モロカイ海峡横断に向けたディンギーヨット練習

この記事は約2分で読めます。

米国ハワイのモロカイ海峡横断のためのディンギーヨット練習を行う、世界を冒険するマーケター山下裕司です。僕が冒険家なのは、世界の海峡横断などヨットの冒険を行っているからです。冒険はヨットだけではありませんが!

 

モロカイ海峡横断のヨット練習

昨日は小戸で、米国ハワイのモロカイ海峡横断のためのディンギーヨット練習やってきました!僕が仲間と横断しようとしているモロカイ海峡は、ハワイにあるモロカイ島→オアフ島までをエンジンの付いてない小型のディンギーヨットに乗って渡ります。そのモロカイ海峡は、世界オープンウォータースイミング協会が定める、各大陸にある7つの海峡であり、その7つの海峡の中でも、特に激しい海峡です!!

ほぼ同じコースで、毎年SUP(スタンドアップパドル)のレースが行われています。
↓  ↓  ↓


(2分52秒)

しかし、ヨットは自分の力でオールを漕ぐSUPと違い、風の力を受けてしか動けないため、風の向きや速さがとても重要な情報源です。モロカイ海峡は、調べるとデータでは、風が西北西で、9m/s前後と強く、波もうねりもある。その上、距離が直線最短距離で57km!!かなりのタフさが必要なコースです、かなりの体力向上が求められます。

 

技術・体力、精神力の、心技体が必要!!

以前、ニュージーランドのクック海峡横断にも参加しましたが、クック海峡もコンディション的にはかなりの難しさでした。波の高いしうねりもある上、ゴール手前には、洗濯機と呼ばれる渦を巻く箇所がありました。見事に制覇したのですが、沈もしたので、横断後はメンバー3人もうクタクタでした。

叩き台で作ったパッセージプラン(航海計画)を単純計算すると約9時間の帆走横断。風も強い、クォータリー状態で進むと考えられます。しっかり暑さ対策も必要だし、体力も必要!サメも出るし、落ちるかもしれないメンバーの救助もある!しっかり現場を想定した準備をしていきます!絶対渡ったるぞ〜〜!!!

▶「新規受注を獲得したい!」と思っても、なかなかできない社長様へ

●【こんなお悩みありませんか?】山下裕司

  • 新規取引を増やし顧客の幅を広げたい
  • 新規受注を伸ばしたい
  • 自社製品特性をアピールし、販路拡大したい
  • 自社だけの強みを表現したい
  • 問い合わせ件数を増やしたい

【製造業の新規開拓は「工場営業力」の強化が効果抜群】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▶︎「新規受注獲得」したい方は、こちら

社長ブログ
HMPをフォローする
工場営業力

コメント

タイトルとURLをコピーしました