激熱な人生を!社交のためのワルツができると人生は変わる

この記事は約2分で読めます。

激熱な人生を歩むためにダンスは最高!と気がついた、山下裕司です。

 

”社交のためのワルツ”ができると人生は間違いなく変わる!!!

 

この日は、福岡市中央区にあるダンス会場で、しっかりワルツの基本をみんなで練習できて愉しい時間でした!

参加したみんなと一緒に踊りながら、ひとりひとりの頑張りがしっかり伝わって来るのが感じられてうれしかったです!

頭だけで考えようとすると足が追いつかずタイミングがズレたり、身体に任せようとするとステップを間違ってしまったり、ダンスを覚えて初めのうちはなかなかスムーズに踊れないですが、今回のダンス会は短時間に集中したからか、みなさん一気に上達してくれました。

 

仕事だけできてもジェントルマンにはなれない!!

 

今回一緒に踊ったみなさんは、すでにボックスステップに90度角度をつけて踊れる。以上になっています。逆方向バージョンや、踊りのなめらかさは、踊りなれながら、これからという感じですね。「途中から逆方向に変更」は今回行いませんでしたが、次回のレベルアップで今日の練習分と一緒に磨き上げていきましょう!

とても素晴らしかったのは、みなさん音楽を聴いてしっかり合わせられていたこと。曲を感じリズムにのって踊っている姿がぴったりそろっていて、とてもキレイでした!

このリズムに合わせるっていうのは、以外と思っている以上に難しいものです。音に乗って踊る、曲を愉しみながら踊る。社交のためのダンスは、おしゃべりを愉しむ時間。ダンスをしながら、ワインのこと、ヨットのこと、サックスのこと、クラシックカーのことなど、夢など色々話しながら、愉しむものです。

 

ダンスだけをしてても社交界では意味ないので、ダンス以外の冒険をもっともっと愉しんで行きます。

▶︎【この記事を書いた人】
山下 裕司

トヨタで自動車製造の品質管理を14年間担当。その後、日本の製造業の強みである「品質」コンテンツで、営業力を高めることを目的としたwebサイト「工場営業力」を立ち上げ。

現在は、お客様からのご要望が多いため、企業の新しい領域への挑戦を支える管理職を対象とした「課題解決力UP」研修を行う。

「自分が好きなことや得意なことが、自分の人生を必要十分なほど豊かにしているわけではない、、、」ということに気付き、プロトコール(国際教養)を学び始める。

40歳を超え、未経験からディンギーヨットで世界の海峡を渡り、楽譜も読めない未経験者でもビッグバンドでテナーサックスを愉しむ。という未来の自分が今の自分を見て「OK!」という人生に挑戦中。

タバコの匂い嫌い&ビール党の人間から、葉巻とオールドヴィンテージワイン(仏)をこよなく愛す男に変わりました。私も毎日頑張っています。

山下 裕司をフォローする
▶部下の課題解決力を高めたいとお悩みの社長様へ

もしあなたの部下が、、、

  • 積極的に課題へ取り組む気持ちが見えない。
  • 指示待ち状態になっている。
  • 説明・説得力の能力が低い
  • 自部署を発展させることが自分の仕事だと思えていない。
  • 個人の強みを知り、もっと活かしてあげたい!

など、人材育成でお悩みなら、お気軽にご相談ください。人は必ず変わります。

▶︎お問い合わせへ進む

社長ブログ
山下 裕司をフォローする
工場営業力

コメント

タイトルとURLをコピーしました