googleキーワードプランナーで分かった売れる製造業の検索キーワード

製造業ブログ手順5

ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質管理を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである大阪府守口市にある製造業の町工場(生産財)が『6ヶ月で売上4000万円以上アップ』した27回の改善事例をご紹介するものです。これは、「製造業のブログ集客の教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。売上4000万円アップという、結果が出るまでの27回のコンサルティング内容を「27の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【製造業】ブログで新規受注を獲得する27の手順【手順5】

製造業コンサルティング5回目

この企画は、、、
製造業のブログ作り方機械製造業(生産財)のクライアントが”6ヶ月で売上4000万円以上の受注を獲得したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「製造業(生産財)のブログ集客の教科書」のようなものです。

全27回を通じて、顧客からあなたの製品やサービスの見えない部分を見えるように改善して、新規受注獲得に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(部品供給装置製造業:株式会社シマテック島原さん)

【第5回目の個別相談の解説】

↑中心のボタンを押すと再生(6分09秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

▶︎【主人公:株式会社シマテックのご紹介】

島原さん

  • 株式会社シマテック」(大阪府守口市)は、島原さんが経営する生産財:パーツフィーダー(部品供給装置製造業)を製造販売する会社(創業45年)。
  • HPの開設は2004年5月で、開設11年目を迎える金属加工・機械加工メーカー。

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの受注は、月0件。

  • リスティング広告:なし
  • 検索順位:「パーツフィーダー」で2ページ目の上から8番目(18位)
  • サイトページ数:290ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:1年間)

▶︎【個別相談:1年後の目標】

ホームページから5件/月の受注獲得(ブログ集客から)
※パーツフィーダーのボール部分を作れる職人不足のため、「5件/月」が生産能力の限界。

1年後の結果は、こちらの『売上が前年比1.7倍の伸び(4200万円アップ)』をご覧ください。

▶︎【「5件/月」しか受注しない理由】

パーツフィーダー

※今回の「株式会社シマテック」の場合は、右図のパーツフィーダーのボール部分を作成できる職人さんの人数が足りないため「5件/月」の受注獲得を目標にする。

パーツフィーダー業界の懸案事項として、高品質なボール部分を作れる職人さんが不足しています。

受注を受けすぎると生産が追いつかず、納期に間に合わなくなるため、現状の工場の生産能力限界「5件/月」まで受注を獲得する計画です。

【新規受注獲得のための改善タイムスケジュール】

製造業:年商1億円計画1

第5回目の個別相談の内容

島原さん

【第5回目の個別相談の内容】

  • 製造業(ニッチ産業)の自社製品の「検索キーワード数」を調査する
  • googleキーワードプランナーによる市場の検索キーワードから狙うべきキーワードと集客戦略を考える

今回の個別相談は「③:独自の商品コンセプト作成(誰に提供するのか?)」を行います。

 そのために、そもそもパーツフィーダーという製品が「インターネット市場にニーズがあるのか?」をgoogleキーワードプランナーを使って、過去の検索キーワードボリュームを調査します。

「パーツフィーダー」など製造業はニッチ産業。市場はあるのか?

 ホームページやブログで「優良顧客を集客したい!」「新規受注を獲得したい!」「大手から受注獲得したい!」と考えているのなら、そもそも市場があるのか?を把握することが、まず先です。

 人通りの無い道にお店を出しても、お客さんが誰も来ないように、インターネットで検索されるキーワードでないとブログやホームページを見てもらえません。SEOキーワードの重要性については『店舗ブログ集客|3ヶ月で売上4倍に伸ばすSEOキーワードの選定方法』を参照してください。

 ということで、まずは「パーツフィーダー」というキーワードが、どの程度インターネットで検索されているのか?を調査しました。

googleキーワードプランナー

キーワードプランナーとは?

キーワードプランナー●『目的』
「トレンド調査」であり需要のあるキーワードを調べるためのツールである。

●『何が分かる?』
どのキーワードに、どれだけ検索需要があったのか?時代の傾向(トレンド)を調べるもの。

●『メリットは?』
①:製品と関連性の高いキーワード(語句)を検索できる。
②:googleの過去の掲載結果データとトラフィック予測データを確認できる。

●『Search Console の利点』
①:Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視できます。
②:Google がコンテンツにアクセスできることを確認する。
③:クロール対象の新しいコンテンツを送信し、検索結果に表示したくないコンテンツを削除。
④:人目を引く検索結果を提供するコンテンツを作成し、監視する。
⑤:検索パフォーマンスへの影響を最小限に抑えながらサイトを維持する。
⑥:マルウェアやスパムの問題を監視し、解決することでサイトを常に正常な状態に維持する。

「パーツフィーダー」というキーワードは検索あるのか?

 「パーツフィーダー」をgoogleキーワードプランナーで調査しました。以下が、調査結果です。

 「パーツフィーダー」は『月間検索ボリューム:1300回』検索されていました。製造業のニッチ産業の中では、検索ボリュームは問題なくあると判断できそうです。検索ボリュームはあったものの、重要なのは「購入に繋がるキーワードがあるか?」ということです。

パーツフィーダー検索

検索キーワードとは、
「文章全体の意味を引き出すための重要な手がかりとなる語」になります。

インターネット(ブログ・ホームページ)の場合だと、お客さまがgoogleやyahooなどの検索エンジンで、検索するために使う言葉であるため、
『検索キーワード = 顧客ニーズ(欲求・欠乏感)』ということでもあります。

 つまりお客さまは、インターネットを使って自分の抱えている欲求・欠乏感を満たすために、何を探しているのです。詳しくは『店舗ブログ集客|3ヶ月で売上4倍に伸ばすSEOキーワードの選定方法』をご覧ください。

どのような検索キーワードの顧客をターゲットすべきなのか?

 どの検索キーワードの顧客をターゲットにするべきかを決める前に、以下のロングテール理論の図を見て頂きたい。

ロングテール理論

 つまり、検索数が多いキーワードの対策をするよりも、「ミドル 〜 テール」にあるキーワードを対策したほうが良いということです。

その理由は、
①:2語3語キーワードになるほど検索意図(悩み)が明確になる
②:成約率が高い上、ブログによるSEO対策が容易だから

 では、このロングテール理論を、「パーツフィーダー」で調査したgoogleキーワードプランナーのグラフに当てはめて考えてみると、以下の「googleキーワードプランナー:キーワード検索数」の図のようになります。

googleキーワードプランナーグラフ

 では、「ミドル 〜 テール」の検索キーワードをお客さまの立場になって考えて、その意図を考えてみましょう。

どのようなキーワードが検索されているのか?3分類

【①:購入に近いと考えられるキーワード】

「この型が欲しい」と、求めるモノが明確なキーワード。

 

キーワード

月間平均
検索ボリューム

競合性

競合ランク

10

パーツフィーダー 価格

90 0.99
12

ねじ供給機

90 0.92
13

ボールフィーダー

70 0.41
18

振動フィーダ

50 0.31
19

ネジ供給機

50 0.42
20

直進フィーダー

50 0.55
21

リニアフィーダ

50 0.23
24

ボルトフィーダー

40 0.29
27

ボウルフィーダ

30 0.21
28

フィーダー路線

30 0.02
30

直進フィーダ

30 0.46

【②:メーカーを探しているキーワード】

パーツフィーダーの購入を考えてはいるが、「どこのメーカーが一番良いのか?」を検討しているキーワード。

 

キーワード

月間平均
検索ボリューム

競合性

競合ランク

9

n◯n パーツフィーダー

110 0.18
11

パーツフィーダー メーカー

90 0.54
23

前◯精機

40 0
25

シン◯テクノロジー 代理店

40 0.03

【③:情報を仕入れたいキーワード】

情報を知りたいだけなのか?購入するのか?は不明で、購入するとしても時間がかかると思われるキーワード。

 

キーワード

月間平均
検索ボリューム

競合性

競合ランク

1

電子部品

4400 0.68
2

パーツフィーダー

1300 0.54
3

フィーダ

390 0.06
4

パーツフィーダ

320 0.37
5

振動フィーダー

170 0.5
6

振動装置

140 1
7

パーツ屋

140 0.11
8

パーツフィーダー原理

110 0.14
14

部品供給装置

70 0.38
15

パーツフィーダーとは

70 0.05
16

供給機

50 0.39
17

フィーダとは

50 0
22

自動供給装置

40 0.78 高 
26

供給装置

40 0.43
29

ドラム 部品

30 0.47

売上を効果的に伸ばすためのキーワード戦略(優先順位)

googleキーワードプランナーによる、過去の市場統計データを見て顧客のニーズを探って行きます。

▶︎狙うべきキーワードの優先順位

No.1

【①:購入に近いキーワード】

  1. パーツフィーダー 価格
  2. ねじ供給機
  3. ボールフィーダー
  4. 振動フィーダ
  5. ネジ供給機
  6. 直進フィーダー
  7. リニアフィーダ
  8. ボルトフィーダー
  9. ボウルフィーダ
  10. フィーダー路線
  11. 直進フィーダ

No.2

【③:情報を仕入れたいキーワード】

  1. 電子部品
  2. パーツフィーダー
  3. フィーダ
  4. パーツフィーダ
  5. 振動フィーダー
  6. 振動装置
  7. パーツ屋
  8. パーツフィーダー原理
  9. 部品供給装置
  10. パーツフィーダーとは
  11. 供給機
  12. フィーダとは
  13. 自動供給装置
  14. 供給装置
  15. ドラム 部品

No.3

【②:メーカーを探しているキーワード】

  1. n◯n パーツフィーダー
  2. パーツフィーダー メーカー
  3. 前◯精機
  4. シン◯テクノロジー 代理店

▶︎第5回目の個別相談を終えての解説(山下)

「googleキーワードプランナーを使ったキーワード選定のやり方を初めて知りました・・・。」島原さんからの感想です。

今回のコンサルティング(個別相談)では、市場調査の基本をおつたえしました。今までは、市場データやgoogleキーワードプランナーの情報などは、全く活用せずに、自分の勘だけでやってきたとのこと。

だから「顧客が何を求めているのか?」「どのキーワードを優先的に対策すればいいのか?」など、見当もつかなかったそうです。

今回、ご紹介したgoogleキーワードプランナーなどのツールを上手く活用することで、市場のトレンド(傾向)を把握することができます。大きなトレンドの波を把握し、顧客の細かな要望を調べることで、長期的視野を持ったビジネス展開ができます。

【参考:コンサルティング後の変化(1年後)】

『売上が前年比1.7倍の伸び』
ブログからの問い合わせが3.1倍に増加。
大手企業・中央省庁から1000万円以上の受注獲得。

↑中心のボタンを押すと再生(11分08秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

シマテック

※詳細はこちら『お客さま体験談(パーツフィーダ自動供給装置)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】 第4回目

第6回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第4回個別相談

【顧客の「あったらいいのに…」を叶えるための製造業のターゲット選定技術】

第6回個別相談

【googleアナリティクスで製造業のニッチ検索キーワードを調べるコツ】

製造業(生産財)ブログ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA