ブログ集客会議「アンシャン・レジーム」ブランチアベニューさま

ブログ集客会議

こんにちは。世界を冒険するマーケター山下裕司です。今日は、愛知県名古屋市にあるBRANCH AVENUE合同会社(ブランチアベニュー)さまからのご依頼で、ブログ集客会議『アンシャン・レジーム』を開催しました。

この「アンシャン・レジーム」とは、革命の夜明け前。フランス革命以前の古い体制のことであり、ブルボン朝、特に16~18世紀の絶対王政期のフランスの社会・政治体制をさしている。この集客会議では、業界に革命を起こそう!と「集客アイデアテンプレート」を使い、忙しい社長さんでも、まだ”気付いてない強み”を発掘し、集客を成功させる3時間の集客会議です。

ブログ集客会議「アンシャン・レジーム」

ブランチアベニュー合同会社のご紹介

ブランチアベニュー

愛知県名古屋市で、賃貸物件のアパートやマンションの空室対策コンサルティングを行う「ブランチアベニュー」。webサイトはこちら『ブランチアベニュー』

『ブランチアベニューが目指すところ』

  • 【賃貸市場の健全化、活性化】「作り手目線」から「住まい手目線」の賃貸住宅へ
  • 【「住まい手」に「価値ある住まい」】個々の「ライフスタイル」や 「ライフステージ」に合った住まいを提供
  • 【「オーナー」には「長期安定経営」の実現をサポート】真に魅力的な価値ある賃貸物件を持っていただき情報発信をサポート

集客会議「アンシャン・レジーム」後のインタビュー

今日は、3時間のブランチアベニュー集客会議に参加させて頂きました。今日の集客会議では、「Google アナリティクス」や「Google Search Console」、「お客さまアンケート」などを活用し、ページビュー(PV)を増やすというアイデアと、コンバージョン率を高めるという二本の軸でアイデア創出を行いました。

様々な集客アイデアが出てきましたが、どんな感想だったでしょうか?お聞きしました。

代表社員:武田拡義さん感想

弊社、ブランチアベニューは、賃貸物件や賃貸アパートのお部屋情報をWEBサイトでご紹介している会社なんですが、今まで紹介の切り口として、物件一部屋ごとに「この物件がどんな物件なのか?」とご紹介してきました。そうではなくて、新しい切口の物件紹介ページ製作のヒントやアイデアが得られました。

例えば、「Aマンションの101号室を紹介します」というwebページを作って紹介するのが、弊社の切口です。弊社でも一番人気のある物件「ガレージハウス」は、通常であれば「ガレージハウス 名古屋」という切口でページを製作するのですが、今回頂いたアイデアは、例えば、フェラーリを購入予定でも車を格納する車庫がなくて探している人や、高級車になればなるほどセキュリティーを重視する人など、条件が色々とあります。ニーズを中心とした集客方法のご提案でした。

なので「ガレージハウス 名古屋」という切口ではなく、『フェラーリの車庫をお探しのあなたへ』というような切口のwebページを制作すると、ページビュー(PV)は大きく増えないかもしれませんが、コンバージョン率が高いページを作ることができます。そういった今までとは全く別の切口の集客アイデアをどんどん創出し、優先順位を付けた今後のスケジュールまで考えて頂きました。

武田朋樹さん感想

コンセプトアパート物件の紹介ページを取材・製作している中で、一人で業務を進めていると、どうしてもお客さまが本当に求めているニーズと、アパートコンセプトのマッチングを見過ごしてしまったり、気付かない部分が出てしまいます。一人だと気が付けません。

ちょうど、作成中の物件の紹介記事の中で、なかなかコンバージョンが伸びなくて、どう改善しようか?という物件をかかえていましたので、修正の方向性に迷いがありました。

本日の集客会議で、山下さんが行っていた、会社(ブランチアベニュー)とお客さんの立場(ニーズ)を、きちんとマッチングさせる方法が、僕の中で大きな気付きになり、今後の物件を紹介する記事製作の考え方など、たくさん得ることができました。非常にためになりました。

具体的には、今、カフェ風アパート物件を取材してまして、そのカフェ風アパートを紹介するページを取材する中で、そのアパートに住みたい人は何を求めているのか?というニーズが見えずにいました。その中で、本日の集客会議では、スターバックスなどの人気の珈琲店にいく人は「何を求めて人気の珈琲店に行くんだろう?」というところを、私自身が気付くことができました。お客さんのニーズを見落としていました。

やはり、スターバックスなどのカフェに行く人は、ゆっくり落ち着いた空間で「読書がしたい」とか、「仕事がしたい」とか、「勉強がしたい」といったニーズがあります。そういった人たちは、静かな空間を望んでいたはずなのに、人気の珈琲店だから人が多くて、落ち着くことができないということが起こってしまっています。

だったら、自分の自宅というい落ち着ける空間としてカフェ風アパートであれば、本来得たかった「落ち着いて仕事できるカフェのような空間」を手に入れることができるのでは?ということに気付けました。それを物件紹介ページのコアなベネフィットとして、記事に落とし込み、物件をお探しのお客さまに響く内容を伝えていきます。自分の中では、とても大きな気付きを得ることができました。

集客会議をやってみての感想:武田拡義さん

普段は、アパート紹介ページや取材などは、各メンバーに任せてしまうことが多かったのですが、集客会議をやってみて、自分では気付けないところを気付くことができましたので、定期的にやっていくのがいいと思いました。

いろいろな業種のコンサルティングをされている山下さんのモノの見方は非常に面白くて、おかげで大手の賃貸物件会社ではできない、でも弊社ではチャレンジできる、面白いアイデアがたくさん創出できました。

集客会議をやってみての感想:武田朋樹さん

自分だけの視点では、まず見れないだろうという視点を振り幅を持って考えることができるので、自分の仕事のようなコンバージョンに直接繋がる仕事を行うものにとっては、とても有意義な会議だと思いました。

人間は、どうしても色眼鏡をかけて、自分の見たいように世界をみてしまうので、第三者が入っての集客会議は、霧がかっていたモヤが一気に開けるような感じを受けます。

→【他のお客さまの体験談を見る】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください