お客さま体験談(自動車整備:鈑金塗装工場)

自動車整備・板金塗装工場 見える化1

自動車整備板金塗装工場

【見える化集客、個別相談の体験談をインタビュー】

↑中心のボタンを押すと再生(20分16秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

今回、インタビューした時期は?

インタビュー松本さま

まずは、コンサルティングの結果から、、、

オートプロマツモト

オートプロマツモトのご紹介

オートプロマツモトのご紹介

 京都府亀岡市の自動車整備工場オートプロマツモトの松本勝三さんです。ブログはこちら『オートプロマツモト』

 松本さんは、このオートプロマツモト(自動車整備工場)を京都府亀岡市で立ち上げて、今まで13年間営んでいます。事業内容は「自動車車検・自動車鈑金塗装・自動車整備」などを主に行っています。

自動車分解整備事業自動車整備業とは、、、

自動車が通行支障なく稼働するために、メンテナンスや修理、診断、車検業務を行う業種のことを指す。

オートプロマツモトは、近畿運輸局長が認証する自動車の分解整備を事業として経営できる工場である。

「見える化集客」の個別相談を受ける前の状況は?

自動車整備 今は、ブログからお客さまの集客も順調になってきている訳ですが、ブログを立ち上げる前は、どのようにして集客していて、どのような経営状態だったのでしょうか?

 基本は、口コミなんですけれども、自動車整備工場を始めた当初は「オイル交換を出張する」ということで始めて、その中で故障があれば工場に持って帰って修理します。という感じでお客さまを作ってきました。お客さまからの口コミ紹介で、今まで商売させて頂いています。

 そこから、パソコンもほとんど触ったことのない状況から、ブログでの集客を始めました。当時、パソコンを使うといえば、修理書を閲覧するか、自賠責(自動車損害賠償責任保険)だけはパソコンでの登録になっていたので、自賠責の登録の2つですね。

見える化を活用して、集客ブログを作った反応は?

自動車整備工場 集客ブログ ブログからの問い合わせからの受注が月5~10件あります。そのうちの2件くらいは、「これは故障ではありませんよ」っていう、簡単な作業で終わるレベルのもので、お金が発生しなかったので受注には繋がりませんでした。

 ブログからの問い合わせをして頂いたお客さまは、何かしらの車の心配事があって来られたというお客さまばかりです。

 なぜ、オートプロマツモトに問い合わせが来るようになったというと、ブログが「亀岡市 自動車整備」「亀岡市 鈑金塗装」などのキーワードで、検索されやすい1ページ目の上位に表示されているという事が挙げられます。

 あとは、ブログを見ていく中で、事例などを詳しく書いている事で私を選んでいただいたのではないかと思います。

詳しく記事を作る理由:一般のお客さまに対して

 私としては、自分でやった作業をお客さまに分かりやすいようにブログに反映(書いている)しています。例えば、この「三菱 EKワゴン 車検整備 部品交換」のページ。

車検でブレーキの点検・整備をしている解説をしたページになります。お客さまに安心して、作業を任せて頂けるように、丁寧に作業の説明をさせて頂いています。一般の自動車修理を依頼するお客さまも「こんなに丁寧にやってくれているんだ」「自動車修理はこんな流れなんだ」というのが分かると思います。

詳しく記事を作る理由:同業社に対して

 もう一つは、自動車整備のプロの方が見られても、「こんな修理の仕方しているんだ」とか「こんな道具を使っているんだ」とか「ペーパー類の番手(研磨剤の粗さの数値)」などを分かりやすいように見せて解説しています。
お客さまが見ても、自動車整備の同業者が見ても、有効な記事になっていると思います。

 実際に作業をやっている人は見ないと思うんですが、営業マンの方が主に見ていると思います。営業マンの方は外に出られて営業活動しているので、作業の核心の部分は理解ができないため、お客さまに作業の説明をするときに「オートプロマツモト」の作業内容の記事をそのままお見せする事で説得力が上がると思うんです。

 作業内容の核心をお見せして、説得力を増すために私のブログを活用しているのだと思います。

見える化を活用したブログを作って良かったこと

ブログを作って良かった①:新規のお客さまが来てくれる

自動車板金塗装工場 実際に来られるお客さまは、地元の方は少なくて、こちらに転勤で引っ越されて来て、しばらく住んでいるものの、自動車整備と繋がりがなくて、ブログで検索してきた方が多いと思います。

 こちらに引っ越して来て、車検や事故に遭われて「どこの自動車整備工場に行こうか?」と探して来られる方が多いです。

 お客さまに何で依頼されたのか?を聞くと「しっかり見てくれそうだから」というのが多いですね。これは、作業の流れを全部出していますので、この取り組みに共感して頂けたのだと思います。

 しかし、自動車鈑金といっても「空研ぎ」「水研ぎ」という、やり方は大きく分けて2つあります。水でペーパーに当てられる人、僕みたいに水を使わないでやるタイプの人という風に知れると、お客さまも選択できるので、作業を見せるのは、お客さまにとってはプラスだと思います。

▶︎ブログは、自分のこだわりを表現するツール

 あとは、作業手順の解説などを細かく説明します。私にしてみたら、自動車整備に対するこだわりであります。写真や動画で手順を説明しているのですが、ある1枚の写真を抜かしてしまうと、修理完成までの物語の辻褄が合わなくなってくるんです。
自分の中で、その修理の説明をするためには、それだけの画像が必要だと認識しています。

 やはりお客さまに伝えるためには、修理完成までの流れや物語を事細かく説明してあげないと、お客さまには伝わらない。

 分かりやすく説明するためには、あれだけの画像を入れないと、オートプロマツモトのこだわりが伝わらないし、ストーリーとして形成されません。
すると、お客さまも心を打たれることが無くなってしまいます。

▶︎工場もこだわりの追求

【なぜ、自動車整備工場なのに、油臭くない・床がキレイなの?】

自動車整備板金塗装工場まずは第一に、自分自身が気持ちよい環境にいないと、気持ち良い人間になれません。そういう気持ち良い人間でないと、お客さまも来てくれません。

そして、お客さまにも、キレイな所に来て頂きたいと思うからです。私自身、家相が好きで追求した結果、こうのような工場の作りになりました。

自然の風を入れることによって、人間はものすごく気持ち良い状態になると思うんです。
その気持ち良い中に、お客さまに来て頂くというのが良いと思います。気持ち良い風を受けるから、お客さまも「話をしに来たいな」と思って頂けると考えています。

やはり人間は地球上で生きていますので、自然の風の流れに準じたように店作りをしていく。地球で生きているという考えをベースに考えていけば、お客さまにも心地よいと感じて頂ける整備工場になると考えています。

【工場のほとんどの設備は手作り】

職人の手もちろん資金の面も考慮してのことですが、建設業社に依頼して建設しても良かったのですが、工場の全てを自分なりに使いやすい仕様にするためには、まずは使わないと分かりません。

だから、今まですっと設備や空間を使ってみて「ここはどういうことに利用できるかな?」と試しながら、作り込んで来たんです。

壁一つとってみても、どの位置にしようか?と、全てのことの意味と目的を考えながら作ってきましたので、最大限に土地や空間、設備を利用できていると思います。全てが使いやすいように、工場も作り込んで来ました。

ブログを作って良かった②:自分のためにもなる

自分自身がブログの中で作業内容や宣言することを”きちんとやる”。
お客さまに提供するということを宣言することが、自分自身のためにもなります。

「見える化集客」の個別相談を受けて良かったこと

個別相談を受けて良かったこと①:「お客さま目線のブログができた」

自動車整備工場山下さんからは、お客さま目線を学ぶことができました。アドバイスをもらう言葉の一つ一つに、お客さま目線を前提において指導されるので、ブログに反映しやすいです。

その影響を受けて、私のブログでは、作業内容を1~10まで写真をつかて解説するようなブログになりました。

他のビジネスをやっておられる方でも、お客さま目線でのブログ作りができるので、伝えやすいブログになると思います。

個別相談を受けて良かったこと②:
「ブログ記事を分かりやすく見せる技術が身についた」

ブログの記事を作るのに「ものすごく楽になる」という感じです。

 何もなしの状態から文章を書き始めると、文章だけを書かないといけないということになるので、特に最初は「どうしていいのか分からない」というのが正直な気持ちなんです。特に私は、今までパソコンも触ったことのない状態から書き始めましたので、そういう書き方が分かりませんでした。

 そこで山下さんに、書き方や枠線の使い方見せ方などを指示してもらうことによって、ただの文章が枠線をつけることによって「題名」「テーマ」になりますし、それから「本文」になる。そして、写真を入れることによって、写真の題名が生まれてきますし、そこに構成が生まれてくると思うんです。

 それによってブログ記事の内容が充実しますし、見てても分かりやすいし、自分で作ってても楽しくなってきます。そんな細かい指示が、ブログの作成にはものすごく役に立つと思います。本でも目次があるように、目次があって文章を書くのは、とても文章を書きやすいんです。

 それと同じで写真を並べていって、見やすいように枠線で整える。あとは文章を入れていけば、普通に文章が出来上がっていくようになります。そうやって作っていくと、どんどん新しい発想が生まれて「こういうことも書いた方がいいな」というのが出てきて、すごく簡単にブログが仕上がっていきます。

個別相談を受けて良かったこと③:
「今、必要なこと、必要ないことをハッキリと言って頂ける」

自動車整備場 「今の自分にとって、何が重要なのか?」が分からなかったので、「これだけしなさい!」ということを指示して頂けるということが、すごく助かりました。

 目の前のことに集中するということで迷いがなくなりますので、ブログがしっかりと書けるようになりました。

 「それも大事、これも大事、あれも大事」と言われると、どこにフォーカスしていいかが分からず、なかなか作業として進められないんです。山下さんは、「これに取り組みましょう」と、次までにそれだけにフォーカスするというスタンスをとれらているので、作業もフォーカスできるんです。フォーカスできるから、その記事はとても良い記事になって、時期が経って見ても修正することもない、すごく良い記事に仕上がっていることが多いですね。それが積み重なって、そららの記事が看板の記事になったりします。

 ブログ初心者は、いろんなところに目移りするとブログを書きにくいというのがありますので、山下さんの的確な指示はすごく有難かったです。「これだけ完璧に作ればいいんだ!」と思って、フォーカスできて集中できるので、ブログ記事も早く仕上がりますね。たくさんのことを同時にやれ!と言われると、なかなかできないですけど。

 順番に確実に一つずつを覚えさせてくれたので、一つずつ自分の力になっていったので、1年間でメールも見れなかった男が、集客できるまでになれたんだと思います。

「見える化集客」は、どんな人にオススメ?

「こういうお客さんに来て欲しい」と思っている人や、これから、しっかりした店作りをされていく方には、やはり山下さんの見える化集客を学ばれたら、私はすごく勉強になると思います。

自動車整備工場

●個別相談の総括(山下より)

自動車整備や鈑金塗装の職人である松本さんは、今まで職人として圧倒的な技術レベル持つまでになった、その習得法を活用します。

本格的にブログ集客に取り組み始めた松本さんは、個別相談のアドバイスを圧倒的な吸収力と実行力を発揮し、わずか6ヶ月間で初受注を達成しました。

松本さんにアドバイスし強化したのは、主に「価値の見つけ方・記事の書き方」でした。

すでに自動車整備鈑金塗装13年の経歴を持つ方です。ブログの記事を書く内容は明確でしたので、アドバイスは2つに集中しました。

▶︎【松本さんの2つの強化ポイント】
①:お客さまとの信頼・集客に結びつく価値の見つけ方
②:その価値を分かりやすく伝える記事の書き方

自分なりの成功法則「1点集中でフォーカスして進める」を実践することで、今では毎月5〜10件以上の安定した受注を頂いています。

松本さんに初めてお会いした時は、まだオートプロマツモトの集客ブログを始めたばかりの頃でした。当時は、「リンクの貼り方」もよく分からない、画像編集を勉強中という状況でした。

→【他のお客さまの体験談を読む】

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA