お金がないなら、知恵を使い尽くそう!

お金がないなら、知恵を使い尽くそう

こんにちは。世界を冒険するマーケター山下裕司です。今日は、『お金がないなら知恵使おう!』という話をお伝えします。創業当初は、どこの会社も、信頼も、お金も、時間も、何もないです。その何もない状態から、てっぺんに這い上がっていくのが、起業の浪漫でもあります。何者でもない自分が、社会の役に立つことで、どんどんのし上がっていく。

私は、トヨタ自動車に13年間、品質管理を業務として勤めていました。トヨタは稼ぐ力を高めるために、売上を伸ばす努力とともに、現場では、利益を高める努力も猛烈に行います。現場では徹底して知恵と工夫で改善して、年間3000億円前後の原価低減に向けて、取り組んでいます。もちろん必要なところは資金投入しますが、基本は知恵とアイデアでお金をかけずに改善します。とにかく考えるのです。

お金がないなら、知恵を使い尽くそう!

お金がない今だから、知恵が使える!

何か商品をプロモーションしようとするとき、プロモーションにはお金が必要です。広告打ったり、PR打ったり、ノベルティ作ったり、いろんな仕掛けを施すのにお金が必要です。だから、いまさら言うまでもないことなのですが、ビジネスを発展させるためには、お金がたくさんあった方が有利になります。当たり前の話です。

じゃあ、お金がないとだめなのか、というと、決してそんなことはありません。逆にお金があり余るためによく計画を練りもせず、無駄にお金を浪費してしまうなんてこともあります。効果的にお金を使うために、徹底して考え抜くということが重要です。例えば、ただ広告だけにお金を使うのではなく、その広告を何かに活かしてしまう。など、お金を使うなら、一つの結果を出すために使うのではなく、二つも三つも結果に繋げるためにお金を使いましょう。

最も怖いのは思考ストップさせること

起業当初、信頼も、お金も、時間も、何もないときに我々が使える最大のものが『知恵』です。お金がないなら知恵を使おう。頭を使う、工夫する、すべて無料で行えます。たとえば自分の商品をできるだけ多くの人に見てもらいたいとき、お金を使わずに多くの人に見てもらうにはどうすればいいのかを真剣に考えることです。

人間の脳って、すごく良くできているので、必ず問いに対しての答えが見つかります。「お金もないのにプロモーションするなんて、そんなの無理だよ!」もしそう思ってしまったら、その瞬間、頭の思考回路が止まってしまいます。頭の思考回路を止めてしまっては、何にも進みません。

人間の脳は必ず答えを出してくれる

脳は必ず答えを出してくれるはずなのに、答えが出てくる回路を自ら閉ざしてしまうことになるのです。起業したばかりで、信頼もお金も時間も何もないときに唯一使える最大の武器「知恵」を使わないなんて、非常にもったいない!一人の知恵で足りないなら、仲間の知恵も借りましょう。自分が未熟なのなら、先輩や先人の知恵も借りましょう。親や友達、先人の知恵も借りましょう。大丈夫、必ず答えは見つかります。

アイデアの導き出し方には、コツがある

今日我社では、お金を使わずに6万人にアプローチする方法が見つかりました。たとえばこの映画「パラノーマル・アクティビティ』(原題: Paranormal Activity)」は、超低予算135万円で作成された映画なのに、全米興行収入第1位を記録した話題の密室サスペンス・スリラーとして、世界中で大ヒットしています。制作費たった135万円ですよ?その映画が、興収90億円突破するのです。

アイデアは自分が愉しむことが重要

大切なのは、目標を達成したいでもお金がない。そんな逆境を「愉しむ」ことです。「楽しむ」ことではなく「愉しむ」です。お金がない、時間がない、そんなことはたいていの場合、はじめからわかっているはずです。創業当初は、お金がない事のほうが多いですよね?

ヒットしたアクション映画を見てください。一度も窮地に陥らないヒーロー(主人公)はいません。最初に置かれた環境が十分に恵まれているヒーロー(主人公)はいません。ヒーロー(主人公)はいつだって、決して恵まれているとはいえない環境から逆境を跳ね返して栄光をつかみ取ります。だからこそ、その姿に観客は感動するのです。自分の人生に投影させる訳です。

人生の主役は、あなた

私は人生って、誰もが「監督」であり、「脚本家」であり、「主演」である映画を撮っているのと同じだと思ってます。私の人生の場合は、「監督」であり、「脚本家」であり、「主演」をやってる山下裕司です。自分が自分の人生の脚本を書くのなら、一体どんなストーリーにするのか?どんなふうに自分を演出し、どんな役を演じるのか。全部自分で決められます。

もし、あなたがアクション映画を見に行って、その映画の主人公が自分の恵まれない環境や圧倒的不利を嘆いて、絶望して、何もしないで、ジッとしたまま映画が終わってしまったら、そんな映画ちっとも面白くないですよね?(笑)

最後に

だから、いまある環境が恵まれているとは思えなくても、ライバルと比べて圧倒的に不利であるとしても、そこで思考を停止しないで、知恵を使うことを諦めないでください。諦めない限り、脳は必ず答えを出してくれます。「道は必ず開けます」知恵を使うポイントは「できると信じて、その状況を楽しむこと」です。

欲しいタイミングで、ベストアイデアが浮かばないこともあるでしょう。これは常にアイデアを出すことで、クリアできます。毎日5分でもいいです。アイデアを出すコツさえ掴めば、アイデアは比較的、簡単に出しやすくなりますので、愉しみながら知恵やアイデアを出して。あなたの未来に浪漫を馳せましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください