金属加工 一覧

金属加工の技術:樹脂成形加工用語と解説

▶︎【樹脂成形加工】34種類

「樹脂成形」とは、金型の中に樹脂を入れ、加熱・圧縮して成形する方法である。熱硬化性樹脂を使用して製品など立体的な成形品を作るのに使われる。

「技術」とは、科学の原理を役立てて、ものを生産したり組織したりする仕方や技。または、物事を能率的に行う技をいう。

続きを読む

金属加工の技術:熱処理加工用語と解説

▶︎【熱処理加工】26種類

「熱処理」とは、鋼を熱して冷やす処理のこと。金属材料を融点以下の適当な温度に加熱し、 冷却速度を加減して所要の組織・性質を与える処理のこと。熱して冷やすことによって鋼は性質が変化する。

「技術」とは、科学の原理を役立てて、ものを生産したり組織したりする仕方や技。または、物事を能率的に行う技をいう。

続きを読む

金属加工の技術:めっき加工用語と解説

Knives, And

▶︎【めっき加工】34種類

「めっき」とは、表面処理の一種で、材料の表面に金属の薄膜を被覆する加工法のこと。被めっき物の表面状態を改善する為に、表面を別の金属の薄膜で被覆する加工でもある。

「技術」とは、ものごとを取り扱ったり処理したりするときの方法や手段や技。ものごとを匠に行う技。何らかの目的を達成するために用いられる手段・手法のこと。

続きを読む

金属加工の技術:プレス加工用語と解説

▶︎【プレス加工】35種類

「プレス加工」とは、上型下型が対となった金型の間に素材をはさみ、金型によって強い力を加えることで、素材を工具の形に塑性加工すること。一般には対となった工具のことを金型、加圧する機械のことをプレス機械と呼ぶ。

「技術」とは、科学の原理を役立てて、ものを生産したり組織したりする仕方や技。または、物事を能率的に行う技をいう。

続きを読む

金属加工の技術:機械加工用語と解説

機械加工とは、切削工具や工作機械を用いて素材を加工すること。

  • 「機械」とは、動力源から動力を受けて目的に応じた一定の運動を繰り返し、一定の仕事をする装置。
  • 「加工」とは、原材料に手を加えて製品を製作すること。

切削加工・研削加工・研磨などの方法があり、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械が使用される。

 

▶︎【切削加工】28種類

切削加工は、切削工具類を用いて対象物を切り削る加工方法である。 除去加工とも呼ばれる。

続きを読む

スポット溶接(重ね抵抗溶接)の品質を安定させる基本

スポット溶接とは

スポット溶接とは、材料に直接通電し、材料の抵抗および接触面の集中抵抗によるジュール熱を利用し溶融接合する。重ね合わせた継ぎ手の両側から、2枚の母材を電極で加圧したまま電極に短時間で大電流を流し、その接触面に発生する抵抗熱により母材内部で金属が溶解凝固を起して溶接する。

電極チップと母材間の通電方式なので、電極は加熱されないように冷却水で冷却されている。3枚以上の板金を一度に接合することも可能であり、生産性が高く、製造コストが低いので、板厚の薄い鋼板を多く使う自動車などの大量生産でよく使われている。

続きを読む

金属加工の技術:接合加工用語と解説

  • 「接合」とは、つなぎ合わせること。
  • 「加工」とは、原材料に手を加えて製品を製作すること。

接合加工には、「溶融・圧接・ろう接」という技術がある。

▶︎【溶融】7種類

接合加工を代表する、溶接は金属材同士を金属または熱可塑性物質で溶融・一体化させる工程である。通常、金属材の接合部を溶かし充填材を付加することで溶融物質のプールを形成し、それが冷却することで一体化する。熱と同時に圧力を加えて溶融させることもある。【wikipediaより引用】

続きを読む