統計的な考え方「バラツキ管理」とは?

バラツキとは?

 観測値・測定結果の大きさがそろっていないこと。又は不ぞろいの程度。ばらつきの大きさを表すには,標準偏差などを用いる。

JIS Z 8101-2 2.8ばらつき (統計的品質管理用語)より引用

バラツキ管理とは?

バラツキ管理とは『バラツキに注目し、ばらつく原因をつかむこと』

 工場などで製造されている製品は、同じ原料、同じ機械を使って同じ作業を行ったとしても、作られた製品の品質にはバラツキが生じます。製品の品質を保つためには、このバラツキを管理していくことが重要であり、品質を一定の水準に安定させることを品質管理といいます。

なるほど統計学園高等部より引用

バラツキ管理の必要性とは?

 多くの事柄にはバラツキが存在します。このバラツキの中で、偶然原因によるものと異常原因によるものがあり、この異常なバラツキを発見し、その原因を捉え、抑え込んでいくこと、取り除くことをバラツキ管理と言います。

バラツキ管理の考え方

 例えば、あるメーカーのスナック菓子は「内容量100g」と表記されていますが、実際の内容量は、100gより多めの量が入っているのが普通です。それは、顧客からのクレームが出ないように、重量の狙い値を100g以上に設定しているからです。

その狙い値を101gにするか110gにするかは、メーカーの製造力の差が生み出すと言えます。それは、「狙い値を101gにすれば、全製品を100g以上に製造できる力がある(101±1g)」のと、「狙い値を110gくらい余裕を持たないと全て100g以上にできない製造力(110±10g)」とでは、大量生産するスナック菓子では、コスト面で大きな違いになるからです。だからといって、狙い値が101gであっても、100g未満の製品を、不具合としてハネては意味がありません。

バラツキ管理の2つのポイント

①:どういう形でのバラツキかを把握

 規格外れがみられる場合は、その要因をつかみ対策を打つ。有効な手法としては、ヒストグラム・分布の姿・バラツキ(標準偏差)・中心(平均)をみます。

②:工程を安定状態に保つため、推移を把握

 異常によるバラツキは、異常原因を取り除き、再発防止する。工程の安定状態とは簡単に言えば特性の異常なばらつきが無い状態といえます。有効な手法としては、管理図です。

  • 【偶然誤差】:作業標準を守り、標準通りに行っても生じる、やむを得ない誤差
  • 【異常誤差】:人為ミスなど、何らかの異常がある場合に生じる誤差

品質管理の考え方「2つの間違い」

 今まで、22業種100社以上の集客・品質改善サポートを行ってきた中で、言われてきたのは「別に平均値を保証すれば良いのでは?」「平均を向上すれば、少々のバラツキは支障ない」「悪い製品は検査でハネたほうが手っ取り早い」ということをよく言われます。

間違い①:平均値だけの管理の問題点

・平均値とバラツキの両方を管理しないと不良品の流出を防ぐことはできません。バラツキ管理で平均値とバラツキを低減させることで不良品の発生・流出ともに抑えることができ、効率的な生産が可能となります。

・生産する立場にすれば、生産している1000個中1個(不良率0.1%)の不良だとしても、顧客にとっては1個が100%です。どの1個を購入しても規格の中に入っていなければいけません。

間違い②:検査で止めるという考え方の問題点

・本来、検査というものは無くていいものです。また、不良品の発生も無い方が良いに決まっています。ムダな検査・ムダの手直し、これらはすべてコスト増に繋がります。ですので、バラツキ管理を行うことでコストの低減になるのです。

まとめ

タキシードのコンサルタント製品を生産する上で、品質には必ずバラツキが生じます。このバラツキ管理とは「バラツキに注目し、ばらつく原因を掴むこと」です。

製品がバラつく原因は、偶然誤差・異常誤差の2種類ありますが、きちんと見極めるために、「①:どういう形でのバラツキかを把握」「②:工程を安定状態に保つため、推移を把握」することが重要です。バラツキの原因を突き止め、正しい改善を行うために、バラツキ管理をうまく活用して、あなたの製品品質の向上に役立ててください。

また、問題解決(QC手法)を活用したwebサイトの新規開拓で、売上4.1倍になった整体院の事例や、1300万円・2200万円の受注成功している製造業の事例など、成功事例もたくさんありますので『トヨタで学んだ問題解決(QC手法)を使ったwebサイトの新規開拓改善事例』を参照して活用ください。中には、1億2000万円の受注を獲得した事例もあります。

QC七つ道具

道具

内容

チェックシート

データが分類項目別にどこに集中しているか?視覚化する
データの取得・整理を容易にし、また点検・確認項目がもれなく行えるように、あらかじめ設計された様式・フォーマット。(QC7つ道具の一つ)

パレート図

「原因を分類して視覚化。重点指向、優先順位を付けやすい」
パレート図とは、値が降順にプロットされた棒グラフとその累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフ。(QC7つ道具の一つ)

特性要因図

「要因解析の時に使う特性と要因の関係を線で結んで表した図」
この特性要因図は、問題解決の7ステップの中の「要因解析」で“原因と結果との関係を明らかにする”一番重要になるステップの一部です。(QC7つ道具の一つ)

バラツキ管理

「バラツキに注目し、ばらつく原因をつかむこと」
製品の品質を保つためには、このバラツキを管理していくことが重要であり、品質を一定の水準に安定させることを品質管理といいます。

層別

「データを何らかの基準(尺度・視点)によって分類すること」
データの共通点や特徴に着目して分類することで、複雑な事柄を解きほぐし問題点を具体化していくことです。

データ

「それをもとに推理し結論を導き出す、行動を決定するための事実」
連続的に変化する計量値データや断続的に変化する計数値データがあり、正しいデータ収集が重要になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA