モロカイ海峡横断に向けたディンギーヨット練習

この記事は約2分で読めます。

米国ハワイのモロカイ海峡横断のためのディンギーヨット練習を行う、世界を冒険するマーケター山下裕司です。僕が冒険家なのは、世界の海峡横断などヨットの冒険を行っているからです。冒険はヨットだけではありませんが!

 

モロカイ海峡横断のヨット練習

昨日は小戸で、米国ハワイのモロカイ海峡横断のためのディンギーヨット練習やってきました!僕が仲間と横断しようとしているモロカイ海峡は、ハワイにあるモロカイ島→オアフ島までをエンジンの付いてない小型のディンギーヨットに乗って渡ります。そのモロカイ海峡は、世界オープンウォータースイミング協会が定める、各大陸にある7つの海峡であり、その7つの海峡の中でも、特に激しい海峡です!!

ほぼ同じコースで、毎年SUP(スタンドアップパドル)のレースが行われています。
↓  ↓  ↓


(2分52秒)

しかし、ヨットは自分の力でオールを漕ぐSUPと違い、風の力を受けてしか動けないため、風の向きや速さがとても重要な情報源です。モロカイ海峡は、調べるとデータでは、風が西北西で、9m/s前後と強く、波もうねりもある。その上、距離が直線最短距離で57km!!かなりのタフさが必要なコースです、かなりの体力向上が求められます。

 

技術・体力、精神力の、心技体が必要!!

以前、ニュージーランドのクック海峡横断にも参加しましたが、クック海峡もコンディション的にはかなりの難しさでした。波の高いしうねりもある上、ゴール手前には、洗濯機と呼ばれる渦を巻く箇所がありました。見事に制覇したのですが、沈もしたので、横断後はメンバー3人もうクタクタでした。

叩き台で作ったパッセージプラン(航海計画)を単純計算すると約9時間の帆走横断。風も強い、クォータリー状態で進むと考えられます。しっかり暑さ対策も必要だし、体力も必要!サメも出るし、落ちるかもしれないメンバーの救助もある!しっかり現場を想定した準備をしていきます!絶対渡ったるぞ〜〜!!!

▶︎【この記事を書いた人】
山下 裕司

トヨタ自動車で、製造技術を担当しQCやTQMを学ぶ。その後「中小製造業の新規顧客開拓する」webマーケティング会社を設立し独立。

40歳を超え、自分の得意や好きなことが、自分の人生を必要十分なほど豊かにしているわけではないことに気付き、プロトコール(国際教養)を人生に取り入れ始め、欧州や国内の舞踏会に参加。

全くの未経験から風が動力のディンギーヨットを始め、沖縄・クック海峡・カタリーナ海峡の横断達成。テナーサックスを始めBig BandメンバーとしてサントリーホールやHotel de Paris Monte-Carlo(モナコ公国)での公演を行う。

日々、チャレンジする姿を見た経営者から「うちの社員も主体的に動くようになってほしい!」という相談が増え、製造業企業の人材育成研修を行う。

最近では、欧州でデザイン賞を受賞する世界的に評価の高い日本の高級家具ブランドや、日産自動車のグループ企業(3000人規模)のような大企業から管理職研修などの相談も増えている。

山下 裕司をフォローする
部下に「もっと主体的に動いて欲しい」とお悩みの経営者の方へ

もしあなたの部下が、、、

  • 積極的に課題へ取り組む気持ちが見えない。
  • 指示待ち状態になっている。
  • 自部署を発展させることが自分の仕事だと思えていない。
  • 社員それぞれに自己の強みを活かせるようになって欲しい。

「今まで色々と研修を試してみたけどダメだった、、、。」とお悩みでしたら、人材育成の研修や、研修プランなどお気軽にご相談ください。

普通の研修会社の社員さんが行う、よくある一般的な研修とは全く違います。

トヨタで学んだTQMの組織運営をベースに、40歳過ぎの初心者が「世界の海峡をディンギーヨットで横断する」”死”に直面する冒険や、欧州の舞踏会など、実体験を通して得た「組織の人間としてメンバーが主体的に動ける」ようになるための研修です。

※海でヨットに乗るような研修ではございませんのでご安心ください。

▶︎お問い合わせへ進む

社長ブログ
山下 裕司をフォローする
Legend Quality

コメント

タイトルとURLをコピーしました