのトライ

  • トップページ完成
  • 施術流れページ完成
  • アンケートを時間のあるときに追加していく。
  • 側湾症の患者さんを集客するために、当院の方法がなぜいいのか?どこがいいのか?を説明する。

山下さん、今回もめちゃめちゃ深い内容をありがとうございました。
今後の流れが分かったので、どんどん進めたら、これからすごいことになりそうです。

▶︎第27回目の個別相談を終えての解説(山下)

何か行動を起こすということは、何かしらの目的があって行動するんですよね。だから、各ページにはゴールを作ってあげないといけない。

・「この整体院行ってみたい!」と思っても、電話番号や住所が掲載されてなかったら、いけないですよね?

・amazonで、欲しい商品あったけど「申込みボタンがない!」じゃ、買えないですよね?

 繰り返し何度も何度も言いますが、お客さんの立場になって物事を考えるんです。「お客さまは、どう思うのか?」これが、すべての基本ですからね。

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】第26回目

第28回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第26回個別相談

【「この人は大丈夫だ!」信頼してもらうための想いの伝え方:整体院ブログ】

第28回個別相談

【過熱する整体院のブログ集客!USPを意識し、独自の強みで差別化を図る方法】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA