売上UPに繋がる!勉強会をやってみよう

この記事は約7分で読めます。

世界を冒険するマーケター山下裕司です。今日は、なかなか売上が伸び悩んでいる方のために、「ビジネスは簡単に作れる!」ということを解説していこうと思う。

ビジネスは簡単に作れる!というのは、ブログやインスタグラムの勉強会を開催しようと提案したい。私も『商品の世界一となる強みを発掘するワークショップ』を主催しているし、コンサルタントの多くは何かしらの勉強会を主催している。目の前の人に価値を提供できる一番身近な環境が勉強会である。だからこそ、ビジネスを作る最初の一歩である勉強会を開催して欲しい。どうやればいいのか概要をお伝えする。

 

ビジネスは簡単に作れる!ブログやインスタ勉強会やってみよう

ビジネスとは貢献である

ビジネスとは貢献そのものであり「ビジネス」=「貢献」である。だから、人に貢献すればお金は得られるのである。

たとえば、、、

  • 毎日こうして車で会社に行けるのも、誰かのビジネスのおかげ。
  • 毎日こうして安心して家に住んでいられるのも、誰かのビジネスのおかげ。
  • 毎日こうして安心してご飯を食べられるのも、誰かのビジネスのおかげ。

そう考えると、ビジネスをやってくれている人に感謝である。

そして、自分で服を作らなくても、温かい服を着ていられるのも、自分で狩りや農耕をやらなくて、おいしいご飯を食べられるのも、自分で家を建てなくても、安心の家に住むことができるのも、お金という発明品のおかげ。お金という発明品によって、職業選択の自由ができあがり、人類全体の分業のシステムができあがった。だから、あなたは好きなことで、貢献することで、人生を愉しめるのである。

ビジネスは簡単であり、シンプルである。いまこれを解説していこう。

 

インスタグラム集客の勉強会を開催してみよう

たとえば、インスタグラム(Instagram)集客の勉強会を開催してみて欲しい。参加者は、あなたのブログでもいいし、告知サイトなどで募集するという手もあるだろう。参加費は、内容=貢献の度合いによるが、1回3,000円〜5,000円くらいでできるかもしれない。勉強会に10人集まれば、3万円〜5万円の売上になる。例えば、この勉強会を月2回でも開催すれば、6万円〜10万円の売上になるのだ。

勉強会では、具体的にインスタグラム(Instagram)集客を進める講義やワークショップをする。すると、その勉強会に参加することによって、参加者のビジネスが確実に一歩前進する。まさにこれは「貢献」そのものではないだろうか?とても簡単だが、かなり簡単にビジネスになるのである。

拡大したいなら、違うグループを集めて、これを月に2グループ行ったとすれば、12万円〜20万円の売上になる。「人を集めるのが面倒くさい」あなたはそう思うかもしれない。しかし、面倒くさいことを代行してあげるから、そこに”価値”が生まれるのである。面倒くさいことはやりたくない、でもお金だけくれ、というのはドロボーの論理と同じである。上手く勉強会が回ってきたら、その勉強会そのものを人に任せることもできるだろう。ぜひ、あなたにも人気の勉強会を作って欲しい。

 

小さな積み重ねは、いつしか計り知れないパワーとなる

もし仮にこれが全国インスタグラム(Instagram)勉強会、ともなれば、「インスタグラム」自体が協力してくれるかもしれません。例えば「インスタグラム」本体と提携なんてことも可能になって、インスタグラムで全国インスタグラム勉強会、というものを告知してくれるかもしれない。小さな積み重ねを続けると、やがれ雪だるまのように大きくなり、いつしか計り知れないパワーとなる。

インスタグラムの勉強会って、とてもニーズがある。実際に5000円でセミナーをやっている人がいるが、20人〜30人がいつも満席である。集客もインスタグラムでやればいいし、リピーターを狙って、最初は1回目は利益ゼロでもいいではないか、紹介者(アフィリエイター)に利益を受け取ってもらって、集客ということもできる。ツイッターで集客というのもありだ。はじめは、3〜4人の仲間うちだっていいではないか。

よい勉強会なら、自然と口コミが広がるものだ。今なら、みんなにブログやSNS(Facebook・インスタグラム・ツイッター)で感想を書いてもらえる。はじめは小さい集まりかもしれないが、やがてその小さな積み重ねが大きな原動力となる。

 

勉強会から新たなビジネスが生まれる

開催場所の心配がある人もいるかもしれない。場所なんて、友だちのレストラン借りてもいいだろうし、あなたの家の近くにある市区町村の安い会議室だって借りられる。人数が少ないなら、カフェでもいい。はたまた、集客できなくて困っている空いているパソコン教室を安く借りたってよい。どうせお客さんが来ていないのなら、安くでも貸してお金にしたい人もいると思うのだ。

さらには、それが発展させて、パソコン教室の集客代行の提案というのもありではないか。今度は、パソコン教室からも収益がもらえるようになる。やはり、小さな積み重ねが大きなパワーとなるのである。ぜひ、インスタグラムに限らず、「勉強会」を開催してみて欲しい。ちなみに、開催するのは、別に勉強会でなくても、お茶会でも飲み会でもカフェ会でも、朝会でも、読書会でも何でもいい。

 

ビジネスノウハウが詰まっている勉強会の主催

この勉強会というのは、ものすごいパワーを秘めていて、「勉強会」にすべてのノウハウが詰まっている。例えば、勉強会を拡張して、参加者に感謝されながら収益拡大する方法なんて考え方もある。そもそも勉強会というのは、参加者の方と仲良くなったり、信頼を築いたりする場。当然、仲良くなると、その人が目指している方向、行こうとしているところなどが見えてくる。

その参加者には、それぞれ「いつか本を書きたい!世界一周したい!お金稼ぎたい!経営者になりたい!親孝行したい!」などなど、様々な夢や想いというものがある。そんな人たちのために、応援してあげることは、私はとても意義があることだと考える。たとえば、世界旅行に行きたいと思っている人に、世界中をマラソンで走っている人の講演会を教えてあげたり、本を書きたいと思っている人に、著者を紹介してあげたり。

ここで間違えていけないのは、ただ単に知っていることを横流しに教えてはいけないということ。あなたは、参加者にとってのコンシェルジュ(concierge)の役割なので、本当に良いものを選んで紹介してあげる必要がある。たとえば、出版を手伝ってくれる人を知っているから、と紹介して、出版詐欺だったというようなこともありうる。

だから、あなたは参加者にとってのコンシェルジュ(concierge)なのだから、あなたが知りうるできる限り良いものを見つけて紹介してあげる。それだからこそ意義がある。

 

勉強会を事業の一つとして考えてみよう

勉強会というのは、メールマガジンやブログと全く一緒。そして、これも1つの事業と考えると、身も引き締まり、本気になれる。インターネットビジネスの基本である、集客・営業・商品という三つの関係を思い出して欲しい。

  • 集客・・・トラフィック
  • 営業・・・WEBサイト(ブログ・メルマガを含む)
  • 商品・・・キャッシュポイント

「営業」と聞くと「売り込み」を連想する人が多いかもしれないが、営業の本質は「信頼関係づくり」である。あなたから買いたいと思われる信頼関係づくり。ここで勉強会は、WEBサイトの部分で果たす「営業」の役目、つまり信頼関係づくりの役目をはたしている。勉強会で、あなたがよいと思うものを提供してあげればあげるほど、仲良くなればなるほど、信頼関係が構築されていく。信頼が構築できたら、できるのが紹介業(コンシェルジュ)なのである。

もちろん、紹介が目的になったらダメだが、相手の期待していること、求めている未来を聞いて、確かめてそれにあったものを相手に教えてあげる。たとえば、アフィリエイトという手段もある。商品やサービスを売ってもらいたい人は、世の中に山ほどいるので、個人的に紹介契約を結び、営業代行費、あるいは、アフィリエイト報酬、紹介料など「しくみ」を作るのである。

 

信頼が構築できれば、最も良い商品をススメることも可能

たとえば、あなたの勉強家やお茶会に、起業や副業に興味ある、会社の売上アップ、集客に興味あるという人がいたとする。それであれば、この人たちに起業や副業でよいもの、売上アップ、集客アップでよいものを紹介してあげる、というのは喜ばれる。起業や副業で、「勉強」目的であればいろいろある紹介できるものもある。

オススメの料理教室でも、英語教室でも、レストランでも何だってよいのだ。お金にならなくなって、「喜んでもらえるものを紹介する」これが、紹介業コンシェルジュ(concierge)の使命である。不思議なのですが、この精神でいれば、自然にあなたの収入は増えていく。お金は後から付いてくるって本当である。もちろん、ガンガン売り込む、というのも1つのスタイルなので、あなたが好きな方を選択すればよい。

 

まとめ

ビジネスとは貢献そのものであり「ビジネス」=「貢献」である。だから、人に貢献すれば、その対価としてお金を得られる。勉強会を開催し、参加者のコンシェルジュとなって、聞き役に回ってその人に勝ちあることを提供しよう。役に立とう。それがビジネスである。やはり、ビジネスは簡単に作れるのだ。ぜひ、勉強会を開催して欲しい。

▶「新規受注を獲得したい!」と思っても、なかなかできない社長様へ

●【こんなお悩みありませんか?】山下裕司

  • 新規取引を増やし顧客の幅を広げたい
  • 新規受注を伸ばしたい
  • 自社製品特性をアピールし、販路拡大したい
  • 自社だけの強みを表現したい
  • 問い合わせ件数を増やしたい

【製造業の新規開拓は「工場営業力」の強化が効果抜群】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▶︎「新規受注獲得」したい方は、こちら

マーケティング
HMPをフォローする
工場営業力

コメント

タイトルとURLをコピーしました