設備用語のよくある質問 一覧

金属加工の設備:鋳造用語と解説

▶︎【鋳造】65種類

「鋳造」とは、金属を熱で溶かし鋳型に流し込んで器物を作ること。

「設備」とは、建築物や車両・船舶などに備え付けられた機器のことや、その機器を設置するもの。 

続きを読む

金属加工の設備:塗装用語と解説

▶︎【塗装】100種類

「塗装」とは、材料の表面を塗料の皮膜で覆う表面処理の一つである。金属の多くは大気中の酸素に触れることで酸化し錆を発生させる。しかし鉄の場合は表面の錆が内部に向かって浸蝕する性質が強く、多くの鉄製品では塗装が必須である。

「設備」とは、建築物や車両・船舶などに備え付けられた機器のことや、その機器を設置するもの。

続きを読む

金属加工の設備:電子製造用語と解説

▶︎【電子製造】49種類

「電子製造」とは、半導体素子や半導体集積回路など電子デバイス、抵抗器やコンデンサやスピーカなど電子部品、半導体メモリカードなど記録メディア、電子回路基板や電子回路実装基板、その他ユニット部品の製造のことである。

「設備」とは、建築物や車両・船舶などに備え付けられた機器のことや、その機器を設置するもの。

続きを読む

金属加工の設備:樹脂成形用語と解説

▶︎【樹脂成形】30種類

「樹脂成形」とは、金型の中に樹脂を入れ、加熱・圧縮して成形する方法である。熱硬化性樹脂を使用して製品など立体的な成形品を作るのに使われる。

「設備」とは、建築物や車両・船舶などに備え付けられた機器のことや、その機器を設置するもの。

続きを読む

金属加工の設備:プレス加工用語と解説

▶︎【設備用語:プレス加工】106種類

「プレス加工」とは、上型下型が対となった金型の間に素材をはさみ、金型によって強い力を加えることで、素材を工具の形に塑性加工すること。一般には対となった工具のことを金型、加圧する機械のことをプレス機械と呼ぶ。

「設備」とは、建築物や車両・船舶などに備え付けられた機器のことや、その機器を設置するもの。

続きを読む

金属加工の設備:機械加工用語と解説

▶︎【設備用語:機械加工】70種類

「機械加工」は、切削工具や工作機械を用いて素材を加工すること。 切削加工・研削加工・研磨などがある。 工作機械は、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどが使用される。

「設備」とは、建築物や車両・船舶などに備え付けられた機器のことや、その機器を設置するもの。

続きを読む

金属加工の設備:接合加工用語と解説

▶︎【接合加工】41種類

  • 「接合」とは、つなぎ合わせること。
  • 「加工」とは、原材料に手を加えて製品を製作すること。

接合加工には、「溶融・圧接・ろう接」という技術がある。

続きを読む