整体院ブログで予約率UPさせる7つの改善ポイント

整体院ブログ手順34ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質管理を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

目次

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順34】

整体院コンサルティング34回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年10月18日 

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール】

整体院集客状況推移

第34回目の個別相談の内容

大須快福堂

【第34回目の個別相談の内容】

  • 「坐骨神経痛」の集客用ページの予約率を向上させるためのブログ記事のフィードバック
  • 前回の個別相談で行った「側湾症」ブログ記事の改善による結果

「⑥:集客記事の作成」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

 前回の「側湾症」の集客ページに引き続き、今回は坐骨神経痛でお悩みの方を集客する為のページを改善していきます。今回は坐骨神経痛にお悩みの方が「大須回福堂にお願いしたい!」と思ってもらえるページに作り込む為の改アドバイスを行いました。

前回の「側湾症の集客ページ」の改善結果

 側弯症の新規の患者さんが増えている。(人数は集計中)分かりやすく側湾症ページがまとまったので、ようやくホームページを見ている人の判断の土台にのった。お客さんの行動の「見る→理解する→判断する」という3ステップの流れの中で、ようやく判断してもらえる段階に来た。

 今までは、理解してもらえてなかったので、大きな前進だと考えます。こんな風に、お客さんに理解してもらえる症状ページをきちんと作っていくと、どんどん新規患者さんが増える。来てくれたお客さんに体験談や感想などの声が増えれば増える程、信頼度が増す。そうやっていくうちに、テレビや雑誌の取材や著名人・グランパスなどのスポーツ選手もくるようになるかも(笑)

坐骨神経痛の集客ページについての7つの改善ポイント

改善点①:キャッチコピー「坐骨神経痛」の何が変化するのか?

坐骨神経痛ページ

今のキャッチコピー
「なぜ、あなたの辛い「坐骨神経痛」が、ここまで驚くほど変化するのか?」

↓  ↓  ↓

疑問???
「坐骨神経痛の何が変化するのか?」

坐骨神経痛で困っている人は、どのような時に、どのような痛みで困っているのか?これを表現してあげないと、お客さんには響かない。

改善点②:トップにある写真の説明が分かりにくい

坐骨神経痛ページ1

▶︎写真のコメント改善点

 トップの写真の上の「1回目施術前→1回目施術後」の明記は消して、下の方に「初回の施術前・施術後」といれた方が、パッと見て分かりやすい。掲載されている写真は、何がどう変わったのか、分かりやすくするために目印となる線を引くことで、体の変化を見やすくする。

 写真の意図が伝わるように、画像の下にコメントを入れるが、写真の下にある「渡辺さんの説明」と「この方の感想のコメント」の2つではなく、この方の感想コメントだけにする。そっちの方が見やすいから。

▶︎注意点

 *このコメントでは、この方の改善例のすごさが伝わらず、非常にもったいない。そして、掲載している写真画像とコメントの整合性が取れてない。

●【改善前の感想コメント】
『歩くだけで、お尻~太ももの裏が痛くて、前かがみで歩いていたのが、スタスタまっすぐ歩けるようになりビックリしました。』

↓   ↓   ↓

>●【改善後の感想コメント】
『病院に2週間入院しても痛かった「椎間板ヘルニアと坐骨神経痛」が、10回の施術で、腰・足の痛みがでなくなり、ゴルフも出来る様になりました。』

改善点③:「当院のお客さまの感想」一人目の方の感想の伝え方

坐骨神経痛ページ2

▶︎一人目の方の感想コメント

『歩くと出るお尻、太ももの激痛が楽になり、ゴルフもできるようになった』
とあるが、『歩くと出る』が、一歩目から痛いのか、長時間歩くと痛いのか分からない。

▶︎お客さんの納得度を上げる工夫

 この方は10回施術に通って頂いたお客さんなので、可能ならば施術1~10回目までの経過を掲載する。お客さんは、何回で自分の痛みが良くなるのか?それが一番知りたいから。そうすると「10回施術すればなんとかなるのか…」と、10回の施術が再発しない体をつくる為のスタンダード(標準)になる。

 1回目の施術で痛みが改善して終わろうとする人にも、『今やめると再発の可能性あり。この体操やってほしいから、あと何回は来てくださいね。』と言っても説得力も増す。

改善点④:「当院のお客さまの感想」二人目の方の感想の伝え方

坐骨神経痛ページ4

▶︎二人目の方の感想コメント

この方の感想コメントから、施術のすごさや改善の素晴らしさが全く伝わってこない。

キャッチコピー「変更前」
「コンビ二まで5分歩くと、ふくらはぎの激痛、しびれでしゃがみこんでいたが、20分歩ける。』

↓   ↓   ↓

キャッチコピー「変更後」
「コンビニまで5分歩く度に、ふくらはぎ・足首の激痛・しびれで歩けなくなり、足元の商品を見る振りして、しゃがみこんでいた状態が、20分も普通に歩けるようになった。」

こんなにひどかったのが、こんなに良くなったというギャップをきちんとみせたい。
お客さんは「そんなにひどかったんだ~。じゃあ読んでみようかな?」となるから。

▶︎お客さんの納得度を上げる工夫

 1,2,3回目の施術で、どんな風に良くなったか?経過を見せると納得度も高まる。脊柱管狭窄症の症状がでていて病院で診断されているなら、それを書いてもいい。20分も普通に歩けるようになった、”その価値”をお客さんに伝わるように伝える。

 今まで、コンビニまで歩くと、5分ごとに激痛がきて、下の商品をみるフリしてしゃがみこんでいた。それが数回で良くなった。仕事柄、強い体を作らないといけないから再発防止の為にも29回来られてます。

改善点⑤:「当院のお客さまの感想」三人目の方の感想の伝え方

▶︎三人目の方の感想コメント

 この三人目の方は、何回で激痛が改善されたか。劇的に変わったとか、メンテナンス20回通って卒業したなど、明確な数字や回数を表現すると納得度が増すので正直に書いていい。

改善点⑥:「当院のお客さまの感想」四人目の方の感想の伝え方

坐骨神経痛ページ5

▶︎四人目の方の感想コメント

「農業が楽になった」という感想コメントの表現は分かりにくい。

↓   ↓   ↓

農業が楽になったって、どういう意味?

「一日中、トラクター乗っているのが楽になった。」
「一日中のっている車やトラクターの乗り降りが楽になった。」などにするといい。

改善点⑦:当院の坐骨神経痛の施術の3つのメリット

▶︎メリット①「激痛が安らぎます」

坐骨神経痛ページ6

 この「激痛が安らぎます。」という表現は分かりにくい。「痛みを感じない時間が増えて、ゆっくり休めるようになる。」に変更すると、施術を受けると結果何が得られるのか?が分かりやすくなる。

▶︎メリット②「自宅や職場でその痛みを軽減できる30秒の体操だから改善が早い。」

坐骨神経痛ページ7

 なぜ「30秒の体操だから改善が早い」のか?この「自宅や職場でその痛みを軽減できる30秒の体操だから改善が早い。」分かりにくい。「30秒の簡単体操だから”スキマ時間でもできる”ので、改善が早い。」の方が、分かりやすい。

▶︎メリット③「坐骨神経を圧迫しない正しい姿勢が身につき、根本的に改善し再発しない。」

坐骨神経痛ページ8

 言いたいことが伝わらない。ここで言いたいことは、”再発しない体を作れる”ということだと思う。なので、「根本的に改善し、再発しない体になる、体づくりができる。」という言い方にすれば、伝わりやすくなるのでは。

次回までの課題と今回の気づき

・坐骨神経痛と頭痛のお客さまを集客する専門ページを完成させる。

 前回と同様に、同じ文章でも、小見出しをつけたり、改行したりするだけで、すごく見やすくなることが分かりました。今回は、お客さんの目線で見ると写真とコメントの内容が、ちょっとニュアンスが違っていて、話が噛み合わないというアドバイスもして頂き大きな気付きになりました。

 「ホームページの内容が親切で分かりやすい」という理由で来院される方が増えています。山下さん、ありがとうございます。

▶︎第34回目の個別相談を終えての解説(山下)

真剣に痛みを改善したくて悩んでいるお客さまほど、ホームページの内容をしっかり読み込んで来院される可能性が高いです。お客さまが知りたいと思うポイントは、特に顧客目線になり相手の立場になって話を進めてあげることが重要です。

自分が来て欲しいお客さまが理解できる言葉・伝え方を用いましょう。写真・お客さまの感想コメント・解説など、全てのことに一貫性を持つことで、こちらから発するメッセージがブレない。それが、お客さまの安心感を生み信頼につながり、集客につながります。

もちろん、なんとなくの直感で決める人もいますが、今回のゆうこさんの場合は「真剣に悩んでいる人に来て欲しい」というご希望がありましたので、そんな悩む人の為に丁寧な解説をしてあげましょう。

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】 第33回目

第35回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第33回個別相談

【整体院ブログからの予約率を7.3倍にした10の改善ポイント】

第35回個別相談

【見える化でWeb予約を7.3倍にした整体院ブログ!8つのページ改善ポイント】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA