ディンギーヨットでのクック海峡横断チャレンジの先に見えるもの

この記事は約3分で読めます。

あなたの人生が駆け出すのに必要なのは”夢”です!夢がありすぎても着々と叶えている、山下裕司です。

 

さあ、行こうぜ!クック海峡横断!

 

11/24〜25に、兵庫県立海洋体育館にてクック海峡横断メンバーの強化合宿を行いました。

クック海峡とは、ニュージーランドのノース島とサウス島との間にある海峡で、23~45kmの距離があります。このクック海峡を1月横断目指しているヨットメンバーの練習サポートのために芦屋へきました。

この日は、風速6〜8mと結構強い風を受けながら練習を行いました。

 

人生は、強い風が吹かないと上へは行けない!!

 

三人で乗船・出航し、沖に出てすぐに沈起こしの練習を行う予定でしたが、ディンギーヨットを沈させきれず一人だけ先に落水。何度かメンバーだけでの救助トライするも、なかなか救助できず救助ボートで救助を行いました。

残った二人のメンバーで運航するも、風に耐えきれず操船できなくなり、またもや沈。

沈起こしで、一人のメンバーが先に乗り上がるために、もう一人のメンバーが下から押し上げると、その力が加わったと同時に、その反動でディンギーヨットが進んでしまい、一人はヨットに乗船、一人は海に取り残される形となりました。

海に取り残されたメンバーは、救助艇ですぐに救助。

ヨット船上に残ったメンバーは、まだ経験が浅いため、船上で1人パニック状態。そこは、まさに戦場。沈した時に、ブームの取り付けの根元がマストから外れた上、風が7mと強いため、操船しきれない状態。救助ボートにより救助し、曳航して戻りました。

まあ、ボロボロでした。風が強く、その対応が全くできていませんでした。それもそのはず、クック海峡横断を目指すメンバーがこのプロジェクトが始まって以降、1度しか船に乗って練習できてないからです。練習会の度に強風に阻まれたり、その強風の影響でマストが折れたりと、メンバーの人生を表しているようなことが起きてしまうのですから、不思議な話です。

 

人生を変えると決めたから人生が変わるのであって、変えてもらうものではない!!

 

1月に、クック海峡横断を目指すにも関わらず、現地でのディンギーヨット探し、サポート艇探し、操船技術工場のための練習など、それらも何も進んでない状態。ヨットは、チームワークが必要な乗り物です。いかに、仲間を信じることができるか?それが、モロに出るヨット。

今、メンバーのみんなが、自分が今まで不得意だったことが、全くできていない、人格を変えられていない、という現実を突きつけられています。海峡横断に向けて、今後どう進めていくか?彼らは僕の大切な仲間。練習も思考もしっかりとサポートしていきます。

 

※この日は、アスリートが揃いました。ボクシングの元WBA世界スーパーウェルター級暫定王者で「寝屋川石田ボクシングクラブ」を経営する石田順裕さんや、ベストボディジャパンに出場する「RICH BODY」を経営するパーソナルトレーナーの舘崎滋さんもヨットに乗りに来てくれ一緒に乗船しました。

ありがとうございます!アスリートは海が大好き!楽しかったですね。

▶︎【この記事を書いた人】
山下 裕司

トヨタ自動車で、製造技術を担当しQCやTQMを学ぶ。その後「中小製造業の新規顧客開拓する」webマーケティング会社を設立し独立。

40歳を超え、自分の得意や好きなことが、自分の人生を必要十分なほど豊かにしているわけではないことに気付き、プロトコール(国際教養)を人生に取り入れ始め、欧州や国内の舞踏会に参加。

全くの未経験から風が動力のディンギーヨットを始め、沖縄・クック海峡・カタリーナ海峡の横断達成。テナーサックスを始めBig BandメンバーとしてサントリーホールやHotel de Paris Monte-Carlo(モナコ公国)での公演を行う。

日々、チャレンジする姿を見た経営者から「うちの社員も主体的に動くようになってほしい!」という相談が増え、製造業企業の人材育成研修を行う。

最近では、欧州でデザイン賞を受賞する世界的に評価の高い日本の高級家具ブランドや、日産自動車のグループ企業(3000人規模)のような大企業から管理職研修などの相談も増えている。

山下 裕司をフォローする
部下に「もっと主体的に動いて欲しい」とお悩みの経営者の方へ

もしあなたの部下が、、、

  • 積極的に課題へ取り組む気持ちが見えない。
  • 指示待ち状態になっている。
  • 自部署を発展させることが自分の仕事だと思えていない。
  • 社員それぞれに自己の強みを活かせるようになって欲しい。

「今まで色々と研修を試してみたけどダメだった、、、。」とお悩みでしたら、人材育成の研修や、研修プランなどお気軽にご相談ください。

普通の研修会社の社員さんが行う、よくある一般的な研修とは全く違います。

トヨタで学んだTQMの組織運営をベースに、40歳過ぎの初心者が「世界の海峡をディンギーヨットで横断する」”死”に直面する冒険や、欧州の舞踏会など、実体験を通して得た「組織の人間としてメンバーが主体的に動ける」ようになるための研修です。

※海でヨットに乗るような研修ではございませんのでご安心ください。

▶︎お問い合わせへ進む

社長ブログ
山下 裕司をフォローする
Legend Quality

コメント

タイトルとURLをコピーしました