あなたの満足とは何か?

この記事は約5分で読めます。

あなたの満足とは何か?

こんにちは。「見せれば売れる 会社事典」の(株)Happy Make Project 山下裕司です。

僕ら起業家は、もっともっと上のステージに登っていきたいと願うから起業したんだと思いますが、いつ満足というものを味わうことができるのか?今日は、「満足とは何か?」について、話したいと思います。

 

考えたことがあるだろうか?満足とは何か?

人は”感情”の生き物である。その中に”満足”という感情がある

常に現状で満足しているのか?

人は”感情”の生き物であることは、あなたも分かっていると思います。だから、自分の味わいたい感情を味わいたくて日々を生きてるんですよね。

お金を欲しいのも、異性にモテたいのも、美しい南国のビーチリゾートに行きたいのも、時間の自由が欲しいのも、ボランティア活動したいのも、仲間と一緒に酒飲んで騒ぎたいのも、すべて自分の感情を満たすための行為であり、満足するための行為です。

起業して10年が経ち、色々と手に入れた

私が独立してからもうすぐ8年になりますが、10年前と比べて私の環境は激変しました。10年前に欲しかったものは、ほぼすべて手に入れることが出来ました。では、それだけで満足かというと、決して満足ではないのが実状なんです。

山頂に登るたびにより高い山が見えてくるように、何かを達成するたびに次の課題が見えてきます。欲を言えばキリがありません。どんなにお金持ちになっても不幸な人がいるのはこれが理由なんです。大富豪の自殺なんてことはよく聞く話です。

実際問題、年収なんて2000万円くらいあれば、それなりに好きな生活が出来るようになります。月収が200万円を超えてくると、ご飯食べにいっても値段を気にしなくなりますし。

「足るを知る」

たぶん幸せになるためには、この足るを知ることが重要なんだと思います。では、どうやって足るを知るか?それが問題なんですね。『まわりと比べて?』まわりと比べて自分は裕福だとか、まわりと比べて自分はここが優れているとか、まわりと比べて自分はこの点で恵まれているとか、そんなことはナンセンスだ。それは全く意味がないです。

まわりと自分を比べた瞬間、答えの無い戦いを強いられる。世の中、上を見ればキリがないし、下を見てもキリがない。

結局、答えは自分の中にしかない。

日々自分のベストを尽くし、昨日より今日、今日より明日、一歩でも半歩でも良いから成長し、前進すること。これのみ。そう、比較するのは常に過去の自分とである。過去の自分と比較し、未来の理想の自分にどれだけ近づいているのか?これでしか、自分の成長は測れない。

「過去の自分と比べ、成長や前進が感じられたとき、人は満足感を得られる。」

そして、まわりなんか関係ないのです。

どこぞの誰かが何億円稼ごうが自分の人生には一切関係ない。
どこぞの誰かが誰のパーティーに参加しようがそんなことは自分の人生には一切関係ない。
どこぞの誰かが誰のセミナーに出ようがそんなことは自分の人生には一切関係ない。

別にセミナーに出て新しい知識を得たり、パーティーに出て新しい人脈を作ることを否定しているわけじゃない。何事も自分にとって必要なら取り入れればいい。必要ならば。ただ、自分にとって必要ないことは「意図的に」頭の中から排除すべきだということを言いたいのです。

  • 成功している人の話を聞いて安心。
  • すごい人と人脈が出来て安心。
  • 友達と傷をなめ合って安心。

そんなものは、実体に変えない限りただのまやかしである。そこで思考停止させてしまっては、成長もそこで止まってしまうのです。常に比較すべきは、過去の自分であり、成長スピードを図るのは未来との自分の差。

「過去の自分より成長しているか、どれだけ前進しているか。」

それが重要だ。何のことはない。足るを知るとは、まわりと比べて自分が恵まれていると感じることではないのだと思う。足るを知るとは、毎日毎日、自分が本気で努力をし、成長し、前進し、満足な毎日を得るチャンスに満ちていることを知ることだ。

熱く生きることにフォーカスしよう!

そして、実はこれがフォーカスするということでもある。自分の毎日を熱く生きることにフォーカスするのだ。まずは自分の人生にフォーカスしよう。そして、今までやったことのないことをやってみよう。

自分の毎日を完全燃焼しよう。満足感を味わおう。心揺らされることなく、まっすぐにゴールを見据えよう。人生は短い。あっという間に過ぎてしまう。もちろん他者を思いやる気持ちが重要なのは当り前だが、正直みんなもっと自分のことで精一杯になるくらい必死になっても良いんじゃないかと思う。というか、もっと自分に対して必死になってあげなくちゃ自分がかわいそうじゃないですか。

そして、自分のためだけに成功するのではないのです。あなたが成功したら、どれだけの人が、その成功を喜んでくれるでしょうか?自分のためだけに成功ではなく、多くの関係者のために成功しなければならないのです。

ビジネスだって、投資だって、恋愛だって、運動だって、友情だって、何だっていい。疲れ果ててベッドになだれ込む毎日、昨日できなかったことが今日出来るようになる毎日、完全燃焼する満足の毎日、そんな毎日に生きることの真の意味があると私は思います。

PS:「見せれば売れる会社事典」のお客さまの声

お客さまの声:京菓子

京都で京菓子製造・販売を行っている水内さんは、世界に和菓子を教えている和菓子職人です。この「見せれば売れる会社事典」では、常にもっともっとを求めて、勝負していきます。

webサイトやブログは、あなたの商品を売り込むツールではありません。お客さんへのラブレターです。あなたがお客さんの人生を変える商品を持っているならば、あなたはお客さんにそれを伝えなければなりません。最高のラブレターを書きましょう。

詳細は、弊社クライアントさまの体験談『お客さま体験談(京都和菓子の製造・販売)』をご覧ください。

▶「新規受注を獲得したい!」と思っても、なかなかできない社長様へ

●【こんなお悩みありませんか?】山下裕司

  • 新規取引を増やし顧客の幅を広げたい
  • 新規受注を伸ばしたい
  • 自社製品特性をアピールし、販路拡大したい
  • 自社だけの強みを表現したい
  • 問い合わせ件数を増やしたい

【製造業の新規開拓は「工場営業力」の強化が効果抜群】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▶︎「新規受注獲得」したい方は、こちら

社長ブログ
HMPをフォローする
工場営業力

コメント

タイトルとURLをコピーしました