google無料ツールで売上4000万円UP!製造業集客ページの作り方

製造業ブログ手順26

ご訪問ありがとうございます。「見える化集客」を運営する山下です。

 「見える化集客」とは、製品やサービスの質の高さを証明するために企画〜製造〜販売までのプロセスの”こだわり”を見えるようにし、顧客の「信用・信頼」の獲得することで、新規顧客の獲得を目的としています。

 今回の企画は、クライアントである大阪府守口市にある製造業の町工場(生産財)が『6ヶ月で売上4000万円以上アップ』した27回の改善事例をご紹介するものです。これは、「製造業のブログ集客の教科書」として、あなたの集客のお役に立つことが目的です。売上4000万円アップという、結果が出るまでの27回のコンサルティング内容を「27の手順」として、全て公開していますので、ぜひ活用してください。

【製造業】ブログで新規受注を獲得する27の手順【手順26】

製造業コンサルティング26回目

この企画は、、、
製造業のブログ作り方機械製造業(生産財)のクライアントが”6ヶ月で売上4000万円以上の受注を獲得したブログ”の改善ポイントを解説します。いわば「製造業(生産財)のブログ集客の教科書」のようなものです。

全27回を通じて、顧客からあなたの製品やサービスの見えない部分を見えるように改善して、新規受注獲得に繋げていく過程をご紹介します。さまざまな改善事例が、あなたの力となることでしょう。

【今回の主人公】(部品供給装置製造業:株式会社シマテック島原さん)

【第26回目の個別相談の解説】

↑中心のボタンを押すと再生(11分41秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

▶︎【主人公:株式会社シマテックのご紹介】

島原さん

  • 株式会社シマテック」(大阪府守口市)は、島原さんが経営する生産財:パーツフィーダー(部品供給装置製造業)を製造販売する会社(創業45年)。
  • HPの開設は2004年5月で、開設11年目を迎える金属加工・機械加工メーカー。

▶︎【ホームページからの集客状況】

「相談前」:ホームページからの新規お客さまの受注は、月0件。

  • リスティング広告:なし
  • 検索順位:「パーツフィーダー」で2ページ目の上から8番目(18位)
  • サイトページ数:290ページ(site:による調査)

▶︎【見える化集客:個別相談のコース内容】

回数無制限の個別相談(期間:1年間)

▶︎【個別相談:1年後の目標】

ホームページから5件/月の受注獲得(ブログ集客から)
※パーツフィーダーのボール部分を作れる職人不足のため、「5件/月」が生産能力の限界。

1年後の結果は、こちらの『売上が前年比1.7倍の伸び(4200万円アップ)』をご覧ください。

▶︎【「5件/月」しか受注しない理由】

パーツフィーダー

※今回の「株式会社シマテック」の場合は、右図のパーツフィーダーのボール部分を作成できる職人さんの人数が足りないため「5件/月」の受注獲得を目標にする。

パーツフィーダー業界の懸案事項として、高品質なボール部分を作れる職人さんが不足しています。

受注を受けすぎると生産が追いつかず、納期に間に合わなくなるため、現状の工場の生産能力限界「5件/月」まで受注を獲得する計画です。

【新規受注獲得のための改善タイムスケジュール】

製造業:年商1億円計画5

第26回目の個別相談の内容

島原さん

【第26回目の個別相談の内容】

  • 検索キーワードから質の高いアクセスを増やすための集客記事作成
  • 市場トレンドのニーズに合わせ問合せを増やす集客ページ作成のコツ

今回の個別相談は「⑥:集客記事の作成」です。

 こちらの『第8回:製造業ブログで新規優良顧客を集客する検索キーワード戦略』でご紹介した、googleキーワードプランナーで調べた「検索キーワードの数と質」を軸に、問合せを増やすための集客ページの作成方法をお伝えします。

 この方法を使う目的は、「どのキーワードに、どれだけ検索需要があったのか?」市場のトレンドに合わせ質の高い顧客をブログに集めることです。過去の検索データから見える市場の傾向から狙いを定めて、受注に近い顧客へのアプローチを可能にします。

検索キーワードの調査に活用する2種類のツール

①:googleキーワードプランナー(市場トレンド調査)

googleキーワードプランナー

①:キーワードプランナーとは?

キーワードプランナー●『目的』
「トレンド調査」であり需要のあるキーワードを調べるためのツールである。

●『何が分かる?』
どのキーワードに、どれだけ検索需要があったのか?時代の傾向(トレンド)を調べるもの。

●『メリットは?』
①:製品と関連性の高いキーワード(語句)を検索できる。
②:googleの過去の掲載結果データとトラフィック予測データを確認できる。

②:googleアナリティクス(自社サイトに訪れた個人の行動分析)

googleアナリティクス

②:Googleアナリティクスとは?

アナリティクス●『目的』
「サイト訪問者の行動分析」をするためのツールである。

●『何が分かる?』
顧客のニーズを知り満足度を高め、滞在時間を伸ばしたり訪問者を増加させるときの分析に使える。

●『メリットは?』
ユーザーの行動や訪問経路の解析や、サイトを訪れたユーザーのコンバージョンやリピート率を高める方法を詳しく分析することができる。

「購入に近い」と考える検索キーワードの調査結果

購入キーワード比較

上記2つのデータを元にキーワード対策の優先順位決定

 

キーワード

月間平均検索
ボリューム

競合性 競合
ランク
なぜ、この順位に?
1

直進フィーダー

50 0.55 受注が多い製品。サイトへの訪問者が多く、競合も強くない
2

ドラムフィーダー

30 0.27 サイトへの訪問者も多く、競合が弱い
3

振動フィーダ

50 0.31 サイトへの訪問者も多く、競合も強くない
4

ボールフィーダー

70 0.41 サイトへの訪問者も多く、競合も強くない
5

リニアフィーダ

50 0.23 サイト訪問者も多く、競合が弱い
6

ローラー選別機

30 0.1 サイト訪問者も多く、競合が弱い
7

ネジ供給機

50 0.42 サイト訪問は少ないが検索ボリュームが多い
8

ナットフィーダー

70 0.15 サイト訪問者もソコソコ多く、競合が弱い
9

パーツフィーダー 価格

90 0.99 サイト訪問者も多い、検索ボリュームもあるがライバルが強い
10

ねじ供給機

90 0.92 サイト訪問者も多い、検索ボリュームもあるがライバルが強い 
11

ボルトフィーダー

40 0.29  検索ボリュームがあり、ライバルが弱い
12

フィーダー路線

30 0.02  検索ボリュームがあり、ライバルが弱い

どういったコンテンツを提供すればいいのか?

【事例1】:「直進フィーダー」というキーワードに対して

 

キーワード

月間平均検索
ボリューム

競合性 競合
ランク
なぜ、この順位に?
1

直進フィーダー

50 0.55 受注が多い製品。サイトへの訪問者が多く、競合も強くない

▶︎ブログ記事の活用事例

 この「直進フィーダー」というキーワードで集客に繋げるとすると、顧客に最も分かりやすい事例を見せる事がよいでしょう。例えば、シマテックのブログ記事『直進フィーダのシュート(レール)の摩耗対策』ような改善事例を掲載すると、顧客の信頼獲得に繋がります。

 このページでは、磨耗している状態を掲載する事で、パーツフィーダーのプロフェッショナルとして、お困りの方に様々な実例アドバイスをお伝えする事ができます。

直進フィーダー磨耗

 シマテックの製品コンセプトのUSPには、「現地現物!早急なトラブル対応」があります。上記のような事例を掲載する事で、トラブル対応してくれるということがホームページを見ている顧客にも伝わります。

 さらに「直進フィーダ・シュート・レール・摩耗対策・セラミック」などのキーワードが、ブログ記事のタイトルや文中に使われていますので、SEO対策にも繋がります。特に製造業・生産財など、ニッチな分野では部品や設備など固有名詞を使用することで、検索されやすくなります。※詳しくはコンサルティング(個別相談)でお話しします。

 どのような記事を書く際も、必ず「製品コンセプト」に沿った記事を書く(一貫性)ということが必要です。シマテックの製品コンセプトについてはこちら『町工場が1300万円の新規受注を獲得した「製品コンセプト作成」3つのポイント』を参照ください。

▶︎youtubeの活用事例

youtube シマテックでは、youtubeを活用して動画マーケティングも行っています。これは、動画を使って実際の稼働状況を撮影することで、顧客に「疑いようのない証拠」を示すことができるからです。

 パーツフィーダーは受注生産です。購入前に実際の製品を見ることはできません。ですので、顧客にとっては、実際に製作した製品の稼働を見ることは、大きな安心材料になるのです。購入前の心理的なハードルを下げるコンテンツになりますので、製作途中や完成後の実際の製品を動画で撮影して公開して見てください。

実際の動画をご覧ください。

【姿勢の安定しない難ワーク用パーツフィーダ】

↑中心のボタンを押すと再生(1分17秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

▶︎twitterの活用事例

logo_safteyspace twitterは「140文字以内の短い投稿(ツイート)を入力し共有するソーシャルメディア」です。その気軽にできる簡単操作の機動性を活用して、『現場の生情報をリアルタイムで伝える』ことに適したツールです。

 有名人がtwitterを使って、仕事の合間にファンの方に日常生活を紹介していますが、気軽に使えるからですね。その現場でないと伝わらない苦悩や緊張感などの空気感を伝え、疑いようのない証拠を示すためにも最適なツールです。『シマテック公式twitter』はこちらを参照ください。

パーツフィーダーtwitter

▶︎第26回目の個別相談を終えての解説(山下)

「検索キーワード対策って、実はシンプルな考え方でよかったんですね。頭がスッキリ整理されました。」島原さんからの感想です。

今回のコンサルティング(個別相談)では、googleキーワードプランナーを活用して「どのキーワードに、どれだけ検索需要があったのか?」市場のトレンドに合わせ質の高い顧客をブログに集めるためのアクセスの集め方をお伝えしました

考え方は、とてもシンプルで顧客が知りたいことを、自社の製品コンセプトに沿って提供するだけです。その伝え方は「Blog・Youtube・Twitter」を活用して、疑いようのない証拠をお伝えすることが、最も簡単で信頼を得やすい方法です。現場の出来事は宝ですので、しっかりと伝えましょう。

【参考:コンサルティング後の変化(1年後)】

『売上が前年比1.7倍の伸び』
ブログからの問い合わせが3.1倍に増加。
大手企業・中央省庁から1000万円以上の受注獲得。

↑中心のボタンを押すと再生(11分08秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

シマテック

※詳細はこちら『お客さま体験談(パーツフィーダ自動供給装置)』をご覧ください。

◀︎◀︎◀︎【前ページ】 第25回目

第27回目【次ページ】▶︎▶︎▶︎

第25回個別相談

【ブログの集客効果を最大化する!製造プロセスのコンテンツ化4つの事例】

第27回個別相談

【品質の見える化が成約率を上げる!1000万円超の製品でも売れる信頼構築法】

製造業(生産財)ブログ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA