コンセプトが売上を変える!製造業で売れるコンセプトを作るコツ

製造業ブログ手順3

ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質管理を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである大阪府守口市にある製造業の町工場(生産財)が『6ヶ月で売上4000万円以上アップ』した27回の改善事例をご紹介するものです。これは、「製造業のブログ集客の教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。売上4000万円アップという、結果が出るまでの27回のコンサルティング内容を「27の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【今回の主人公】

【製造業】ブログで新規受注を獲得する27の手順【手順3】

製造業コンサルティング3回目

この企画は、、、
製造業のブログ作り方機械製造業(生産財)のクライアントが”6ヶ月で売上4000万円以上の受注を獲得したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「製造業(生産財)のブログ集客の教科書」のようなものです。

全27回を通じて、顧客からあなたの製品やサービスの見えない部分を見えるように改善して、新規受注獲得に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(部品供給装置製造業:株式会社シマテック島原さん)

【第3回目の個別相談の解説】

↑中心のボタンを押すと再生(4分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

▶︎【主人公:株式会社シマテックのご紹介】

島原さん

  • 株式会社シマテック」(大阪府守口市)は、島原さんが経営する生産財:パーツフィーダー(部品供給装置製造業)を製造販売する会社(創業45年)。
  • HPの開設は2004年5月で、開設11年目を迎える金属加工・機械加工メーカー。

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの受注は、月0件。

  • リスティング広告:なし
  • 検索順位:「パーツフィーダー」で2ページ目の上から8番目(18位)
  • サイトページ数:290ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:1年間)

▶︎【個別相談:1年後の目標】

ホームページから5件/月の受注獲得(ブログ集客から)
※パーツフィーダーのボール部分を作れる職人不足のため、「5件/月」が生産能力の限界。

1年後の結果は、こちらの『売上が前年比1.7倍の伸び(4200万円アップ)』をご覧ください。

▶︎【「5件/月」しか受注しない理由】

パーツフィーダー

※今回の「株式会社シマテック」の場合は、右図のパーツフィーダーのボール部分を作成できる職人さんの人数が足りないため「5件/月」の受注獲得を目標にする。

パーツフィーダー業界の懸案事項として、高品質なボール部分を作れる職人さんが不足しています。

受注を受けすぎると生産が追いつかず、納期に間に合わなくなるため、現状の工場の生産能力限界「5件/月」まで受注を獲得する計画です。

【新規受注獲得のための改善タイムスケジュール】

製造業:年商1億円計画1

第3回目の個別相談の内容

島原さん

【第3回目の個別相談の内容】

  • HPから見る「独自の商品コンセプト」の現状把握
  • 「なぜ、HPから売れないのか?」商品コンセプトの問題洗い出し

 今回の個別相談は「③:独自の商品コンセプト作成」を行います。現状の問題「なぜ、HPからパーツフィーダーが売れないのか?」という、商品販売の根幹となる「独自の商品コンセプト」を見えるようにして、、、

  • どのようになっているのか?
  • どのような問題を抱えているのか?

「HPから売れるようにするための改善案を出す」その準備を行っていきます。

独自の商品コンセプトとは何か?

▶︎【そもそも、商品コンセプトとは?】
 ビジネスアイデアに対して、「顧客ターゲット・提供する価値・USP(競合優位性)」の3つを明確にした、商品やサービスの全体的な概念を表す”こだわり”。つまり『独自の商品提案』業界でオンリーワンを目指すための一つの戦略。

 製品が売れないのは、この商品コンセプトが明確でないため、他社との差別化ができず「選ばれない・・・」から売れないのです。他社と同じ製品なら、価格が安い・近いといった方が選ばれやすくなります。

独自の商品コンセプトができると、どうなる?

 

独自の商品コンセプト

できている製品

できてない製品

他社との差別化

差別化できる 差別化できない

売上・利益

高単価での販売が可能「利益が残る」 価格競争で安売り「利益が残らない」

経営

自社の強みに専念できる 常にライバルとの競争

販売

セールスが楽 セールスが大変

問合せ内容

購入前提が多い 話を聞くだけが多い

(例)分かりやすい、独自の商品コンセプトの見本

製品コンセプトの見本

 例として、東京大学の最難関の理科Ⅲ類に現役合格したい高校3年生に対して、受験用の参考書を販売するという設定で「独自の商品コンセプト」を作ってみます。

 自社独自の商品コンセプトが「できている商品」と「できてない商品」どちらの商品を欲しくなるか?を感じてみてください。

 

独自の商品コンセプト

できている製品

できてない製品

誰に提供するか?

東京大学(理科Ⅲ類)に合格したい
高校3年生に

大学に進学したい高校3年生に

何を提供するか?

東京大学(理科Ⅲ類)に合格する
ための専門の参考書を
大学合格用の参考書を

選ばれる理由(USP)は?

過去20年の東京大学(理科Ⅲ類)の
問題の中から、傾向を分析し問題を
予測するとともに、4年に1回は必ず
出る問題だけに絞り込んだ、東京大学
(理科Ⅲ類)の合格のためだけに
作り上げた参考書
特になし

 どちらの商品を欲しくなりますか?比べるまでもなく、現役で合格したい高校3年生には「独自の商品コンセプトができている商品」を欲しくなるでしょう。

 なぜなら『東京大学(理科Ⅲ類)に現役合格したい高校3年』に完全にターゲットを絞って、合格するための商品を提供しているからです。他の大学進学を考えている高校3年は全く興味も出ないでしょうが、『東京大学(理科Ⅲ類)に現役合格したい高校3年』には、喉から手が出るほど欲しい商品です。合格できるなら、少々高額な参考書でも「これが欲しい!」と購入を検討することでしょう。

 このように、小さな製造業やものづくりの会社は、ターゲットを絞る販売戦略をとることで、市場は小さくなりますが、悩みが深い高単価な製品でも購入する顧客への販売が可能となります。

シマテックの場合は?「現状把握」と「売れない理由」

シマテック旧HP

 

現状の「商品コンセプト」

売れない理由は?

誰に提供するか?

パーツフィーダーが欲しい会社

  • 早く欲しいのか?
  • 新規購入か?
  • 中古修理か?

顧客のニーズが分からない 

何を提供するか?

パーツフィーダー(部品供給)

どんな価値の商品を提供するか?

他社と差別化できない

選ばれる理由(USP)は?

なし

自社の強みを表現できてない

顧客が選ぶ理由がない

 上記のように、現状の商品コンセプトでは、『パーツフィーダーが欲しい会社にパーツフィーダーを販売している』だけの会社になっています。これでは顧客も「この会社に頼んでも自社の悩みは解決できない・・・」と思ってしまいます。

▶︎第3回目の個別相談を終えての解説(山下)

今回のコンサルティング(個別相談)で、島原さんは他社との違いが明確になっていなかったかを痛感されたそうです。

高校3年の受験生のコンセプトの例が、とても分かりやすく「自分の中では差別化できていると思っていたが、HPを見る限りでは全くできてない・・・」との感想がありました。

「シマテックのパーツフィーダーのコンセプトを作り込んでいくのが楽しみです」と今後の期待とともに、まずは誰に提供しているのか?を明確にする取り組みを始めるとの感想をされていました。

【参考:コンサルティング後の変化(1年後)】

『売上が前年比1.7倍の伸び』
ブログからの問い合わせが3.1倍に増加。
大手企業・中央省庁から1000万円以上の受注獲得。

↑中心のボタンを押すと再生(11分08秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

シマテック

※詳細はこちら『お客さま体験談(パーツフィーダ自動供給装置)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】 第2回目

第4回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

製造業:第2回個別相談

【1300万円の部品供給装置を新規受注した「製造業ブログ3つの改善点」】

第4回個別相談

【顧客の「あったらいいのに…」を叶えるための製造業のターゲット選定技術】

製造業(生産財)ブログ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA