統計的な考え方「QC7つ道具:チェックシート」とは?

チェックシートとは?

 チェックシートは、データの取得・整理を容易にし、また点検・確認項目がもれなく行えるように、あらかじめ設計された様式・フォーマット。

Wikipediaより引用

2種類のチェックシートがある

 チェックシートには、記録用と点検用の2種類のチェックシートがあります。

①:「記録用チェックシート」

データを採取する際にデータを手軽に抜け落ちなく、解析しやすいようにするチェックシート。データをいくつかの項目別に分類して、チェックできるように表のこと。毎日の記録用紙となるとともに、記録が終わった後はデータが俯瞰できるようになっており、何が問題がどこに集中しているかが一目で分かるように表す。
記録用チェックシート

②:「点検用チェックシート」

製品の検査、設備の点検、5Sや安全などの活動状況の点検、検査や点検の忘れ防止のために使う。確認しておきたい項目を書き並べて表のこと。このシートに書かれた項目をチェックすることで、間違いを予防することができるようになっている。
点検用チェックシート

チェックシートの2つの目的

  1. 「日常管理用」・・・日常の仕事管理や職場管理のため、チェックをする日・週・月など、定期・定時に行う。
    →【例】設備点検用、安全作業点検用、4S点検用、検査用(材料・仕掛品・製品)
  2. 「特別調査用」・・・特別に何かの目的のため、必要な時に調査・解析する。(突発不具合など)
    →【例】不適合項目調査用、不適合要因調査用、度数分布調査用、不適合位置調査用、ムダ・ムラ・ムリ調査用、QCサ-クル発表評価用

チェックシートを活用するメリットとは?

 今まで、22業種100社以上の集客・品質改善サポートを行ってきた中で、言われてきたのは「チェックシートは付けているけど、付けてるだけで解析に使われてない」「チェックシートが飾りになっているだけになっている」ということをよく言われます。

チェックシートを上手く活用すると?

 チェックシートを活用できると、種類別にデーターを取ったり、毎日やらなければならない事の確認の抜けや落ちをなくすために、チェックするだけで簡単に、結果が出るようになります。つまり、『データが、分類項目別にどこに集中しているか?視覚化ができる』ので、見る角度を変えることで知恵が出て、問題を効率的に発見することができます。

●【注意するポイント!】:チェックシートにチェックされたデータは、その履歴がはっきりしていなくてはならない。後でチェックシートをまとめて解析するときに履歴がないと役に立たないデータになってしまうため。チェックシートの設計するときに、日付など必要な記入欄を設けておくようにしよう。

効果を出すためのチェックシートの作り方「7つの手順」

  1. 【問題を調べ具体的に掴む】
    関係者全員で、職場・仕事の問題をよく調べ具体的につかむ。
    それらをどのように「改善すればよいか?管理すればよいか?」チェックの目的を明確にする。
  2. 【チェック項目の整理・選定】
    何が分ればよいか?そのために何をチェックすべきか?を検討する。
    今までの経験と培った知識を活用して、チェックすべき項目をリストアップする。 
  3. 【データの収集方法を検討】
    収集するデ-タを、どのように記録を取ればよいか?を検討する。
    必要なデ-タの取り方、計算方法をきめる。
  4. 【フォーマット下書き】
    用紙を準備してチェックシ-トの様式(フォーマット)をデザインし下書きを作成する。
  5. 【作成】
    チェックシ-トの作成。
  6. 【使って検討】
    狙い通り役に立つか、使いやすいか、記録しやすいか、デ-タ整理・計算しやすいか、得たい結果が得られるか、使って検討する。
  7. 【改善】
    使いにくい点を改善してチェックシ-トの再作成する。  

まとめ

チェックシートを活用できると、「データが、分類項目別にどこに集中しているか?視覚化ができる」ので、見る角度を変えることで知恵が出て、問題を効率的に発見することができます。

チェックシートも上手く活用できなければ”宝の持ち腐れ”になってしまいます。毎日、収集しているデータや情報も、活かされることがありません。何のためにチェックシートを付けているのか、目的が明確になってないのかもしれません。部署によってはチェックシートにチェックすることが仕事になっている従業員もいるかもしれません。そうならないためにも、「何のために、どのようなデータを収集する」と明確にしておきたいですね。

また、問題解決(QC手法)を活用したwebサイトの新規開拓で、売上4.1倍になった整体院の事例や、1300万円・2200万円の受注成功している製造業の事例など、成功事例もたくさんありますので『トヨタで学んだ問題解決(QC手法)を使ったwebサイトの新規開拓改善事例』を参照して活用ください。中には、1億2000万円の受注を獲得した事例もあります。

QC七つ道具

道具

内容

チェックシート

データが分類項目別にどこに集中しているか?視覚化する
データの取得・整理を容易にし、また点検・確認項目がもれなく行えるように、あらかじめ設計された様式・フォーマット。(QC7つ道具の一つ)

パレート図

「原因を分類して視覚化。重点指向、優先順位を付けやすい」
パレート図とは、値が降順にプロットされた棒グラフとその累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフ。(QC7つ道具の一つ)

特性要因図

「要因解析の時に使う特性と要因の関係を線で結んで表した図」
この特性要因図は、問題解決の7ステップの中の「要因解析」で“原因と結果との関係を明らかにする”一番重要になるステップの一部です。(QC7つ道具の一つ)

バラツキ管理

「バラツキに注目し、ばらつく原因をつかむこと」
製品の品質を保つためには、このバラツキを管理していくことが重要であり、品質を一定の水準に安定させることを品質管理といいます。

層別

「データを何らかの基準(尺度・視点)によって分類すること」
データの共通点や特徴に着目して分類することで、複雑な事柄を解きほぐし問題点を具体化していくことです。

データ

「それをもとに推理し結論を導き出す、行動を決定するための事実」
連続的に変化する計量値データや断続的に変化する計数値データがあり、正しいデータ収集が重要になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA