「見せれば売れる会社事典」の狙いとは?

「見せれば売れる会社事典」の狙いとは?

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

「会社事典」とは、会社のことを可視化することで信頼を得ることで新規顧客の獲得を目的としています。お客さんが分からないことは、このwebサイトで作られた「会社事典」を見てもらえば、お客さんの悩みは解決でき、購入まで導けます。

今、どんな大企業でも、最初は小さな工場から始めています。そこからのし上がって大企業になっているわけです。売上を伸ばすなら、まずはじめに技術の見える化(可視化)に取り組みましょう。

世界に認められている「日本のモノづくり技術」

世界に誇れる製品を作る日本企業の数々

世界から認められる高い精度と品質を誇る製品を作るのは、トヨタ自動車やソニー、パナソニック、本田技研工業(ホンダ)、任天堂、日産自動車、キヤノン、全日本空輸(ANA)といった大企業だけではありません。日本のものづくりの技術は、一般消費者が聞いたこともないような地方の中小企業が支えています。

そういった、普段は脚光を浴びない小さな部品や機械を作るメーカーが優秀だからこそ、日本のものづくりが世界から認められるのではないでしょうか?「見せれば売れる会社事典」は、そういった表からは見えない技術力を持った企業の「価値」をインターネットのホームページを使って見えるようにしていきます。

世界的なブランドも最初は工房から始まった

どんな大きな企業も最初は、小さな工房から始まっています。例えば、トヨタ自動車は創業者の豊田喜一郎が周囲の反対を押しきり、1937年に豊田自動織機から独立したベンチャービジネスでした。

世界のものづくりに目を移せば、イタリアを代表するファッションブランド「Gucci」は、1921年にフィレンツェに小さな鞄工房として創業開始。乗馬をモチーフとした皮革製品が人気となり人気を博すようになりました。ブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて、品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れたことでも知られています。

さらに、イタリアを代表する高級ファッションブランド「Prada」は、1913年、創立者のマリオ・プラダとフラテッリ・プラダ兄弟が、ミラノの中心部に世界から珍しい素材や質の高い皮を集めて製品を作る皮革製品店で開業。それが評判となりイタリア王室の御用達とまでになったブランドです。

世界的なファッションブランド「シャネル」は、1909年、ココ・シャネルが退屈しのぎで制作していた帽子のデザインが社交界で認められ、帽子のアトリエを開業する。翌年、「シャネル・モード」という名で帽子専門店を開店して、世界的なブランドを作り上げました。

そして高級自動車メーカー、ポルシェ。かつてのポルシェは、自動車メーカーではありませんでした。フェルディナント・ポルシェによって設立された『デザイン事務所』でした。現在は、世界中のクルマ好きが憧れるスポーツカー、911を擁するスポーツカーブランドのポルシェです。

あなたが当たり前だと思っている技術に宝が眠っている

日本の中小企業が持っている技術力は、未だ世界が注目するに価するものです。自社では当たり前の技術も他社が見れば「喉から手が出るほど欲しい!」という技術かもしれません。実際にそのような事例は山のようにあります。しかし、本当に素晴らしい技術も外からは見えないため、その素晴らしい技術や製品の価値も伝わることがありません。伝わらないから売れないのです。簡単なことです。

例えば、イギリス王室御用達の素晴らしい時計を造って販売していたとしましょう。社内ではイギリス王室御用達の時計を作っているというプライドがあったとしても、社外に発信していなかったら、お客さまは誰も知りません。誰一人として、その時計がイギリス王室御用達だということを知らないのです。その製品の全部の価値を伝えてないことになります。

インターネットが普及した今だからこそ、日本のものづくり企業が持つ”高品質を造る技術”を製造プロセスにおける品質管理を可視化することで、新たな販路開拓で取引を生み出し、売上利益アップに貢献して参ります。

モノづくりの現場は”付加価値”という宝の山

付加価値とは、ある製品が持つ価値と、それを生み出す元の材料や原料の価値との差のことを言います。

一般的に、何らかの材料や原料を使って新しい製品を生み出すと、元々の材料や原料より高価値な製品となる。このようにして、価値が付加されることを付加価値と言います。

例えば、自動車メーカーの車造りは一枚の平らな鋼板から始まります。その鋼板をプレスしてパーツの形を作り、溶接して車両の形に組み付けて、塗装して色を塗り、車の部品を取り付け、検査を行い、車を出荷します。工程が進むにつれて、車の形になっていく訳ですので、一つの工程ごとに、それぞれの付加価値を提供していると言えます。

モノつくり現場では、製品が完成するまで、数多くの工程で少しづつ完成に近づきます。その完成に近づけるための仕事は付加価値を生んでいるのです。

同業ライバルと同じことをしているから、大した価値ではない、、、なんて思っていませんか?それはあなたがそう思っているだけで、顧客からすると大きな付加価値にかもしれません。まずは、見えるように可視化してみてはいかがでしょうか?

「見せれば売れる会社事典」の狙い

「見せれば売れる会社事典」の狙いは、あなたの技術を可視化することで、モノづくりの価値を最大に引き出し、企業の信頼性を高め、新規問い合わせや受注に繋げることが目的です。

顧客からは、見えなかった価値、つまり伝わっていなかった価値をきちんと見えるようにすることで、ありのままの価値を伝えるということが、「会社事典」の最大の価値だと考えています。

モノづくりの企業の多くはこれができてないため、新規開拓がうまくいかないと悩んでいます。まずは、webサイトで製品を手に取って見ているような感覚になるくらいまで、顧客からは見えてないことを可視化してあげましょう。

最後に

どんな大企業でも、起業当初は、小さな工場からのスタートです。なぜ、ここまで大きな企業になったのでしょうか?それは、その企業の価値がお客さまに伝わったからです。いくらブランドを作っても、その価値が伝わらなければ、全く意味がありません。その価値を伝えることこそが、売上UPに繋がる最も重要なことなのです。

よくあることですが、あなたの目の前で行われていることこそが、価値のあることだったりします。あなたは、毎日のことで、当たり前過ぎて気が付かないことが多いですが、意外と業界でも非常に珍しい、特殊な技術だったりすることがあります。

ぜひ「見せれば売れる会社事典」を作って、その価値をお客さんに伝えていきましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください