製造業WEBサイトで2200万円の受注獲得した27の手順

今回の企画は、クライアントである大阪府守口市にある製造業の町工場(生産財)が『6ヶ月で売上4000万円以上アップ』した27回の改善事例をご紹介するものです。これは、「製造業のブログ集客の教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。売上4000万円アップという、結果が出るまでの27回のコンサルティング内容を「27の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

※全27ページをまとめたダイジェスト版『6ヶ月かけて問合せ数を3.1倍にした製造業サイトのコンテンツ改善ノウハウを公開』もありますのでご覧ください。

【製造業】ブログで新規受注を獲得する27の手順

この企画は、、、
製造業のブログ作り方機械製造業(生産財)のクライアントが”6ヶ月で売上4000万円以上の受注を獲得したブログ”の改善点を解説します。いわば「製造業(生産財)のブログ集客の教科書」のようなものです。

全27回を通じて、顧客からあなたの製品やサービスの売れる強みを可視化して、新規受注獲得に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

部品供給装置製造業:株式会社シマテックさま

パーツフィーダー1234


【webサイト改善の流れ】

年商1億円計画

【1ヶ月目】①問題点の把握 ②目標の設定

問題点把握1212

①問題点の把握
「現状とあるべき姿の差」を数値で見える化する

▶︎【製造業ブログで新規受注獲得する!集客できない問題を見える化する方法】

「製品が、なぜ売れないのか?」それは、その売れない原因が分からないから改善できないのです。この記事では、売れない原因を可視化することで、改善すべき問題を見つける方法を解説しています。現状の問題点の把握を行います。

  • 売上、商品別の売上、販売数の確認。
  • ブログアクセス数、成約率(購入率)の確認。
  • ブログ内部要因の確認(文章の内容・顧客の誘導・SEO対策)
  • ブログ外部要因の確認(ライバル企業のHP確認)
  • なぜ、売上が伸びないか?(世界トップ企業が振り向かない?)原因解析。

②:目標の設定(1ヶ月目に行う)
今後「進みたい目標」を見える化する

▶︎第1回【製造業:6ヶ月で4000万円の売上UPの秘訣は「狙い撃ち目標設定」】

会社の保有能力を最大活用するためフォーカス戦略の一つです。最短距離で、目標を着々と達成させるための方法です。自社の売れる強みを引き出すため、まずは自社の信念・理念に沿った長期視点に立った20年後の目標(ビジョン)の設定。そのビジョンに沿った、今年1年間の中期的な目標設定。その上で、20年後の方向に進むために「毎日何を行うか?」の具体的な目標設定を行います。

【2ヶ月目】③商品コンセプトの作成

コンセプトの作成

③:独自の商品コンセプトの作成
製品の「価値は何か?」を見える化する

商品コンセプトとは「商品企画」のことで「自社商品の価値は何か?」を言語化したもの。顧客に価値を理解してもらえるように、誰に・何を提供するか?他との違いは何か?をまとめたモノ。

▶︎▶︎▶︎「誰に提供するのか?」(お客様ターゲット)
あなたの商品を一番喜んで使ってくれる人は誰か?ということ。一番必要としている人に提供できると「高単価商品の販売数アップ」「リピート回数アップ」が見込める。

▶︎第2回【売れない製造業ブログには特徴があった!売上4000万円UPさせた3つの改善】
売れているホームページとの比較で、過去8年間、1件も受注が決まらなかった売れないホームページの特徴を洗い出し、売れるためにどのような改善が必要なのかを把握していきます。

▶︎第3回【製品コンセプトが売上を変える!製造業(生産財)の売れるコンセプトを作るコツ】
売れるホームページには秀逸なコンセプトがあります。売れるコンセプトを作るには、どんな企業がどのような悩みを持っているのか?誰に製品を提供するのか?を明確にする必要があります。

▶︎第4回【顧客の「あったらいいのに…」を叶えるための製造業のターゲット選定技術】
過去、取引のあった企業100社の打ち合わせ議事録や購入時のトラブル・数年経ってからのトラブルなど過去トラブルを全てを洗い出し、当社の顧客はどこような悩みを抱えているのかを洗い出しました。

▶︎第5回【参考になる!googleキーワードプランナーで調査した製造業の検索ニーズ】
製造業はBtoBでニッチ産業なので、パーツフィーダーという市場の大きさはどの程度あるのか?そして、どのキーワードを狙えば受注獲得できるのか?キーワード選定方法をお伝えしています。

▶︎第6回【googleアナリティクスで製造業のニッチ検索キーワードを調べるコツ】
Googleアナリティクスを使って、サイト訪問者の行動分析で過去のホームページ検索キーワードを調べることで、どのような企業にニーズがあるのかを調べる方法をお伝えしています。

▶︎第7回【売上4000万円アップした製造業独自のニッチ検索キーワード対策】
BtoB製造業の売上を効果的に伸ばすためのニッチなキーワードを戦略を行いました。BtoBの場合はキーワードの数は大きな影響なく、いかに質の濃いアクセスを集めるか?が重要です。

▶︎第8回【新規受注獲得する堅実で一番効率的な製造業の検索キーワード対策】
googleキーワードプランナーとgoogleアナリティクスで調査した内容を精査して、市場の流れを見て、個人の行動を分析しすることで、最も購入に近いキーワードを見つけるキーワード戦略を行います。

▶︎▶︎▶︎「何を提供するのか?」(提供する商品)
お客さまは、何を欲しがっているのか?を知り、それを提供するということ。
一番必要としているモノを提供できると「高単価商品の販売数アップ」「リピート回数アップ」が見込める。

▶︎第9回【生産財マーケティングの基本!大切だけど誰も教えてくれない製造プロセス可視化】
製造プロセスの中での、加工技術(固有技術・管理技術)を可視化することで、自社の強みを見つけていきます。売れる強みを引き出すための第一段階のやり方をお伝えしています。

▶︎第10回目【マーケティングセンスも必要ない!技術の可視化で新規受注獲得する方法】
「あなたの会社は何を提供していますか?」これはつまり、商品を通して顧客が得られるベネフィットを聞いている訳です。固有技術・管理技術を可視化することで、強みからベネフィットを見つけだしていきます。

▶︎第11回目【製造プロセスの技術を可視化!お金をかけずに新規受注を獲得する方法】
300個以上の自社の強みを可視化することで、自社のこだわりや他社に負けない強みを見つけることができます。自社の積み重ねてきた経験や実力を客観的に把握することができます。

▶︎第12回【SEOも文章力も不要!製造プロセス技術の可視化で新規受注獲得】
「振動や材質の劣化に強い」というこだわりを実現するための固有技術を可視化することで、より信頼性を高める方法をお伝えしています。こだわりまでは多くの企業が伝えていますが、どのようにやっているのか?までは、どの企業も伝えてないのが現状です。

▶︎第13回『見せるだけで新規受注が劇的アップした製造プロセス「品質のこだわり」』
難しい案件が持ち込まれる企業だが、その背景が明確になることで「職人が安心してチャレンジできる環境作り」ということが、最大の強みの一つだということに気がついた事例のご紹介です。

▶︎▶︎▶︎「選ばれる理由は?(USP)」
USPとは「独自な売りの提案」のこと。あなたの独自性からベネフィットを見つけ出し、そこからUSPを見つけ出す。USPが確立すると「選ばれる理由が明確になる」「ライバルとの価格競争に巻き込まれにくい」ということが見込める。

▶︎第14回【知らなきゃ損する!売れる製品コンセプトを作る生産財マーケティングの基本】
業界のライバルを調査することで、自社技術の強みを活かす方法を見つけることで「自社の強みと生き残る道」つまり、劇的に業績を伸ばせるチャンスを見つけることができます。

▶︎第15回【日本の町工場に捧ぐ!ライバル企業と差別化するための「USP構築3ステップ」】
ライバルが強すぎて勝てない・・・。と悩んでいる企業のために、どの業界でも、どのような状況でも、他社との違いを打ち出すUSP戦略で、必ず生き残る道は残っています。USP戦略のやり方をお伝えしています。

▶︎第16回【失敗しない製品コンセプトの作り方!町工場が売上4000万円UPした弱者の戦略】
従業員5人の町工場が、生き残っていくための失敗しない製品コンセプトの作り方をお伝えしています。これは弱者の戦略です。限られた生産能力をフル稼働し、利益をしっかりと残していくために高額で販売できる仕組みを作るためです。

▶︎第17回【製造業で集客するなら最低限知っておくべき「売れる製品企画を作るコツ」】
「なぜ、売れているのか?」が理解できるように、売れなかった頃のコンセプトと売れている今のコンセプトの比較をして、独自の商品コンセプトの作り方を解説しています。

【3ヶ月目】④販売記事の作成

販売記事の作成

④:販売記事の作成
製品を「購入したら何が得られる?」を見える化する

信頼関係を構築できたお客さまに購入してもらうために価値を伝える記事の作成。つまりお客さまに「この商品を買うと、どうなるのか?」購入することで得られる未来を見せてあげる記事。

▶︎第18回【成約率UPの基本!大切だけど誰も教えてくれない製造業ブログ3つの改善点】
売れないホームページの共通点の一つは、自分が伝えたいことを伝えても、顧客が知りたいことに答えてないということが挙げられます。このようにホームページから製品が売れない理由がハッキリと理解できるように解説しています。

▶︎第19回【1000万円超の生産財をブログで販売する!製造業のための信頼構築4ステップ】
「高額な生産財をwebサイトで、販売して売り上げを伸ばしていくのか?」この顧客の信頼を獲得して成約率を向上させる方法は、製造業だけに限らず、どのような業種に活用できる信頼獲得方法です。

▶︎第20回【たったの6つの改善で1300万円の受注獲得!製造業ブログの改善ポイント】
パーツフィーダーという生産財を法人向けに販売するためのwebサイト改善方法をお伝えしました。顧客との信頼獲得は、重要なポイントになりますので、その6つのポイントをお伝えしました。

▶︎第21回【ここが違った!売上4000万円UPした生産財ブログを売れる前と比較してみた】
改善前後のホームページの比較を行うことで、どこが?どう良くなった?のかを明確にすることで、売れるホームページに改善できるようお伝えしています。

【4ヶ月目】⑤信頼構築記事の作成

信頼構築記事

⑤:信頼構築記事の作成
製品の「信頼出来るポイント」を可視化する

ブログに来てくれたお客さまとの信頼を築くための記事の作成。「あなたは何者か?信じてもいいのか?」顧客から信頼を得ることや、「あなたから買いたい!」と思ってもらう深い信頼を作るための記事。

▶︎第22回【6ヶ月で問い合わせ3.1倍にした生産財ブログ!生産実績の見せ方改善事例】
webサイトの製品紹介・製作実績の見せ方を変えることで、webサイトの滞在時間も60秒伸び、顧客からの信頼が大きく変わる取り組みをお伝えしています。

▶︎第23回【ブログ成約率が劇的アップ!製造現場のお宝を見つける固有技術の見える化】
生産現場の製造設備とベテラン職人の技能など、「自社のノウハウが活用された生産設備」「職人さんの表現されていないカンコツ」など、自社に眠っている製造現場の固有技術の可視化することで、製造現場には他社にはない独自の強みが眠っています。

【5ヶ月目〜】⑥集客記事の作成

集客記事の作成

⑥:集客記事の作成
製品の「魅力」を可視化する

商品に関心のある人をブログに集めるための記事の作成。「この製品やサービスは役に立ちそうだ!」と顧客の興味を引く、顧客が求める記事を作成することで、関心の高いお客さまを数多く集めるための記事。

▶︎第24回【生産財マーケティングするなら最低限知っておくべき2つの製造業集客アイデア】
人が集まる2つの集客企画アイデアをお伝えしています。独自の販売提案や検索キーワードから見る市場トレンドや傾向で、顧客が集まる企画を作ることが、集客を増やすヒントです。

▶︎第25回【ブログの集客効果を最大化する!製造プロセスのコンテンツ化4つの事例】
「どのような記事を書けば受注に繋がるのか?」この記事の作り方として、製品コンセプトに沿った現場の情報を見せることで、疑いようのない確かな証拠を顧客にお知らせでき信頼してもらえる協力な材料になります。

▶︎第26回【google無料ツールを使って売上4000万円伸ばした製造業集客ページの作り方】
無料のgoogleキーワードプランナーを活用して「どのキーワードに、どれだけ検索需要があったのか?」市場のトレンドに合わせ、質の高い顧客をブログに集めるためのアクセスの集め方をお伝えしています。

▶︎第27回【品質の見える化が成約率を上げる!1000万円超の製品でも売れる信頼構築法】
製造プロセスを生産に影響を与えるの4M(人・モノ・設備・方法)を軸に、300以上の強みを可視化することで、顧客に製品作りのこだわり、顧客のメリットを理解してもらえる具体的なやり方をお伝えしています。

コンサルティングの結果

製造業222222

【ご感想】:1300万円の受注が決まった時は、弊社と他に競合が3社いました。1社目は一部上場企業。2社目は同業者の最大手(従業員が300人くらいの規模の会社)3社目は首相が訪問したほどの技術力がある会社。

零細企業である町工場の弊社が受注を取れたのは、やっぱり見える化できていたということ。つまり、お客さまに対するベネフィット(利益)を提供することが出来た。という成果の表れじゃないかなと思っています。

※詳細はこちら『お客さま体験談(パーツフィーダ自動供給装置)』をご覧ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA