専門家のためのブログ集客術!成功3つの秘訣

世界を冒険するマーケター山下裕司です。改めて言うことでもないが、ビジネスにおいてインターネットを使ったブログでの集客は非常に重要である。多くの企業が自社ブログを立ち上げ活用しようとしているが、多くの場合上手く活用できず集客できてない。

気軽に取り組めるのがメリットであるブログ。難しい知識が必要なわけではない。今回は、誰でも簡単にできるブログを上手く活用して集客を伸ばしていく「専門家のためのブログ集客術」をお伝えしていく。

目次

専門家のためのブログ集客術!成功3つの秘訣

専門家のためのブログ集客法

初心者でも簡単にできるからということで、ブログからの成果もたいしたことないのではないか?と思っている方もいるかも知れないが、非常に大きな成果を出すことができる。ブログだから小さな売上ではなく、ブログだからこそ単価の大きな商品が売れやすい。しっかりとブログを作り込んでいけば、かなり強力な集客媒体になる。様々な業種・業態に関わらず、簡単で集客できるのが、ブログの特徴である。

しかし多くの方がブログやっても集客に繋がってないってのが実情である。ブログもただ単にやみくもに日々の日記や、感想、食べたご飯のメニューとか、そんな記事を書いても集客には繋がらない。専門家の人は、その専門的な記事を公開することが重要である。

弊社クライアントお店のブログ集客事例

【業種:法人向け美容系商材の製造】

東京都内で「法人向け美容系商材の製造」をやっているH社長は、ブログ経由で法人企業から1億2000万円の受注を獲得。問合わせ年間100件以上。売上が前年比4.7倍に。

【業種:オーダーメイド指輪製作】

東京都内で「オーダーメイド指輪製作」をやっているI社長は、ブログで売上が年商7000万円にUP。売上が前年比の3.5倍!3ヶ月予約待ちのオーダーメイド指輪の製作会社に。

【業種:法律事務所専門の印刷会社】

東京都内で「法律事務所専門の印刷会社」をやっているY社長は、ブログ経由で月商1300万円達成。売上前年比2.3倍!専門家としてのブランディング成功で月商1300万達成。

【業種:内装仕上げ工事リフォーム会社】

千葉市内で「内装仕上げ工事リフォーム会社」をやっているF社長は、ブログ経由で3ヶ月で売上4600万円。業界で独自のブランディング成功でリフォーム工事の単価が17倍アップ。

【業種:外構・エクステリア工事造園会社】

大阪市内で「外構・エクステリア工事造園会社」をやっているF社長は、ブログ経由で月商1800万円達成。売上前年比2.7倍!地元に根づいたUSPで大手業務スーパーより1000万円の受注獲得。

【業種:パーツフィーダ機械製造業(生産財)】

大阪府内で「パーツフィーダ機械製造業」をやっている島原さんは、元々あったブログは反応ゼロでした、、、。今では、大手企業や官公庁から、1件2200万円の受注が立て続けに決まるようになりました。

【業種:不動産空室対策 コンサルタント】

名古屋市内で「不動産空室対策 コンサルタント」をやっている武田さんは、集客開始6ヶ月で、売上3倍ベースにUP。反応ゼロのブログから1500万円以上の売上が決まりました。

【業種:整体師】

福岡市内で「整体師」をやっている高松さんは、集客開始3ヶ月で売上4.1倍UP!全く反応の無かったブログから毎月25人の集客できるようになりました。

【業種:自動車整備鈑金塗装工場】

京都府で「自動車整備鈑金塗装工場」をやっている松本さんは、ブログから毎月5〜10件、安定して修理依頼が入ります。計画的に工場を休んで旅行へ行くことも。

【業種:エステティックスクール】

名古屋市内で「エステティックスクール」をやっている春藤さんは、ブログ経由で生徒さまの数が2倍にコンサルティング1ヶ月で受講生数が2倍になりました。

【業種:ジェルネイル教室】

東京都内で「ジェルネイル教室」をやっている春藤さんは、ブログ経由で3ヶ月で売上2.7倍UP!時間をコントロールできるようになったので、ゆっくり娘と遊べるようになりました。

上記のようにブログもしっかり活用すれば、毎月数百万円の受注を取ったり、商品にもよりますが1億円単位の受注に繋がることも可能にあります。今まで、ブログで集客やったことないとか、今までブログ集客やってきたけど上手く行ってない方は、ぜひブログ集客に取り組んでほしい。ブログ集客は基礎を押さえれば集客が難しいということはないので、その基礎をお伝えしていく。

先程あげたクライアントのように、ブログを書きはじめていきなり受注獲得できるか?というと、そんなことはない。ほとんどの方は、ブログを書いても最初は集客できない。弊社のクライアントも最初は集客できないと悩んでいた。その多くは、ブログでよくある間違いをしているので注意してほしい。

ブログのよくある6つの間違い

間違い①:ブログに単なる日記を書いている

普段の日常を書いてる。普段の日常を書いてブログを見られるのは、基本的には芸能人や著名人だけである。もうすでに世に名前が売れてるという方。そういった方は、自分の日常を出すことで、親近感を持ってもらってファンを獲得することできるが、それ以外の人はブログでただ日記を書いても意味がない。アクセスは集まらない。これはソーシャルメディアのFacebookとかでも日記を書いても知り合いの中でコミュニケーションとるにはいいが、集客するには難しい。やはり専門性を出していかなければ難しい。

間違い②:自分の言いたいことだけ書く

自分の自己主張を持って伝えることは重要だが、基本的にブログ集客は検索エンジンからの集客になるので、言いたいことだけを伝えてもお客さんに響くことがない。大事なのは検索で何かを探してきている人の答えを返すということが重要である。相手への答えを伝えた上で、自分なりのエッセンスを伝えていくようにしなければならない。

間違い③:ブログとホームページを別物だと考えている人

ブログはブログ。ホームページはホームページ。別物だと考える人がいるが、この二つは一緒に考えてOKである。こちら提供側の物差しにしか過ぎないので、見てる方からするとブログかホームページかは分からない。ブログ型のホームページなどもある。ブログでもしっかりと作り込めば、注文取れるようになる。逆にホームページでもきちんと作り込んでなければ、全然注文取れないのである。

間違い④:タイトルがよく分からない

ブログタイトル見て、何のブログなのかよく分からない。お客さんに「何屋さん」なのかが一発で明確に伝わるブログタイトルにしなければならない。そして、社会に「店名(屋号)」を覚えられて入れば問題ないが、覚えられていないときのために、自分が「何屋さん」なのかタイトルに入れておかねばならない。

間違い⑤:売りたい商品の説明がされてない

販売している商品の説明がされてないということが実は結構多くある。売りたい商品なのに、商品ページを見ると何にも説明がなくて商品画像と申込みフォームのみとか。その商品がどんなものなのかがよく分からないので購入できないという場合がある。ブログのメリットとして、商品の説明がしっかりできるというところがある。それがブログのメリットである。

間違い⑥:どこから申し込めばいいか分からない

ダメなパターンで、どこから申し込めばいいのか分からないというブログやwebサイトがある。申込みを分かりやすくしてあげるだけで、全く反応率が変わってくるので分かりやすい申込みを作って欲しい。

専門家のためのブログ集客!成功3つの秘訣

①:ブログの基本設計
②:検索エンジン対策
③:コンテンツの書き方

ブログの基本設計ができていて、検索エンジン対策をしていたとしても、書いているコンテンツが面白くないとか、購入につながる記事になってなければ申込みには繋がらない。購入に繋がるコンテンツ記事にするためにはどう書けばいいのか?これをお伝えしていく。

①:ブログの基本設計

1-1:ブログサービスの選定【ブログ集客でアメブロ・はてなブログは使えるか?】

ビジネスブログは日記を書くものではない。お客さんの役に立つ商品を紹介し注文を頂く。これだけである。無料ブログから始める場合、オススメブログサービスは、アメーバブログ(株式会社サイバーエージェント)と、はてなブログ(運営:株式会社はてな)ではないだろうか。メリットとして、アメーバブログはこちらからアクションを起こせることができるというのと、使っている人が多い。はてなブログは、はてなブックマークがつきやすいことや、SNSでの拡散しやすさではないだろうか。デメリットは、運営会社の意向により影響を受ける。店舗ビジネスやコンサルティング業などの方は気にしなくていいが、業種によっては記事が削除されたり、ブログを作れない場合もある。

●【ワードプレスのブログ集客】

あとは、WordPress(ワードプレス)だろう。独自ドメイン、独自サーバーで運営できるので自分の思うがままに運営ができる。コンテンツを作るたびに、それは全て資産になっていく。カスタマイズが自由自在であり、サイト構築が簡単であり、SEO対策に有利ということも挙げられる。デメリットとしては、カスタマイズが自由すぎて素人ではなかなか設定が難しいということろである。

無料のアメーバブログでも「法人向け美容系商材の製造」の社長さんは1億2000万円の受注を法人から獲得している。また「オーダーメイド指輪製作」の社長さんも7000万円の売上を上げているので、WordPressを始めるのにハードルが高いのであれば、無料のアメーバブログやはてなブログから始めることをオススメする。

1-2:ビジネスコンセプト

ビジネスコンセプトとは、言葉の通り「ビジネスのコンセプト」である。この三つは非常に重要な概念である。

●【誰に売るのか?】

まずは、この人にお客さんになってほしいという理想一人を決める。あなたのお客さんの中の一人をイメージしよう。その人以外は無視である。とにかく理想のお客さんが喜ぶであろうことを考える。その人だけに向けて情報発信していくのである。そのときに注意点として、理想のお客さんがあなたのお店に来る前の状態のお客さんに向けて情報発信することを意識しよう。そうすることで、あなたのビジネスの方向性がバシッと決まる。誰にというのは、多くの人ではない。たった一人の人である。その一人に向けてのメッセージなのだ。多くの”みんな”というメッセージとなると、見てる側は一人で見てるので、結局誰の心にも刺さらない、誰に心にも伝わらないメッセージになってしまうのである。だから、”あなた”という理想のお客さん一人に向けたメッセージを送ろう。

●【何を売るのか?】

ブログで何を伝えたいのか?これが決まらないとボヤ〜っとした内容になってしまう。「何を売るのか?」というのは、どんな価値を提供するのかを明確にするということである。例えば、自分の好きな映画や本や食事の話を書いたり、旅行の話を書いたりすると、目的がバラバラな人しかブログを見に来ない。バラバラのコンテンツ内容になると、このブログって何のブログなの?ということになる。専門家のブログ集客で最も重要なのは、あなたの「専門性」である。あなたのブログは「私は◯◯の専門家です!」と一発で理解できるブログにする必要がある。あなたの専門のことについてコンテンツを書いていくのである。ただ、あなたの人柄も知って欲しいと考えるのなら、毎日コンテンツを書くとすれば、一週間に一度は自分の事に関するコンテンツを書こう。

●【USPは何か?(選ばれる理由は何か?)】

自分の商品やサービスが選ばれている理由が分かってない人がいる。お客さんは必ず他の商品と比べた上で、選んであなたの商品を購入している。「なぜ、他のお店ではなく、うちで購入してくれたのか?」それをお客さんに聞こう。そのときに使えるのが、アンケートである。アンケートは集客を支える非常に重要なアイテムである。私もブログで情報発信しているが、基本的にはお客さんから頂いたアンケートの結果などを元に発信している。直接聞ける環境にあるなら、直接話しを聞かせてもらおう。必ずあなたの強みとなるものが、お客さんの声には隠されている。USPをもっと詳しく知りたい場合は、こちら『プロが教える集客に困らないUSPマーケティング』を参照にして欲しい。

1-3:顧客のブログ内動線

ブログを運営で重要なことの一つに「読ませたい記事は目立つところに配置する」ということである。ブログの特徴として、最新の記事が表示されるようになっているので、記事を更新していくと読ませたい記事がどんどん下へ流れていく。更新していくと、いずれは一ページ目に表示されないということになる。そのために、グローバルメニュー(グローバルナビゲーション)を設置して、どのページを見ても、常に見られるようにメニューを設置しておこう。またはサイドバーにバナーを設置したり。アメーバブログであれば、メッセージボードに設置したりと工夫して、常に見られるようにしておこう。

●【グローバルメニュー】

グローバルメニューに設置しておきたいメニューとして、「初めての方へ」である。あなたのブログに初めて訪れた人に見てもらうためのページである。あなたの理念や志や想い。こだわりなどを、始めてきた人に見てもらうように設置しておこう。あとは、「サービス内容」や「料金」「プロフィール」「推薦の声」「無料プレゼント」や「メルマガ登録」などである。

●【お客さまの声】

あとは「お客さまの声」。お客さまの声は必ず見られるページなので、必ずメニューに入れておこう。そして商品やサービスを提供したら、必ずお客さまの声を頂くようにしよう。極端な言い方をするが、お客様の声はお金を払ってでももらった方がいい。お客様の声は、質も量もどちらも追い求めて行くべきである。そのくらい価値があるコンテンツである。例えば、楽天やAmazonのレビューを見ると、お客さんの声が多い商品は”売れている”とか、”流行っている”というイメージを勝手に持たないだろうか?お客さまの声を頂くと最初のうちは、あまり良くない声を頂くこともある。でもそれは、商品改善のためのアイデアをもらっているということなので、頑張って商品改善していこう。品質向上に非常に役に立つものである。

●【誘導させるための巡回性】

次に重要なのが、お客さんを次のページへどうやって誘導するかである。上手く巡回できるようにすること。例えば、自分のストーリーなどで長くコンテンツを書いた場合、分割記事として、次の記事はこちらという感じで次の行動を明示し、スムーズに誘導することである。

●【ゴールを一つにする(申し込み)】

そして、とても重要なのが「ゴールを一つにする」ということである。ブログを作ったときに、お客さんをどこに連れていきたいのか?ということである。ゴールをどこに設定するかは、ブログを作る最初から決めておくべきものである。それを決めないと、ブログ全体の目的がぼやけてしまう。このブログのゴールは「資料請求なのか?」「商品購入なのか?」「無料相談に申し込みなのか?」を決めておく必要がある。それがブログの設計の根本的なものである。お客さんを混乱させてはいけない。ブログ内で迷わせてはいけない。

●【申し込みフォームを設置する】

そして「申し込みフォーム」を必ずつけよう。この申し込みフォームを設置し忘れてしまうと、お客さんは商品やサービスを申し込めないのである。無料で使えるフォームで構わないので、申込みできる状態を作ろう。いくらブログを書いても申し込みができないと、売上は1円も上がらない。実は奇跡が起きることもある。ブログを作りはじめて申し込みフォームを設置した瞬間、申込みが入るという奇跡が起きる場合もある。だから必ず申し込みフォームをつけよう。弊社クライアントで工務店があるが、ブログを作りはじめて、まず申し込みフォームを設置したら、すぐに申し込みが入ってきたという奇跡を体験したことがある。その申し込みは最終的に80万円の売上に繋がったのだ。一記事でも受注獲得すること奇跡が起きる可能性がある。あなたも奇跡を起こして欲しい!!

●【コンテンツは修正を繰り返す】

基本的に、コンテンツは繰り返し繰り返し、修正を行っていくものである。一度作って終わりということはない。記事によっては、一回作ったら終わりという記事もあるが、特にセールス用のページなどは、何度も繰り返し購入率が狙い値に到達するまで修正を繰り返していく。それがたとえ、ホームページ業者が作ったものだとしても、テストを繰り返し行っていく。ブログとは、ずっと愛情かけて育てていくべきものである。花に毎日、水やお日様にあて、愛情を注ぐように、ブログも毎日愛情かけて育てて上げるものである。弊社クライアントも、細かな修正を入れれば、余裕で200〜300回の修正はざらに行っている。そうやって積み上げることで集客できるブログができる上がるのである。

最初はなかなか結果が出ないが、コンテンツは全て資産なので、どんどん資産を積み上げることで、安定して集客できるブログを作ることができる。例えば一日一アクセスしか見られないようなロングテールキーワードのコンテンツ記事だったとしても、それが1000記事できれば、毎日1000アクセス来ることになる。全てのコンテンツは資産なのである。このロングテールキーワードを狙ったSEOを”ロングテールSEO”といい、狙ったビッグキーワードに関連する様々なキーワードでWEBサイトをヒットさせ、より幅広い、またはより購買に近い検索を行うユーザーを獲得するためのSEOをいう。ロングテールキーワードでアクセスを集められるようになると、安定した売上が見込めるようになる。

①:ブログの基本設計まとめ

この三つの考え方をベースにビジネスを組み立てていくのだが、これを無視すると集客できない。弊社のクライアントにもSEO対策やFacebookやtwitterなどSNSを絡めた集客テクニックを知りたがる人がいるが、それを知るよりもビジネスコンセプトを変更したほうが圧倒的に集客できる。なぜならば、ブログで発信する内容を「誰に向けて情報発信するのか?」「何を(どんな価値を)情報発信するのか?」「USPは何か?(選ばれる理由は何か?)」が明確に決まった状態で情報発信できるからである。この三つが決まっているから「私のための商品だ!」と、お客さんの心に刺さるのである。逆に、この三つのビジネスコンセプトが決まってないと、フワッとして何の特徴もないものになってしまうのである。

最初に決めたビジネスコンセプトは、途中で変更しても問題ない。反応が悪ければ、どんどん新しいコンセプトをテストしていこう。例えば、最初は20代女性向けのブログだったのが、反応がいいのが想定していた年齢層よりも高い40〜50代の女性だったら、反応のいい年齢層に向けてブログの内容を変更していくべきである。まずはビジネスコンセプトは仮説でいいので作って、実際のお客さんの反応を見よう。そして、実際に来ているお客さんに向けてブログコンテンツを書こう。

②:検索エンジン対策

2-1:ブログタイトル
2-2:テーマ
2-3:コンテンツ記事タイトル

ブログの基本設計が終わると、次はブログで集客する段階に入る。その時、まず考えるのが検索エンジン対策である。お客さんは、YahooやGoogleの検索エンジンで欲しい情報を探している。その時お客さんに、あなたのコンテンツを見つけてもらわなければならない。見つけてもらうためには、検索エンジン最適化することで、検索エンジンのオーガニックな検索結果において、あなたのブログが上位表示されるようブログを調整すること。

コンテンツの内容も重要というのは大前提の話だが、記事コンテンツを時間をかけて一生懸命に書いたにも関わらず、ページが読まれることが無いということがある。例えば、コンテンツの記事タイトルを「おはよう!」と書いてしまうと、検索エンジンで「おはよう」と検索する人しか、そのページは見られることがない。あなたの商品は「おはよう」と検索する人が、購入する商品ではないはずである。あなたは、ブログタイトルとコンテンツ記事タイトルに、狙っているキーワードを入れておかなければならない。

インターネット集客で重要なことは、どのキーワードで集めるのか?それによって購入率は大幅に変わり、売上も大幅に変わるのである。商品購入に近いお客さんが使うキーワードを見つけられるか?そして、集められるか?である。分かりやすく説明すると、店舗ビジネスをされている人は「地域名+サービス名」というキーワードである。「福岡市 整体」「名古屋 エステ」「京都市 板金」「東京 ジェルネイル教室」など。

例えば「整体」というビッグキーワードでは、上位表示するのが非常に難しい。その上「整体」という単一キーワードでは、検索者が何を求めているのか?そのニーズが分からないのだ。整体のスクールを探しているのか?整体で腰痛を治したいのか?だから、あなたが狙うべきキーワードは「地域名+サービス名」なのである。ぜひ、お客さんにも「何で知ったか?」「どんなキーワードで検索してきたか?」ぜひ聞いて欲しい。このキーワードで、ブログタイトルやコンテンツ記事タイトルに入れて上位表示を狙って欲しい。

検索エンジン対策の一つとして、googleアナリティクスなどのアクセス解析をしっかりと分析しよう。検索数ももちろん重要だが、「どういうキーワードで検索されているのか?」検索ワードをココではしっかりと見ていきたい。ブログを立ち上げたら、まず目標100記事を作っていく。これは、どういう検索キーワードで検索されているのかを調べるためでもある。最初は、どういうキーワードが反応いいのか分からないものだ。反応が良いキーワードを探すためでもある。購入につながるお宝検索キーワードを発掘する必要がある。googleアナリティクスなどのアクセス解析で、購入に繋がる検索キーワードを探そう。そのキーワード見つけたら、こっちのものである。大量のアクセスを集めるより、少量でも購入に近いアクセスが必要。アクセスの質にこだわって集めよう。この積み重ねが、毎月100万円とかの受注に繋がってくるのである。

集客できるブログコンテンツの書き方

3-1:集客用の記事

集客記事というのは、セールス用の記事に送客していく役割の記事である。最終的には、セールスページに全て送客していく。だから、いろんな記事が必要になってくるのである。どんな記事を見たとしても、一定の割合でセールスページに飛び、一定の割合で購入する。この流れを作る。どんどん増やしていく記事になる。

3-2:セールス用の記事

セールス用の記事というのは、この記事を読んだら必ず注文に繋がるという記事のこと。セールスレターという長めの記事があるが、そういう感じの記事である。このセールス記事は何度も何度も作り込む。セールス記事に関しては、目標の成約率が出るまで何度も修正を行うことが重要である。

コンテンツ記事数は、まず30記事を目標にして、100記事を目指す。一日一記事のペースで毎日記事を書いていこう。そして、記事を書く前に、タイトルだけを先に作るというのもありだ。そして注意すべきは、テーマを変えないことである。あなたの専門性に特化したテーマでブログを作り上げていこう。読者の知りたい情報だけを書くということ。自分の書きたいことを書くのではなかく、あくまでブログはお客さんが知りたいことを先読みして書くようにしよう。各内容は出し惜しみせず、知っていることは全部ブログに出し切って書こう。

まとめ

【専門家のためのブログ集客術!成功三つの秘訣】
①:ブログの基本設計
②:検索エンジン対策
③:コンテンツの書き方

基本、専門家のためのブログ集客術をまとめたが、この三つでブログマネジメントは可能になる。事前にキーワードを調べ、毎日ブログを更新し続けるという、シンプルなものである。ブログ集客は、とにかくコンテンツ記事を更新するということが重要である。新しくブログを始められる方は、まず100記事を目指してブログを作っていこう。やり方が間違ってなければ、必ず何かが起き始める。ぜひ、その変化を愉しんで欲しい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください