お客さま体験談(料理教室)

以前は貯蓄を切り崩しながらやっていました。安定した収入を得たいと望み、1年間コンサルティングを受け、年商8,400万円に。2年目の今年は1億円は少なくても達成すると思います。

「日本一の出世コンサルタント」会社事典の編集長、山下裕司です。

今回は、地方都市で大人気のマクロビオティックの料理教室を開催されている、I.Sさんから集客コンサルティングの感想を頂いたので、ご紹介します。料理教室や塾、何かの教室で集客で苦しんでいる人が非常に多いと思いますので、ぜひ参考にして頂き集客UPにつなげて頂ければと思います。

「料理教室」の集客コンサルティング体験談

毎月100人以上を集客する地方の人気料理教室

私は、ちょっと田舎でお料理教室をしておりまして。ちょっと変わったお料理教室で、普通の料理教室ではなく、東洋医学をベースにしたお料理教室。セルフケアをする為の体質改善をして薬に頼らない生活っていうのを提案する総合的な料理スクールとして経営しています。広告費ゼロ円で、口コミとメルマガ、ブログだけ、月間で100名以上は来ています。単発レッスンとかでも、おかげさまで早い講座だと半日も経たずに全部埋まります。

お料理教室を始める前は、大企業に勤めておりましたが、なんか直感で退職。何にも資格も全く、事業計画も決めずに退職後に勉強を1年間通してその後、お料理教室スタート。最初は一人二人とかに、教えるところから。当時は月の収益はなくて。実は自分で料理研究をして材料を準備して、収益とか計算すると完全に赤字。やればやるほど赤字の時がずっと続いていました。

一年経った後でも、やはりトントンか赤字というレベルだったので、バイトしてしのいでました。本当に生計が立てるぐらいになるには半信半疑でやってた感じで、三〜四年はアルバイトやりながらという生活でした。

当時は、単発のレッスンで4000円とかで一人〜二人に教える。一生懸命に集客しても、月に、三回、四回やったとしても、たかが知れてるじゃないですか。教室開催しても売上8000円で、しかも材料費とかかかるので、本当に「何やってんだろう、、、」と思っていました。お料理が好きだからやってたって感じですね。ただ全然儲かりもしないし、すごい時間も準備も労力もかかるのに、なんでここまでやるのか、分かるようで分からなかったんですね。で、ある時、自分自身の棚卸しをする機会がありまして。そのときに、なぜこの事業をやっているのか?が明確にわかったんですよ。なぜ私がこんなに内側からやりたい思いが出てきているのかっていうのが。そこに向き合ってはっきりわかった時に、絶対ブレなくなって。

ようやく見つかった事業の目的

そこから、絶対やり遂げる!と決めて、どんなに失敗があろうと、私はやるんだっていうのが、コミット出来た瞬間があって。そこから集客コンサルティングで学ばせて頂いたことと、相乗効果で一気に上がっていきました。

自分の棚卸しというのは、自分の生まれてた目的っていうか、なぜこの仕事がやりたいのかっていう原点。を見つめるワークをしてたんですね。特に、誰から教わったというよりも、たまたまそれをとにかく見つけたいっていう夢を皆んなの前で語るっていう時に。はっきりと夢はあったんですけど、それがなぜ諦めない理由なのかって言われてた時に、諦めない理由って言われても、やりたいものはやりたいもんって言ったら。それは皆んなに理解できないって言われて。そうなのかって思って。自分にも欲しかったので。

それで棚卸ししてった時に、自分の過去の幼少期の頃に行き着いて。私はその暗い過去が一番向き合いたくなかったんですよ。だけど、やっぱりそこをちゃんと向き合えた時に、そこに事業をやる答えがあったんです。私の母が入退院を繰り返すような、とても病弱な人で、お母さんが笑顔で元気だったら、きっと家族全員が、みんながハッピーでいられる。もっと沢山の家庭が、元気で、当たり前のようなことが当たり前じゃなくて、大切なものを失う前に、みんなの笑顔、食から繋げていけたらいいなっていう思いが、すごい生まれてきたんですね。

だから私はこんなにやりたいんだって気づけたんですよ。普通の子よりもそこの部分が凄い強くて、どっかでちょっと弱い人を守りたいっていう、守らなきゃとかちっちゃい頃から思ってて。でも、そうじゃなくて、私が全部やるっていうよりは、家庭にそれぞれに守る人がいっぱい増えていくこと。それぞれが、みんなが輝いていくことを私がサポートするっていうことが本当はしたいんだなって気付けたんですね。

最終的に行き着いたのが”食”だったんです。それも母の友達の一人が、重病だった人が食で改善したという話を聞いて、それをやり始めた時に、すごく体調が変わっていったんです。何も、動けなかった人が、どんどん元気になって、内側からエネルギーって溢れてくるからわかるんです。三〜四ヶ月間、食事を変えると、次会ったときに別人のように元気に変わってて。それを見た時に、人ってこんなに変わるんだって。私自身も食を変えた時に、花粉症が治ったり、肌の調子が良くなったりして、そこで「食をビジネスにしよう!」と確信して、資格も何もないまま辞めたんです。

今まで雇われてた身で全部守られてた訳じゃないですか。でも最初起業し始めた時って、それが何もない状態になって、好き勝手はできますけど、全責任自分だし。動き方も全くわからないから。全く収益上がらないのが、三年続き、全部貯蓄はなくなり借金に変わり、それでも何の根拠もないけど、絶対私は”食”でやっていくと直感でわかるんです。

私の中でそこは、すごい大事です。その想いがあって、初めてビジネスが上手くいくんじゃないかって思ってるぐらいです。スキルとかテクニックって後から付いてくるけど、事業をやる想いがないと、失敗してめげてすぐ違うことやり始める。私がそうだったんですけど。事業をやり遂げる理由が見えたら、絶対逸れることないんです。やりたくてしょうがなくなるから。

そのあとは、ブログ集客コンサルティングで、教えて頂いたことを元に、ブログやwebサイトをちょっとずつ変えていきました。とにかく私の昔はマーケティングを学ばなかった頃って、ただ自分のやりたいことを、ブログやホームページで言いたいことをバンバン言ってたって感じで、相手目線じゃ全然なかった。ただ、おしゃれに見えれば良いって思ってたし。本当に無茶苦茶でした。

どのようにブログを改善したのか?

お客様から見て分かりやすいという、見やすさに取り組みました。まだまだ改善の余地はありますが、ちょっとずつ文字を変えたりだとか、レイアウト変更だとか、300回ぐらい修正してます。今は、ブログとメールマガジンを中心に情報発信しています。ブログとメルマガだけで全部いつも埋まっちゃういますので。

メルマガは週一回は発行するようにしてます。それもなんかギフトと思って書くようにしていて。とにかく商品アナウンスとか商品販売の告知で終わるメールマガジンにするのは絶対嫌なので、読んで損はさせないぞ!と気合位を入れて、絶対に一記事に一つのメッセージとして、役に立つお得情報を入れるようにしてメルマガは書いてます。絶対役立つ内容を書く!と心に決めています。今日はどんなお得な情報を提供できる方なっていう視点ですね。

だから「毎回楽しみにしてます」という、応援メールを頂きます。そのためにも常に情報を仕入れて、お送りするようにしています。ネタは、日常生活のどこにでもゴロゴロあるんですよ。例えば、散歩してても見つかるし、例えば、冬とか散歩していると、お花もないし、草木とか枯れてる。そういう状態の時って、自分の心だとすると枯れてるとか。四季って移り変わりがあって、結局そういう時期もあるからこそ、必ず、芽が出てて、花が咲く時が絶対来るんだっていうことから、体調改善をしようとして頑張ってる人たちもいっぱいいて。

でも、なかなかうまくいかない時ってあるんです。その時に諦めずに、やり続ければ絶対に芽が出るし、要は改善する時が、来るんですよね。そこまで、ちょっと諦めずにね、その悪い時だけを悲観的に見て諦めちゃわないで、一緒なんだよみたいなメッセージとかね。何にでも繋がるんですよ。私がお伝えしている東洋医学のベースの料理にしても、哲学的な教えもいっぱいあるんで、だから日々の生活から全部つなげて、考えてそれを発信してます。

どういうメールマガジンを書かれているのですか?

ブログやメルマガをすごい読み込んで来られる方多いですね。基本的にはブログとメルマガで書く内容は、メルマガの方を詳しく書いてて、時々、同じ内容の時もありますし、分けるときもあるし、同じときもある感じです。例えば、お役立ち情報はお役立ち情報でも、お役立ち情報って今ゴマンとあります。それは自分で調べれば見れちゃう。だけど、そこにプラスアルファ、自分の想いを加えているんです。読者にとっては私の人柄もプラスアルファ加えられて、さらに元気がもらえるようです。私は自分で気付かなかったんですが、そういう感想を頂いて。

メールマガジンはギフトだと思って書いてます。読んだときに、ほっこりしてもらったり、やる気が出てもらったら良いなと。人って良い時もあれば、悪い時もあって。私も食事を改善しようとか、やり始めた当初は結構ストイックにやりすぎて、頑張りすぎて、疲れちゃったりと、いろいろありましたので。私自身が失敗してきた連続だからこそ、そこのバランスの取り方で、うまくいかない時っていっぱいあったので。そんな人に向けて、大丈夫だよっていうことをプラスアルファ入れたりとか。気軽にやっていこうみたいな。メッセージをお伝えしています。

どういうお客さんが多いですか?

料理教室に来られるお客さんは、自分の地域だけでなく全国から、色んなメンバーが意識高い人が集まってます毎回。まず、やっぱりユニークさっていうか。他のスクールにはないものを提供しているので。だから、薬膳のお料理教室とか、マクロビの料理教室っていうのはあるんですが、それを融合して、さらにそこにプラスアルファして心理だとか東洋医学の色んな知恵とかを、総合的に一気に学べるエッセンスが絞り込まれて学べる教室が他にないんです。

もう三年〜四年通ってくださる方もいらっしゃいます。みなさん、他にない絶対ここしか学べないと言われるんです。普通の料理教室にないことを全部教えてくれるし、ある方は「料理と思って入ったんだけれども、それ以上のことが学べるから気付いたらいたんです」みたいな。そういうことを言われたりとか。

リアル対面の集客はどのように?

メルマガとかブログのオンライン上でコミュニケーションを発信してる訳ですが、やっぱりリアルで会う機会があれば、それが一番強いっていうのを感じます。お料理教室の説明会を、もっと気楽な感じで愉しんでもらおうと無料お茶会をやったんです。「何でも聞いてください!」という無料お茶会。そこには5名来られて、全員参加することになったんです。全然その気もなくってたまたま友達と一緒に来ちゃった人までやるって言い始めて。

半年間のコースは10万円。1時間ぐらいのお話で「こんな感じで楽しくやってるんですよ」って、ここで学ばれた人の成長、変化具合はこんな感じですよって紹介したり、実際のお客さまの声をお見せしただけなんです。勝手に興味を持ってくれて。最初は、ふーんて斜に構えて聞いてた人が、だんだん前のめりになって、入るつもりなかった人まで「これ面白いですね」とか言ってくれて。

その時にお話しした内容も、「なぜ、このお料理教室をやってるか?」をお話ししたんです。はじめから食の関係の仕事をしてきたわけじゃなくて、元々は大手企業に勤めていて、そこからの転職です。幼少期の話から本当原点の話をさせて頂いて、人ってこんなに変われるんだということを話して、その時に来られてた人も、多少なりとも体の不調がおありで、だけど薬には頼りたくない人たちだったので、絶対今からでも遅くないと。

人生で必要な学びだとしたら、この投資は安い。と思ってもらえたようで。だから、想いを話すということは、すごい大事だと思うんです。ただ、提供しているサービス内容は、似たようなサービスがあるかもしれませんが、この想いは私にしかなくて、この想いに共感された人が入ってこられます。

最後にご覧頂いている方にメッセージ

私もやり始めた当初から、本当に失敗続きで、うまくいかないことがいっぱいあって、なんでこんなにうまくいかなんだろうとか、私には向いてないのかなとか、何度も横道に逸れてしまったことがあったんですけど。そんな私でも、ネットとかに弱くて、未だに用語とかよくわからなくて、分析の仕方もわからない私ですけども、それでも諦めずに、自分の強みを活かしながら、やっていくことでうまく次のステージに行けてるのかなと思います。だから、とにかく、自分の思いを大事にされながら諦めずに向かっていかれると必ず、道は開かれるんじゃないかなと思います。

コンサルティング総括

I.Sさんの強さは「⾃分の事業に対するミッションが明確である」ことですね。ミッションが明確なので、無理な売り込みをする必要もなく、⾃分の考えに共感してくれたお客様が集まりやすい環境を作れています。

⾃分のミッション・信念を伝えることで幸せな⼈を増やす。自分のミッションを実現するために、お客さんの得体結果を得てもらうために⼀貫性を持って想いを届ける。その考えに共感してくれた⼈が集まってくるということで、素敵なお客さんが集まるという形です。変なお客さんは来ません。

基本的なビジネスモデルは、ブログを書いて検索エンジンからの新規顧客を集め、メルマガで関係性を作りメルマガで講座、料理教室の紹介をして申し込み。という流れになっています。I.Sさんの情報発信が良くて、⾒込み客が知りたい情報(料理教室・健康・⾷・マクロビ・薬膳・メンタル)そういったものに関⼼のある⽅に対して、情報を発信しています。

メールマガジンは現在600名くらいの登録者数ということで、登録者の数はそんなに多くないですが、信頼関係が強いという印象を受けます。600名でも⼗分信頼関係ができているお客さんであれば、ちゃんと反応がとれて、講座の集客に繋がります。

→【他のお客さまの体験談を見る】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください