売上を着実に伸ばすブログ集客「見える化集客」

売上を着実に伸ばすブログ集客「見える化集客」

タキシードのコンサルタントご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する”タキシードのweb集客コンサルタント”山下裕司です。

当社のクライアントの中には、条件にもよりますが、

・3ヶ月で、売上4.1倍になった地方の個人整体院 

・3ヶ月で、売上2.7倍になった個人ネイルサロン 

・3ヶ月で、売上2.0倍になったメイク教室 

などの3ヶ月ほどの短期間で売上を伸ばした事例も多くあります。

※1年間で売上6000万円から1億3000万円(2.2倍)に伸ばした機械機器の会社の事例もあります。

なぜ、3ヶ月で売上が2〜4倍に伸びたのか?

なぜ、このような結果を出す事ができるのか?売上を伸ばしていくためには、ビジネス3つの要素を強化していくことが必要です。

●売上を伸ばす3つの要素とは、、、

『商品・集客・販売』のバランス

  1. 【商品】お客さまが「それ欲しい!」と思う商品を準備・作成して、
  2. 【集客】その商品に興味・関心ある人を一カ所に集めて、
  3. 【販売】商品の魅力・価値をお伝えして購入してもらう。

この「見える化」を活用すれば、”こんなこと”ができます!

  1. 商品:「それ欲しい!」と言われる売れる商品コンセプト作成ができ、
  2. 集客:購入に最も近いお客さまを効率よく集めることができ、
  3. 販売:見込み客の「欲しいこと」が明確なので、成約率の高い広告文章ができる。

『商品・集客・販売』のバランスとは?

『商品・集客・販売』の3つ強化していくのには訳があります。売上は『商品・集客・販売』の3つの中で、一番低いレベルで売上が決まってしまうのです。

●『商品・集客・販売』のバランスが悪いと売上が伸びない理由

例えば、以下の3つの例のように、、、
【例①:集客・販売=良い、商品=ダメ】

  • 商品・・・全くダメ0点
  • 集客・・・良い100点
  • 販売・・・良い100点

※この場合、商品購入後、商品内容・質が悪くてクレームに。

【例②:商品・販売=良い、集客=ダメ】

  • 商品・・・良い100点
  • 集客・・・全くダメ0点
  • 販売・・・良い100点

※この場合、お客さまが全く集まらず商品が売れない。

【例③:商品・集客=良い、販売=ダメ】

  • 商品・・・良い100点
  • 集客・・・良い100点
  • 販売・・・全くダメ0点

※この場合、お客さまは集まるが、商品の価値・魅力が伝わらず売れない。

このように、1つでもレベルが低いところがあると、それ以上売上は伸びません。3つのバランスが取れていないからです。

ですので「見える化集客」では、集客テクニックだけをお伝えするのではありません。お客さまとの信頼関係を作り、継続して売れる仕組みを作るため、

  • 「それ欲しい!」と言われる売れる商品コンセプト作成
  • 徹底したお客さまリサーチ
  • お客さまが知りたい情報の見える化

を行います。

売上を伸ばすために把握しておくべき2つの数字

そして、売上を伸ばしていくためには、「ホームページの成約率・ホームページへのアクセス数」この2つの数字は把握しておかなくてはなりません。なぜなら、 現状の状態を明確にして、現状は何が強くて何が弱いのか?今の実力が分からなければ”改善”できないからです。

改善するために2つの数字で、集客に関する自社の強み弱みを明確にして行きます。

●売上を伸ばすために把握すべき2つの数字

●【把握すべき数字1:ホームページ成約率】

ホームページ成約率とは、ホームページの実力という意味でもあるのですが、「ホームページを見に来た人がどのくらいの割合で商品を購入したのか?」という数字です。
見込み客が入力する検索キーワードとあなたのホームページは、

  • ページタイトルがマッチングしているか?
  • ページの内容はマッチングしているか?
  • 顧客のニーズを満たす商品なのか?

など、顧客が求めているものを解消できるものでないと購入までたどり着けません。

●【把握すべき数字2:ホームページのアクセス数】

ホームページを見に来た人数のことですが、数が多ければいいのですが、数だけ多くても良いという訳ではありません。商品に興味がある人が見に来てくれているのか?が重要なポイントです。商品に興味が無い人が見に来ても購入には至りません。

  • どういう検索キーワードで見に来たのか?
  • どの媒体を使っているのか?
  • どのページをどのくらいの時間見ているのか?
  • どういった理由で見ているのか?

など、どのような人がどのような理由で見ているのかを把握することが重要なポイントです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA