6ヶ月で問い合わせ3.1倍!製造業の生産財ブログ改善事例

製造業ブログ手順22

ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までの製造プロセスにおける品質管理を可視化して、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである大阪府守口市にある製造業の町工場(生産財)が『6ヶ月で売上4000万円以上アップ』した27回の改善事例をご紹介するものです。これは、「製造業のブログ集客の教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。売上4000万円アップという、結果が出るまでの27回のコンサルティング内容を「27の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【製造業】ブログで新規受注を獲得する27の手順【手順22】

製造業コンサルティング22回目

この企画は、、、
製造業のブログ作り方機械製造業(生産財)のクライアントが”6ヶ月で売上4000万円以上の受注を獲得したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「製造業(生産財)のブログ集客の教科書」のようなものです。

全27回を通じて、顧客からあなたの製品やサービスの見えない部分を見えるように改善して、新規受注獲得に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(部品供給装置製造業:株式会社シマテック島原さん)

【第22回目の個別相談の解説】

↑中心のボタンを押すと再生(5分51秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

▶︎【主人公:株式会社シマテックのご紹介】

島原さん

  • 株式会社シマテック」(大阪府守口市)は、島原さんが経営する生産財:パーツフィーダー(部品供給装置製造業)を製造販売する会社(創業45年)。
  • HPの開設は2004年5月で、開設11年目を迎える金属加工・機械加工メーカー。

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの受注は、月0件。

  • リスティング広告:なし
  • 検索順位:「パーツフィーダー」で2ページ目の上から8番目(18位)
  • サイトページ数:290ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:1年間)

▶︎【個別相談:1年後の目標】

ホームページから5件/月の受注獲得(ブログ集客から)
※パーツフィーダーのボール部分を作れる職人不足のため、「5件/月」が生産能力の限界。

1年後の結果は、こちらの『売上が前年比1.7倍の伸び(4200万円アップ)』をご覧ください。

▶︎【「5件/月」しか受注しない理由】

パーツフィーダー

※今回の「株式会社シマテック」の場合は、右図のパーツフィーダーのボール部分を作成できる職人さんの人数が足りないため「5件/月」の受注獲得を目標にする。

パーツフィーダー業界の懸案事項として、高品質なボール部分を作れる職人さんが不足しています。

受注を受けすぎると生産が追いつかず、納期に間に合わなくなるため、現状の工場の生産能力限界「5件/月」まで受注を獲得する計画です。

【新規受注獲得のための改善タイムスケジュール】

製造業:年商1億円計画6

第22回目の個別相談の内容

島原さん

【第22回目の個別相談の内容】

  • 過去の生産実績を掲載する事で、顧客の信頼を勝ち取る
  • どのように生産実績を見せれば、顧客に信頼して頂けるか?

今回の個別相談は「⑤:信頼構築記事の作成」です。

 製品を販売するときに、セールスだけでモノは売れません。道を歩いていて、目の前を通った人に「この製品いいですよ!買いませんか?」といきなりセールスするようなものです。

 初対面の人に販売するプロセスは、いきなりセールスなんてしませんよね?その製品を欲しい人や興味がある人を集め、信頼関係を構築しながら役に立つという証明をして、オススメする。という流れです。

 営業の流れに例えると、①アポを取る→②会う→③説明する(信頼構築しながら)→④オススメするというプロセスの「③説明する(信頼構築しながら)」になります。

顧客の信頼を獲得する製作実績の見せ方

製作実績ページの改善前後の比較

 「シマテックの製品製作実績のページが、どのように変化したのか?」ということで、以下の2つのページを比較しました。

▶︎「改善前」

▶︎「改善後」

過去の製作実績スクリーンショット 2015-12-19 5.43.51 改善後の製作実績

変化①:デザインの変更により”現場で造ってる感”が出てきた

▶︎【改善前の問題点】
 「製品紹介・実績」という見出し文字も小さく、製品分類別のバナー画像もパンフレットに掲載されている画像を持ってきたような感じを受ける。「本当に現場で造っているのか?」と疑問に思ってしまう。

 また、製品分類別のバナーの「パーツフィーダー」などの文字がアンカーリンクで、小さく表示されてしまっているので、見にくいという印象を受けてしまう。

製品実績の紹介

▶︎【改善後】
 実際に現場で造っている感が出てきたのは、ナットを入れて稼働している画像を採用しているから。この画像を使うことで、見込み客が自分の工場で実際に使うシーンをイメージできるようになった。他の製品を見てみようという気持ちになる。

変化②:61種類の製品紹介を掲載で、相談がくるようになった

▶︎【改善前の問題点】
 改善前は、製品紹介が小さくて見にくい上、紹介していた製品種類が20種類以下と少ない状況でした。「こういう製品は作れないのかな?」と、受注できるはずの製品が掲載できずに受注につながらない状況を生んでいました。

61製品紹介

▶︎【改善後】
 今、製作できる種類を全て掲載したことで、新規受注に迷っている企業の選択肢を残すことが可能となりました。こんな製品も作れます。という新たな選択肢を示すことができ、新規の企業様から「こんなパーツフィーダーは作れますか?」と、”相談”を受けるようにもなれました。

変化③:製作の生情報の発信により、購入前提の問合せが3.1倍に増加

▶︎【改善前の問題点】
 改善前は、製作実績はほとんど掲載していなかったことやコンセプトの確立ができていなかったこともあり、ホームページからの問合せのほとんどが購入に繋がらない状況でした。

▶︎【改善後】
 製作実績や完成品をブログ・twitter・youtubeなどを活用して、現場からの生情報を発信することにより、購入を前提とした問合せが3.1倍に増加しました。

 また、今までは打ち合わせも「弊社まで来てもらえませんか?」と出張が当たり前だったのが、「弊社まで行きます」と工場まで来てもらえるようになりました。出張費など営業のコストダウンにも繋がっています。

▶︎第22回目の個別相談を終えての解説(山下)

「製品紹介・製作実績の見せ方を変えただけで、こんなにも変化が起きるとは思いませんでした。本当に驚きました。」島原さんからの感想です。

今回のコンサルティング(個別相談)では、製品紹介・製作実績の紹介方法を改善して、顧客に信頼してもらえる会社になるような取り組みを行いました

同じ製品・実績を見せるだけですが、顧客が知りたいことを見やすいように丁寧に見せ方を改善するだけで、ホームページの滞在時間も60秒近く伸び、ページビューもアップ、googleで「パーツフィーダー」というキーワードでも検索上位に表示されるようにもなりました。おかげで購入を前提とした問合せも3.1倍に増加し、新規受注獲得も実現できています。

【参考:コンサルティング後の変化(1年後)】

『売上が前年比1.7倍の伸び』
ブログからの問い合わせが3.1倍に増加。
大手企業・中央省庁から1000万円以上の受注獲得。

↑中心のボタンを押すと再生(11分08秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

シマテック

※詳細はこちら『お客さま体験談(パーツフィーダ自動供給装置)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】 第21回目

第23回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第21回個別相談

【ここが違った!売上4000万円UPした生産財ブログを売れる前と比較してみた】

第23回個別相談

【ブログ成約率が劇的アップ!製造現場のお宝を見つける固有技術の見える化】

製造業(生産財)ブログ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA