初心者でも読まれる整体院ブログを作る6つの改善ポイント

整体院ブログ手順30ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質技術を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順30】

整体院コンサルティング30回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年08月21日

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール】

第30回個別相談

第30回目の個別相談の内容

大須快福堂

【第30回目の個別相談の内容】

  • 集客用のブログ記事を作り込む注意点と精読率向上のポイント
  • 整体院の集客ブログの予約率が落ちた時の対策方法

「⑥:集客記事の作成」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

 当たり前の話ですが、予約数を増やすには、ホームページを読んで頂かなければなりません。 ホームページを読んで、「行きたい!」と思って、予約の電話を頂きますので、ホームページを全部読んでいただくことはとても重要です。今回は、HPを全部読んでもらえるために、どう改善すればいいかを相談させて頂きました。

読んでもらうページにするための6つのポイント

①ページの精読率を高めるページトップの工夫

「ホームページの予約率向上計画(ページを読んでもらうには)」

 当たり前ですが、キャッチコピーで伝える内容・意味は、特に重要です。お客さんのスタイルの変化の写真のキャッチコピー『背中美人!』という表現が分かりにくい。

  • 背中のニキビ(ボツボツ)が無くなってキレイになるという意味にでも取れる。
  • 姿勢が悪くて背中が丸いのが、真っ直ぐして綺麗になったという意味にでも取れる。

誰にでもイメージしやすい表現にする。

側湾症ページのキャッチコピー

『なぜ、あなたの辛い背骨の歪みと、側弯症よる腰痛・肩こりがここまで驚くほど変化するのか?』

 このページで、私の整体院に来てほしい人は、、、<20~30代の女性で、側弯症による肩こり・腰痛の痛みで悩んでいる人。だから、キャッチコピーの下の写真は、ターゲットにしている女性が掲載されている写真がいい。

 今の女子高生の写真だと、ターゲットともズレているので、伝えたいメッセージが伝えたい人に伝わらない可能性が高い。ターゲットである20代の女性との2ショット写真がなければ、施術前後の変化の写真でもいい。なぜなら、施術前後の変化の写真は、キャッチコピーの『なぜ、驚く程変化するのか?』という変化を示す言葉になっているので。

 キャッチコピーの目的は、ページを閉じられずに商品に興味をもってもらい、ページの下まで読んでもらうこと。だから、キャッチコピーと写真の伝えていることが一致していないと、一貫性を感じられずにページを閉じられてしまう。

②お客さんが読みたくなるページの流れについて

 「側弯症の原因とは?」という項目の前に、側弯症の3種類の説明があるといい。なぜなら、3種類の原因はそれぞれに違うから。

 側湾症の原因は一つということはなく、説明を端折ってしまうと、専門家として見てもらえない部分だから飛ばすことはできない。だから『側弯症の原因』と、ひとくくりされるよりも「3種類あって、それぞれの原因はこうです」ときちんと説明してある方が親切で分かりやすく、専門家だと思ってもらえる。

たとえば、、、

『これ飲んだら、2週間で10キロやせますよ』というダイエット商品で、

A:キャッチコピーは興味を引くが、理論説明がない、お客様の声もない商品

B:医師が証明する確かな理論、実際に使ったお客様の声が多数ある商品

A・Bのどちらが買いたくなるか?といえば、Bの方だと思う。
確かな理論に体験者の声がある方が、信憑性が高いから。

③「側弯症の原因」の説明の仕方

「側弯症の原因」は3つあるけど、今の説明だと、

  • 原因①:座り方が悪くて、骨盤が前後に歪むこと
  • 原因②:座り方が悪くて、骨盤が左右の歪むこと

原因の①と②で伝えていることは「座り方が悪くて、骨盤が歪む」ということ。内容が同じに見える。説明するのであれば、痛みが出るまでのプロセスを説明してあげる。

骨盤が前後に歪むと、何がどうなるのか?なぜ、背骨が歪むのか?

 今は、プロセスをすっとばして、結論だけ説明してるから、原因①と②の内容が同じに見える。もっと専門家として、背骨が歪むプロセスを説明すると見ている人が『なるほど~』と納得してくれる。

④当院の施術の『メリット・デメリット』をしっかりと書く

物事には表と裏、メリットとデメリットが必ずある。
当院の施術に関するメリット・デメリットも伝える。

例えば、、、

  • 「早く痛みは楽になるけど、長続きしない」
  • 「着実に治るけど、少し時間がかかる」
  • 「施術効果は高いけど、料金が高い」
  • 「料金は安いけど、施術効果は短い」

 ホームページやブログで良いことばかりを書いても、実際に来た時に「話が違う、、、」となってしまっては、リピートはない。来る前から、ホームページで事前に説明することで、条件に合う人だけが来てくれるようになる。そんな患者さんの方が、長くお付き合いできる。

大須快福堂のデメリットは、

  • 「1回の施術で、痛みが完全に治る訳ではない」
  • 「痛みを改善するために10個以上の体操を覚えないといけない」

など、お客さんのことを思えば、ホームページに書いておくことが大切。

⑤ターゲットのお客さんに即したページ作り(項目)

【側弯症のページの項目の流れ】

  1. キャッチコピー
  2. キャッチコピーを証明する写真
  3. サービスを体験したお客さんの感想
  4. 顧客が悩む側弯症とは何?
  5. 当院に来られる側弯症の方の特徴
  6. 側弯症の種類
  7. 側弯症の原因
  8. 側弯症の改善方法(脱力整体とヨガ体操の目的と方法を説明)
  9. 当院で施術するメリット、デメリット
  10. 施術料金
  11. 予約のための申し込み
  12. 追伸:沢山のお客さんの声(得たい結果が得られる証明)

⑥ページの信頼感と安心感を高める工夫

 ページを見た時、全体的にイラスト画像が多くて、顔写真が少ない。まだまだ、私の顔写真やお客さんと一緒に写っている写真を掲載した方が、女性らしさを感じられる温かみがある整体院として伝わって良い。特に、人の体を触る整体院なので、お客さんに安心感を与えるために、施術シーンや顔の写真が沢山あるといい。

 また、私の笑顔の写真がたくさん掲載されていると、優しそうなイメージができるから、お客さんが信頼してくれやすく、コミュニケーションがとても楽になる。

その他の相談

商品コンセプト『脱力整体+ヨガ体操』→『脱力整体+立腰体操』にしたら予約率が落ちた

 商品コンセプトの『脱力整体+ヨガ体操』→『脱力整体+立腰体操』にしたら、成約率の反応が落ちたから、もう一度ヨガ体操に戻す。

 私は、『脱力整体+姿勢体操』にしようかと思ったけど、それだと他店のコンセプトと変わらなくなってくるので、選ばれる理由がなくなる。選ばれていたのは、私が20年のヨガ経験があって、ヨガ体操を教えるということにストーリーがあるからこそ。ヨガ体操が活きる。
そこが商品コンセプトを支えている。

 今回、『立腰体操』にしてお客さんの反応を見て、自分の基準に満たないのなら修正する。
PDCAを活用して、お客さんの反応を見ながら調整していけばいいんだとやり方が分かりました。

今回の気づき

 側弯症ページの流れの中で、話す順番が、特に大事だと思いました。お客さんの立場に沿ったページの流れだと、ストーリが合って読みやすいと思いました。

 今までの私が作ったページは、たしかにお客さんからすると読みにくいです。話が戻ったり、あっちに飛んだり、こっちに飛んだりして、読もうとしているお客さんにすごくストレスをかけていたと感じました。

 もっと、お客さんに分かりやすいページを作って、側弯症で悩んでいる方に希望を与えられるようにします。山下さん、今回も分かりやすい個別相談ありがとうございました。

▶︎第30回目の個別相談を終えての解説(山下)

>当たり前だけど、キャッチコピーで伝える内容・意味は重要
これ当たり前だけど、大事です。お客さんが明確にイメージできる言葉出ないと、お客さんの誤解を生んでしまいます。渡辺さんが、伝えたいことが伝わらなくなります。

>商品コンセプトの『脱力整体+ヨガ体操』→『脱力整体+立腰体操』にしたら予約率が落ちた。
今後は、成約率を上げるために、このテストの繰り返しですね。ただ、コンセプトからの変更となると、土台から変えないといけませんので、そこは注意しないとですね。キャッチコピーを変えるのとは訳が違うので。

>当院の施術の『メリット・デメリット』をしっかりと書く
長所もあれば短所もあるのが普通なので、正直に話しましょう。という意味ですね。ただ、短所と捉えられることも、フォローすることが重要ですね。

>ページの信頼感と安心感を高める工夫
整体は、人の体を触るので、信頼関係はとても重要ですよね?相手が不安を解消できるようなサイトにするには、どうすればいいのか?その不安を解消させるために、人となりが分かるようにすると、相手は助かりますよね。「相手がどう思うか?」を意識して、サイトを作りこんでいきましょう。

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】第29回目

第31回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第29回個別相談

【顧客に整体院の価値を分かりやすく伝える3つのコツ【集客力アップ】】

第31回個別相談

【整体院ブログの記事を見やすくする4つの簡単なテクニック】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA