Web予約を7.3倍にした整体院ブログ!8つの改善ポイント

整体院ブログ手順35ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質管理を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである愛知県名古屋市にある整体院が『毎月30人の新規集客』した35回の改善事例をご紹介するものです。これは「個人整体院の集客ブログの教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。新患集客30名という、結果が出るまでの35回のコンサルティング内容を「35の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【整体院】ブログで新規顧客を集客する35の手順【手順35】

整体院コンサルティング35回目

この企画は、、、
整体院ブログ作り個人整体院のクライアントが”6ヶ月で毎月30人の新患を集客したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「個人整体院の集客ブログの教科書」のようなものです。

全35回を通じて、顧客からあなたの整体サービスの見えない部分を見えるように改善して、新規集客に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(愛知県名古屋市:大須快福堂:渡辺さん)

▶︎【主人公「整体院:大須快福堂 渡辺さん」のご紹介】

整体院:大須快復堂

  • 大須快福堂」(愛知県名古屋市)は、渡辺さんが経営する個人整体院(開業9年)。
  • ホームページの開設は2011年4月からで、開設5年目を迎えた。

▶︎【個別相談の日時】

2015年10月21日 

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの集客は、月4人程度。

  • リスティング広告:Yahoo!プロモーション(スポンサードサーチ:検索連動型広告)の掲載
  • 検索順位:「名古屋市 整体」で2ページ目の上から3番目
  • サイトページ数:1700ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:6ヶ月間)

▶︎【個別相談:6ヶ月後の目標】

①:ホームページから30人/月の新規集客(ブログ集客のみ)
②:口コミ紹介で10人/月の新規集客

6ヶ月後の結果は、こちら『整体院集客:毎月30人前後の新患集客に成功』をご覧ください。

【新規集客のための6ヶ月間改善スケジュール】

整体院集客状況推移

第35回目の個別相談の内容

大須快福堂

【第35回目の個別相談の内容】

  • 「頭痛」の集客用ページの予約率を向上させるためのブログ記事のフィードバック
  • 前回の個別相談で行った「坐骨神経痛」ブログ記事の改善による結果

「⑥:集客記事の作成」のご相談をされた渡辺さんのご感想です。

 前回の「坐骨神経痛」の集客ページに引き続き、今回は頭痛でお悩みの方を集客する為のページを改善していきます。今回は坐骨神経痛にお悩みの方が「大須快福堂にお願いしたい!」と思ってもらえるページに作り込む為の改アドバイスを行いました。

「頭痛で悩むお客さん」の集客ページ改善

改善①:頭痛ページのトップ写真とキャッチコピーだと、ページの下を読まれない

 トップ写真は、お客さんの声を使う。(坐骨神経痛のページのように)本当は、パッと見て一瞬で変化の分かる症状の写真がいい。そんな写真がない場合は、お客さまと一緒に写っている写真を活用するといい。

頭痛キャッチコピー

 見本としている「福岡らくらく整体院」のトップ写真は、沢山のお客さんとのツーショット写真。なぜかというと、福岡らくらく整体院のコンセプトが「福岡県で一番安心できるお店」を目指しているから。だから、お客さんとのいい関係をアピールしている。

 これは、お客さまといい関係を築けているということは「良い仕事をしますよ!」という言葉の裏返し。整体の腕が良い、サービスも良いということを、アピールしている。
これは、当時ライバルの誰もやっていなかったので、大きな効果があった。

頭痛TOP

 だから、もし、お客さんとのいい関係性をアピールしたかったら、もっと、沢山のお客さんと一緒に写っている写真を増やす。にぎやかで人がいっぱい来ている雰囲気になるから。今の大須快復堂のホームページのままだと、寂しい雰囲気になってしまう。

 また、「名古屋 頭痛」という検索キーワードでページを検索して、ライバルはどんなページを作っているのか?を確認する。同じようなページを作っても反応はないので、確認することも重要。その中で、他社ライバルより自分のページが突きささるか?をチェックする。

 整体院に来られる方は、頭痛だけというよりも、肩こり・首こりがひどくなって、頭痛になる方がくる。ただ頭痛だけでなく、肩こり・首こりからの頭痛になっている人に向けたメッセージを作ることが重要。そんな人に突き刺さるキャッチコピーやメッセージにする。

改善②:キャッチコピーの文字の見せ方改善

 キャッチコピーの『なぜ「あなたの辛い頭痛」が、ここまで驚くほど変化するのか?』が3行に渡って書かれてあるので読みにくい。

 横の無駄に空白になっているスペースがもったいない。その分、読んでいる人は、下にスクロールしないといけない。ページを開いた瞬間に、ホームページを見ている人に、どれだけ「下を読みたい。」と思ってもらえるかが勝負なので、ムダな空白やスクロールさせてしまうのは改善するべき。キャッチコピーは、3行から2行に修正した方がいい。

頭痛キャッチコピー

「ここまで驚くほど変化するのか?」
と言われても、変化を証明する写真などがないから、意味が伝わらない。
キャッチコピーの下の写真が、キャッチコピーの答えとして機能してない。

見本としている「福岡らくらく整体院」は、キャッチコピーと画像の下に、以下のようなコメントを入れている。

———————-
「あ~気持ちいい~」と痛みを忘れてしまう様な施術
『月に何度か、起き上がれないくらいひどい!』という方に
福岡市で選ばれる理由はココにあります。
———————-

頭痛TOP

キャッチコピーと画像の下のコメントの流れを作っているので「あ~そんな風に良くするのか~」とお客さんは納得する。

『月に何度か、起き上がれないくらいひどい!』というのは、お客さんから頂いた声を活用している。

改善③:整体院のコンセプトが重要

「福岡らくらく整体院」は、福岡県で一番安心できる整体院というのがコンセプト。

 でも、いくら言葉で「ココが一番安心できますよ~」とHPで伝えても、お客さんには、全く響かない。言えば言うほど、嘘っぽくなってしまう。だから、第三者であるお客さんの言葉を使って「ココが一番安心できますよ~」という同じ意味を持つ言葉を使って、安心できるということを伝えている。

スクリーンショット 2015-12-04 13.38.45 一つの例として、ヘッダー部分にある「お客さんが笑顔になれる整体院」という言葉も、それを表現している。「福岡県で一番安心できる整体院ですよ」と言うだけではお客さんには伝わらない。

fukuokaosusume だから「あなたがなぜ笑顔になれるのか?その理由と想い」というページを作って、その意味が伝わるように伝えさせてもらっている。だから、一番目立つサイドメニューの一番上に目立つようにバナーを作って、ページに飛ぶように誘導している。

改善④:キャッチコピーの下の誘導部分の改善

 どういった悩みを持った人が来てくれるのか?その人達が、どういった風になるのか?それが、ひと目で分かると、その下を読んでもらいやすい。

  • 『首痛からくる頭痛が・・・』
  • 『肩こりからくる頭痛が・・・』
  • 『がちがちに筋肉固まってしまっている人が・・・』

 頭痛の種類もたくさんある、そんなひどい頭痛が、軽減されました。と書くと今より分かりやすい。

誘導部分

改善⑤:プロフィール部分の改善

 プロフィールにセミナーで、沢山の人の前で教えている写真があれば、そういう写真も入れるといい。人に教えているということは、よく知っていたり経験が豊富な人、先生だと思ってもらえるので、信頼を得やすい。

 現状のプロフィールを書いている場所が、ページの下過ぎて「この書いている人は誰なんだろう?」とお客さんに疑問に思われてしまうので良くない。ページ上部のお客さんの声の下に挿入するといい。

改善⑥:頭痛の特徴部分の改善

スクリーンショット 2015-12-04 13.44.38

 頭痛の特徴の見出しになっている『おもな頭痛の3つの種類の特徴や悩み』は、長くて読みにくい。例えば、『3つの頭痛の種類(特徴・悩み)』の方が、文章が短くてパッとひと目で内容が理解できるので分かりやすい。

スクリーンショット 2015-12-04 13.45.21

①小見出しの『肩や首などの筋肉の緊張性頭痛』も、同じように分かりづらい。

『肩や首などの筋肉の緊張からくる「緊張性頭痛」』という風に、伝えたいポイントにかぎかっこなどを使うと見やすくなる。緊張性頭痛というのが伝わるやすくなる。

スクリーンショット 2015-12-04 13.46.18

②小見出しの「片側が『ズキズキ』痛む偏頭痛」は、言葉の意味が分かりづらい。

偏頭痛の原因は、片方の血流が悪いことからくるので、『片方の血流が悪いことから片側が『ズキズキ』痛む偏頭痛』の方が言葉の意味として分かりやすい。

 『3つの頭痛の種類(特徴・悩み)』の中の、緊張性頭痛の紹介文は、読まれない。文章の中に、目が止まる部分がないので、流されてしまう。さらには、目が止まる部分がないので、最初から順を追って、読まないと分からない文章は、まず読んでもらえない。

●【改善ポイント】

『読んで分かるのではなく、見て分かるように改善するといい。』

 「結局、お客さんがこの整体院で治療したら、結局どうなるの?」というところが、ハッキリ分からないといけない。それが、分かるのが「お客さんの感想」や「お客さん体験談」の役割。その「ここに来て施術したらどうなるの?」がハッキリ分かって、やっと次の段階「なぜ、大須快回堂の施術で、治るの?」と思ってもらえる。

 そこで初めて、大須快回堂の整体で改善する理論・私の考えを伝えて、納得してもらえるお客さんの状態を作っていく。

改善⑦:頭痛を良くする整体の目的と方法の改善

見出しの「頭痛を良くする整体の目的と方法」文章が長くて、一目で分かりにくい。

かっこをうまく使って「頭痛を改善する整体(目的と方法)」などに変更すると分かりやすくなる。

【頭痛の3つの原因とは部分の改善】

原因①の文章は読まれない。

スクリーンショット 2015-12-04 13.48.19なぜ・・・?いきなり1000ページの本を読めと言われても、量が膨大なので、読もうとは思わない。それならば、、小刻みに10ページずつ渡された方が、読みやすい。小分けしてあった方が読もうという気になる。それと同じで、文章の中に、文章が切り替わる部位に、小見出しを2~3つ作るといい。

改善⑧:お客さまの声の改善

宮坂さんの声の紹介をしているキャッチコピーの部分は、何回ぐらいで痛みが楽になったか?回数を表すといい。

スクリーンショット 2015-12-04 13.53.09

 例えば、、、『頭の病気ではないか?と思う程のひどい頭痛が◯回の施術で楽になりました。』こう書くと、お客さんが「何回施術すれば、私のこの頭痛も改善できるのね」と目安になる回数を判断できるので心理的なハードルが下がるので、予約しやすい。

 HPのキャッチコピーや文章の改行が、あったりなかったりとバラバラになっているので、非常に読みにくくを徹底する。お客さんに「読みにくい…」と思われると、ページを閉じられるので、そんなことでページを閉じられるのは非常にもったいない。

 結局、お客さんが知りたいことは、「何回ぐらいで楽になったか?」「どんな悩みの人が、どんな風に良くなったのか?」ということ。

『ブログに掲載されている人の声を上手く活用しよう』

▶︎:【ブログの頭痛の事例にある加藤さん】
 ブログに書いてある加藤さんは、頭痛・首痛・肩こりで通われていて、今は痛みがほとんどでなくなり、名古屋ウィメンズマラソンで初マラソンを完走できた。すごいことしてる。

 『頭痛よくなった → 気持ちが前向きになった → マラソンを完走できた』すごい価値を提供しているということを、もっと自覚し、発信していく。

▶︎:【ブログの頭痛の事例にある山田さん】
 7~8年前から頭痛・舌のしびれに悩まされてきたてうつ病と診断され薬を飲み続けることになったが、一向に治らない。しかし、大須快福堂の施術を受けると、何年も痛かった頭痛が楽になり、舌のしびれも減ってきた。

 「体も軽くなり、調子の良い日が続いています。痛みのない幸せな日々、快福堂さんに出会えて良かった。」ブログの山田さんのコメントを見ても、すごい価値を提供している。これもすごいことなので、価値を埋もれさせずに、きちんと伝えていくようにする。

▶︎:【お客さんに伝わる伝え方を考えていこう】
 体操を行うことで、ヒップアップなどの効果も大きいが、ホームページを見ている人は、まず痛みを改善したい人が多い。いきなり「お尻が上がりました!!」と写真のキャプションで伝えるよりも、体操することで、痛みがこんな風によくなっていくという価値を伝わるようにする。

 痛みが取れるついでに、当院で提供する体操により、写真のように、スタイルも良くなるなどの効果もある。と伝えた方が、今のターゲットに対しては良い。

▶︎:【当たり前になってしまっている整体結果の価値をもう一度、再確認する】
 私にとっての価値ではなく、お客さんにとっての価値を再認識する。そして、その価値をお客さんが、価値と思ってもらえるように、ちゃんと表現する。

今回の気づき

 本当に、まだまだお客さんに読んでもらおうとしていると思いました。もっと小見出しを作って分かりやすくします。新規の側弯症、坐骨神経痛で悩んでいるお客さまが増えて、このまましっかりとしたコンテンツを増やしていけば、結果が出てくると実感しています。

 山下さん、今回も分かりやすく教えてくださって、ありがとうございます。もっと、見やすいホームページにしていきます。ありがとうございます。

▶︎第35回目の個別相談を終えての解説(山下)

今回のコンサルティング(個別相談)は、第35回目の最終回でした。頭痛の症状でお悩みの方を集客するためのページ改善のご相談でしたが、「顧客目線に立って、まず見やすくする」というアドバイスになりました。

これは、どのページの改善でも同じことが言えます。お客さんが、読もう!という気になってもらわないと、購入にはいたりませんので、改善の最初の第一歩は『見やすくする』という改善です。

この顧客目線になるというのが、実際にブログを作っている当事者は、なかなか客観的に物事を見れなくなってくるので、難しいんです。こういう時こそ、コンサルティング(個別相談)を上手く活用して、顧客目線へ改善しましょう。いつでも、あなたからのご相談をお待ちしております。

【参考:コンサルティング後の変化(6ヶ月後)】

毎月30人の新規集客ができるようになりました。
「きちんと治したい」という意識が高い人が来てくれるので
改善も早く、リピート率も高いので助かります。

↑中心のボタンを押すと再生(16分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

大須快福堂のご紹介

※詳細はこちら『お客さま体験談(愛知県名古屋市の整体院:大須快福堂)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】 第34回目

問題検証【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第34回個別相談

【ライバルを出し抜け!整体院ブログで予約率を上げる7つの簡単な改善ポイント】

問題点

【「なぜ、整体院ブログで新規集客できないのか?」問題を検証する】

整体院生事例バナー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA