来月はイギリス→フランス→モナコかな。

この記事は約2分で読めます。

いや〜見事、アメリカ ロサンゼルスとサンタカタリナ島の間にあるカタリーナ海峡を、エンジンの付いてない全長14フィートの木製小型ディンギーヨット「Lido14」で、風の力だけを頼って横断してきました。冒険家の山下裕司です。

 

この日は、海峡横断も無事に終わり、横断達成祝いのためにビハリーヒルズ在住の仲間と一緒に食事へ。しかし、色々なクライアント様と仕事をしていることで、本当に素敵な機会に恵まれる。これは、1社単独で事業形成をしていると、なかなか起こりえない経験じゃないかと思う。

 

今日は、アメリカのラグジュアリー企業から依頼が。

 

こういうときって、やっぱり、自分のクライアントのマネジメントの仕方とかブランディングの方法とかが間違ってなかったと思う瞬間かな~。

僕は、いい加減なところがたくさんあることはクライアントの皆さまの間では周知の事実なんだけど、譲れないところというか、でも、おれはこうだから!とかそんな安っぽいものではなくて、そこを貫くから、結果としていいことが起こり続けているんだと思う。

現にこのクライアント様も、今月だったかな~、「こんな仕事やらなくていいよ、ことわっちゃえ!」って、断ったりしたばっかり。でも、それがマネジメントをするということであって、その結果、アーチペラーゴというか、そういう風になってくる。

 

あ、そうそう、そういえば、これまでクライアント様にしか提供してこなかった、門外不出の「ブランディング」に関するレッスンを、5月の中旬に行う予定です。

 

巷の噂とか、本の受け売りとかじゃなくて、そりゃもう、死ぬか生きるかでクライアント様と一緒にやってきたブランディングの方法を1日8時間かけて集中的に学ぶスタイルです。

よかったら、ぜひ、ご参加下さい。

詳細は、こちらにあります。→ クリック♪(限定5名様のみ)

ということで、今年は、日本以外にも、海外のあっちこっちで仕事をしそうな予感。

▶「新規受注を獲得したい!」と思っても、なかなかできない社長様へ

●【こんなお悩みありませんか?】山下裕司

  • 新規取引を増やし顧客の幅を広げたい
  • 新規受注を伸ばしたい
  • 自社製品特性をアピールし、販路拡大したい
  • 自社だけの強みを表現したい
  • 問い合わせ件数を増やしたい

【製造業の新規開拓は「工場営業力」の強化が効果抜群】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▶︎「新規受注獲得」したい方は、こちら

社長ブログ
HMPをフォローする
工場営業力

コメント

タイトルとURLをコピーしました