あなたの商品の価格設定は適正なのか?

この記事は約4分で読めます。

自分の商品価格設定は適正なのか?について考えてみよう

こんにちは。世界を冒険するマーケター山下裕司です。今日は、多くの起業家が悩む「商品価格の設定」について話をします。結論から言うと、あなたや僕らのような起業家は「いかに価値を高めるか」が重要な戦略になります。いかに高い価値を提供し、高い価格で買って頂くか?そこが生命線です。

業界のシェアNo.1を目指して、何十億円とか、何百億円にしようというのでなければ、価格は、ほとんどの場合、ライバルに関係なしに決めてしまって大丈夫です。その理由を説明します。

 

自分商品の価格設定は適正なのか?

”価値を上げる”ということが大切かつ重要!

お客様に提供する価値さえ高められれば、価格は自由に値上げられます。価値を上げることは、ビジネスを提供するものの本質です。どういうことかというと、サポート等がついているのであれば、値上げによって、お客様に時間をしっかりと確保できるようになり、お客様にとってもベネフィットの提供携帯の1つになります。

たとえば、2000円で100人に販売していてサポートメールが素っ気なくなるより、10万円でいつでも電話OKなどにすると、そういうサービスを求められることが多いです。

現代は求められる価値が二曲化している

ご存知だと思いますが、今の時代、昔に比べ、求められている物が二極化しています。そして、それも安い物を目もめる人はすべて安いもの、ということではなく、ある物では高いもの、ある物では安い物と言う具合に、お金をかける箇所の多様化が進んでいます。

「とにかく安い物を求められる」逆に、しっかりと「価値の高いものを求められる」という場合があります。後者の「価値の高いものを求められる」に関しては、しっかりと時間を確保して、二人三脚で、きめ細かくやって欲しいけど、そんな商品やサービスが世の中にない。ということがとても多いです。

まず、リリースするという行動が重要

なので、価値の高い商品やサービスを提供することは、リリースしてみると、喜ばれることが多いです。つまり、価値の高い商品やサービスを求めてた人たちにとっては、朗報となり、貢献となります。「喜ばれることが多い」という意味は決して、全員という意味ではなく、価値の高い商品やサービスを求めていた人に、という意味です。

逆に、安い物を求めている人は、他のライバルに任せて、安い物を求める人たちには、ライバルに貢献してもらうというのもよいと思いますし、逆に、高い物は一切やらず、安い物を求めている人を対象にするのもよいと思います。

価格が高くても価値が高ければ十分に求められる

弊社のコンサルティングを受けている方でも教室系のサービスをやっている人は、”値上げ”=パッケージ化など、により成功されている方も多いですね。一般的に、高い価値を提供する方が、対応する人数が少なくても済むので、時間的ゆとりを得られることが多いです。

個人事業や中小企業は、価値の高い商品やサービスを提供することに徹し、薄利多売の安い商品やサービスを提供するのは、資本力のある大企業=大量仕入れにより、コストメリットを出せる(=量で仕入れ先に貢献できる企業)が対応するべき領域と考えています。なので、個人事業や中小企業は、「いかに価値を高めるか」が重要な戦略の1つになると考えています。

世の中に価格帯の高いもの(その人にとって価値が高い)ものを求めている人は多い

高い物を求めている人がいるはずない、という人がいると思いますが、会社であるスクールのプロモーションを引き受け、私はアフターフォロー担当だったのですが、そこで参加したセミナーで、バックエンド(二人三脚の濃いコンサルティングサービス)があると思って、申し込んだ。バックエンドがなくて、残念だった。初回セミナーもバックエンドがあると思って参加したが、それがなかった、求めている人もいることを分かって欲しいという意見を頂戴しました。

別の人にも似たようなことを言われました。そういう意見もあるということを認識して頂ければ幸いです。

 

最後に

新しい生き方、大量生産時代が終焉し、多様化時代の人が人らしく生きる。人間本来の生き方だと思います。

  • 自分で考え、自分で行動し、自らその責任を取るという生き方
  • 自由な時間に、自由な場所で、自由な人と、自由な仕事をするという生き方
  • 自分の人生を主体的に捉え、自分の責任で舵取りをするという生き方
  • 「自由」とともに「責任」を引き受けるという人生
  • 目の前に、正当な価値を提供することで、正当な対価を得ることができる
  • 長い間、自分が対価を得る資格などないと感じていたけど・・・
  • 人を助けることが「価値」
  • どんな「価値」を提供して、どんな具合に人生によりよい影響を生み出せるのか

などを考えるキッカケになると思います。今の道を選択したこと、自信を持って、前に進んで行きましょう!

▶【無料ebookプレゼント】成約率UPの専門家が教える!
『ブログ成約率を3倍UPさせるコンテンツ101』

●【何が書いてあるの?】

山下裕司「一度試してもらえれば、商品の良さを分かってもらえるのに、、、」とお悩みのあなたへ。

成約率(CVR)を向上させる基礎コンテンツ101個を113ページに渡って詳細に解説しています。ただ、101個の全てを作らなくても、わずか10個でも作れば、あなたの会社の集客に大きな変化をもたらすことも可能です。

この無料PDF書かれている具体的な内容を使えば、あなたの商品やサービスを魅力的に伝えることができます。『だから売れます!!』難しい言葉は一切使わずに説明していますので、簡単です。

●【実践された方の結果】

小さな会社でも「トヨタ自動車・参天製薬・東洋ゴム工業・日本航空・第一生命保険・りそな銀行・コクヨ・官公庁」など大手一流企業と、新規取引先を広げている企業も多数あります。是非、貴社のWEBマーケティングにもご活用下さい。

Ebookダウンロード

 

マーケティング
HMPをフォローする
見せれば売れる会社事典

コメント

タイトルとURLをコピーしました